翌朝スッキリ! むくみにくい体をつくるデトックス食材4つ

【相談者:30代女性】
最近、顔や足のむくみがヒドイ。朝起きると顔がパンパンで、夜は足がむくんでパンプスが履けないほど。どうしたら、むくみとは無縁のすらっとした体型になれますか?

a 減塩料理、デトックス食材でむくみを解消!

こんにちは、健康・美容ライターのHARUNAです。

ツライむくみ、困ったものですよね。体重は標準なのにむくみのせいで太って見える、なんてことも。むくみを解消するためには、夕食を控えめに、体を温める食材を食べて、塩分を制限することが大切だと言われています。さらに、むくみを解消すべく、体の内側にたまった水分や老廃物を流しだす、デトックス作用が高い食材を食べると効果的です。

今回は、栄養学に基づいたスッキリ食材をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください!

150521haruna

たまらない体づくりから! デトックス効果が高い成分は?

むくみは体に不要な水分や老廃物がたまっている証拠。そこで、デトックス効果が高い成分が含まれているものを積極的に食べることが大切です。食べるとむくみを改善できる成分をチェックしてみましょう。

(1)カリウム:アボカド

むくみに効く成分といえば、『カリウム』。高い利尿作用があり、余分な水分や塩分を取り除いてくれます。特に、アボカドには、体の水分代謝を活発にして、体調を整えながら利尿やお通じを促してむくみを解消する効果が!

その他、みそ、パセリ、納豆、昆布、ほうれん草、山芋、バナナなどに多く含まれています。

(2)たんぱく質:アジ

現代人にもっとも不足しやすい成分とも言われている、『たんぱく質』。たんぱく質や鉄分が不足すると、それを補おうとして血液濃度が高くなり、むくみにつながることも。毎日の食事でしっかりたんぱく質を補いましょう! 魚のアジは、脂質が少なめでコレステロール値の低下や血栓の予防効果も。むくみ予防には、素材の味をいかした薄味の料理がポイントです。

その他、イワシ・マグロ・カツオなどの魚類、牛肉、豚肉、鶏肉、豆腐・納豆などの大豆製品などにも多く含まれています。

(3)鉄分:シジミ

女性が不足しがちな『鉄分』は、不足すると血流が悪くなり、むくみを引き起こすと言われています。血行の悪さによるむくみには、鉄分補給が1番です。

シジミ、パセリ、ハマグリ、牛肉、みそ、卵黄、鶏肉などに多く含まれています。

(4)サポニン:小豆

大豆製品に多く含まれている『サポニン』は、利尿作用を高めて不要な水分を外に出してくれる効果が。特に足のむくみには、小豆や大豆などの煮豆が良いと昔から言われているそうです。

その他、こんにゃく、おから、納豆、みそ、豆腐、黒豆などにも多く含まれています。


むくみが気になるときは、塩分を控えて、上記の食材を食べるように意識してみてはいかがでしょうか? また、冷えもむくみの原因になるので、冷たい食べ物や飲み物を避けると、効果がアップするはずです!

【参考リンク】
カリウム | e-ヘルスネット

【関連コラム】
ズボラでも美脚を作れるスキンブラッシングとは
3か月で太もも−9cm!? 足首のコリを解消して美脚を作るコツ
朝からキレイを作るバナナの美容成分3つ

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする