食事代まで!? 婚約破棄したら返さなければいけないモノとは

【相談者:20代女性】
婚約中の彼氏が、「別れるなら、あげた物を全部返してもらう。食事代も半分返せ。領収書を取ってある」と言います。結婚相談所のお見合いで知り合った会社経営者の彼ですが、浮気癖があることが分かり嫌になってきました。

別れるとしたら、本当に物やお金を返す義務があるのでしょうか?

a 返すとしても結納や婚約指輪だけ! 理由がなければ返還義務はありません。

こんにちは。女優&ライターのmamiです。ご相談ありがとうございます。

浮気癖がある上に、そんなことを言うような男性だってこと、気づいて良かったじゃないですか! 会社経営者だろうが王様だろうが、嫌になって当然です。

大丈夫、ご安心ください! 法律の上で、男女が別れたら“もらった金品を返さなくてはいけない”、“おごった食事代を返せ”、などという縛りはありません。

ただし、例外もありますから、詳しくお話しましょう。

150525mami

(1)返さねばならないもの……結納と婚約指輪

婚約と一口にいっても、公式なもの、口約束など様々ありますが、どういった形でされたのでしょうか。公式な婚約であれば、夫となる彼の側から、妻となる相談者さんの側へ金銭や物品が送られる『結納』という形を取られたかもしれません。『結納』は、結婚の成立を目的とする贈与と考えられています。ですので、もし結婚が不成立になった場合は、原則として返還しなければなりません。

しかし、『自ら破談にしておきながら結納の返還を求めるのは、信義誠実の原則に違反する』という判例があります(東京高裁昭和57年判決)。したがって、結納を納めた側に原因があって婚約解消に至った場合、もしくは、結納を納めた側が正当な理由もなく婚約を破棄した場合は、返す必要はありません。彼氏は浮気癖があるということですので、それを証明できれば、“婚約解消の原因が男性側にある”という例にあてはまる可能性もありそうです。

ただし、婚約指輪などは、婚約が解消された以上は返した方がいいかと。決まりはありませんが、結婚約束の印ですから……。いくら高価でも、別れた彼との誓いの指輪など持っていたくないでしょう?

また、結納については、地方の習慣、風習によって考え方が違う場合もありますので、ご注意を。

(2)返さねばならないとき……原因が自分にある

結納品、婚約指輪以外の贈与については冒頭で申し上げた通り、原則として返還する必要はありません。ただし、受領者側(相談者さん側)に婚約破棄の原因がある場合、受領者が正当な理由なく解約した場合は、結納に準じて返還しなくてはならなくなることもあるようです。

くれぐれも自分の方に原因をつくらないことが大切ですね。“婚約”は、公式であれなんであれ“結婚の約束”です。それ相応の責任や義務が生じてしまうのも、やむを得ません。


今回破談にしたとして、金品損失の心配だけなら深刻な事態にはならないと思いますが、周囲を含め、ご自分の心に“約束を破った”という傷は少なからず残るのではないでしょうか。今後はそこを踏まえて、十分にお相手を知り、将来を見据えたパートナー選びをしていただきたいと思います。

【参考文献】
・『結婚・離婚Q&A―夫婦をめぐる法律問題を解決するための11章』東京南部法律事務所・編

【関連コラム】
弁護士がジャッジ! 別れた彼氏に「プレゼント返せ」と言われた場合の対処法
長い付き合いの彼氏と別れる方法2つ
娘は母親をコピーする? 結婚相手の家族から離婚する確率がわかるワケ

●ライター/mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする