いちじくで美肌に! 女性ホルモンの乱れを整える栄養素と食べ物4つ

【相談者:30代女性】
最近、女子力が低下している気がします。なんだか疲れやすいし、イライラするし、お肌の調子も絶不調。さらに怖いことに、トキメキも少ないし、恋愛なんて面倒くさいなんて気分になってしまうことも。もしかして、女性ホルモンが乱れているのでしょうか?

a 女性ホルモンと類似の栄養素をチャージしましょう!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

ストレスの多い生活や食生活の乱れ、過度なダイエットなどが原因で、女性ホルモンのバランスが乱れてしまう女性は多いようです。生理痛、頭痛、肩こり、不眠、イライラ、肌のシワ、たるみなど、美容や健康面に悪影響をもたらしてしまいます。毎日忙しく過ごしていても、イキイキとキレイでいたいですよね!

そんなときには、体内で女性ホルモンと似た働きをする食べ物を摂ると、ホルモンの乱れを整えてくれる効果があると言われています。早速、栄養学に基づいたホルモンアップに効く食品リストをご紹介します。

150518haruna01

(1)大豆イソフラボン:豆腐

女性ホルモンと似た働きをする食材と言えば、豆腐、豆乳などの大豆製品です。豆乳ならコップ1杯程度で1日に女性が摂りたい量をカバーしてくれます。豆腐なら半丁、納豆なら1パック(50g程度)でOKです。体の機能を調整して、エイジングケアの働きをしてくれます。

(例)大豆、黒豆、納豆、豆乳、きな粉、みそ、厚揚げ、油揚げなど。

(2)植物性エストロゲン:いちじく

女性ホルモンのエストロゲンは、美肌やダイエットなど、女性が美しくあるためにサポートしてくれる体内の成分ですが、なんと植物の中にも存在します! 食べると女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、美肌・美容にも効果的です。

(例)いちじく、ざくろ、ナツメヤシ、りんご、インゲン豆など。

(3)ビタミンE:モロヘイヤ

通称“若返りビタミン”とも呼ばれるビタミンEは、体内の酸化(老化現象のモト)を防いで、ホルモン分泌を正常に整える効果があります。モロヘイヤは加熱を短時間に抑えることがポイントです。

(例)植物油、バター、生クリーム、アーモンド、ごま、ピーナッツなど。

(4)オレイン酸:オリーブオイル

女性ホルモンの原料となる脂質を十分に摂ることも大切です。とはいえ、脂っこいものを食べればよいというわけではなく、あくまでも良質なオイルにこだわることが大事。オリーブオイルには、善玉菌を残して、悪玉コレステロールをやっつける作用が。酸化もしにくいので、アンチエイジングにも役立ちます。

(例)菜種油、紅花油、ひまわり油、アーモンドオイルなどの植物油。


すべての食材を毎日摂るのは難しい、というあなたは、まずは大豆製品から始めてみましょう! いつものドリンクを豆乳に変えてみる、お手頃な豆腐や厚揚げを食べる。これなら続けられそうですよね。

【関連コラム】
朝からキレイを作るバナナの美容成分3つ
アーモンドが美容に良い理由と効果を高める食べ方
アンチエイジング効果が高い栄養素と食材5つ

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする