恋愛対象ゼロ! 周りにいる男の“頼りなさ”に幻滅した時の考え方

【相談者:30代女性】
職場では当たり前のように感じている、「男性がとても頼りない」という気持ち。恋愛においても、頼りない男性ばかりが寄ってきて、恋愛がうまく行きません。どうすれば、理想の男性との恋愛を実らせることができるのでしょうか?

a “人はひとりでは生きていけない”という意識をしっかりと持つことが重要です!

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

責任感が強く、自己啓発をしっかりと行い、成長への意欲や物事に対する好奇心も旺盛な女性には、周りの男性がとても頼りなく映ってしまうことは避けられません。実際に、自分の内面と比較して、男性のほうが劣っていると感じることも多々あるかと思います。

ただ、人はひとりでは生きていけません。ある程度までは独力で登りつめたとしても、やがては限界が来るものです。さらなる大きな成功や成長を求めるならば、必ず誰かの力が必要になってきます。

そんな自分の力と限界をしっかりと意識し、人に頼るスタンスも必要だ、人に甘える姿勢も大切だと、まずは意識するようにしてください。

150522tokiwa

人はひとりでは生きていけない。じゃあ、誰と生きるの?

仕事においても私生活においても、上昇志向が強い女性であればあるほど、行き詰まったときの壁は高く、悩みも深刻で深く、精神的にグッタリするときもあるでしょう。そういった状況を打破しようとしても、やがてはひとりでその壁を越えることができなくなってしまいます。

そんなときに、誰かに支えてもらっている自分や、誰かに頼っている自分をしっかりと思い描いてください。その誰かこそが、あなたの心が求める誰かということになりますので、恋愛の理想をイメージする前に、誰かに頼っているあなたをしっかりとイメージしてください。

頼もしい人だから、頼れるのではありません

誰かに頼っているイメージを思い浮かべた場合、おそらく、とても頼りがいのあるしっかりとした男性像をイメージしてしまっているのではないでしょうか。

頼もしい人だから頼れるのではありませんので、注意してください。頼りがいのない人だとしても、あなたの悩みや疲れを癒してくれる、貴重な存在になり得るかも知れません。

逆に、上昇志向の強い女性が頼りがいのある人と恋愛すると、やがてはライバルのような存在になってしまい、恋愛で癒されるどころか、心が落ち着かない状態に陥ってしまうこともありますので、気をつけてください。


心理カウンセラーの大門昌代氏によると、『自立している女性が良い恋愛をするためには、自分の中に眠っている“女性らしさ”を開花させてください』と指南されています。必要なときには男性に頼り、甘えることができる気持ちこそが、“女性らしさ”なのではないでしょうか。

“頼りがいのある男性=自分が頼るべき男性”という考え方ではなく、自分の中の女性らしさが求める男性像をしっかりとイメージして、心を休ませることのできる相手との恋愛を目指してみてはいかがでしょうか。

【関連コラム】
“普通の人”と言ってはダメ! 理想のタイプの伝え方
貧乏ゆすりは要注意!? 足元でわかる男性の心理状態5パターン
実はプライドが高い?「自分に自信がない」という男の心理

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする