彼氏との旅行デートで好感度を上げるコツ3つ

【相談者:20代女性】
今度の連休に、彼と2泊のプチ旅行を計画しています。何しろ付き合い始めたばかりで、楽しみすぎてドキドキです。行く場所や食べるお店など、色々考えていますが、お泊まりをするとなると四六時中彼と一緒にいるわけで、何だか不安になっています。

彼に幻滅されないように気をつけておくべきことや、予期せぬハプニングへの対応策など、アドバイスをお願いします。

a 普段の持ち物の質を上げるだけで、好感度は抜群に上がりますよ。

ご相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

彼と旅行ですか、いいですね! しかも、付き合いはじめときたら、もう、ラブラブすぎる時期じゃないですか。しかし、正直な話、旅行中の恋人の言動にドン引きして、「この人とはないな」って感じちゃうことって、結構あるんですよね。そんな相談者さんに、今回取材してきた内容を、失敗談も交えて教えちゃいますね。

150514chihiro

(1)アクセス情報は徹底的に網羅する

『地図情報って、男性に任せがちですが、実はそれが苦手な人もいます。私は実際、駅の出口がわからなくなっていら立つ彼と、初日から喧嘩してしまいました』(飲食店/20代女性)

取材した彼女は、彼が張り切って仕切っていたので、大丈夫だなと完全に任せていたようです。しかし、実際は、細かい道や出入り口などの下調べがなく、旅行中ずっと喧嘩したままで、最悪だったと話してくれました。相談者さんは、もしもそういう状況になったら、サラリと「あっちじゃない?」とか、「ここじゃない?」と誘導してあげるといいかもしれませんね。そのとき、決して彼を否定したり、彼より上に立とうとしたりしないことがポイントだそうですよ。

(2)日中のファッションは実用性のあるもので

『オシャレしてヒールの高い靴1足で旅行に挑んだら、見事に靴擦れ。はしゃぎたい気持ちで履いたけれど、彼をげんなりさせてしまって、結局逆効果だった』(整備士/20代女性)

普段から特にオシャレをしない彼女は、「せっかくの旅行だし」と思い、テーマパークにヒールの高い靴を履いていったそう。そのあと靴を買い替えましたが、終始足の痛みがつきまとい、旅行どころではなかったそうです。日中は歩き回ることも多いと思うので、実用性の高い靴を履いたり、日焼け対策になにか一枚羽織るものを用意しておいたりしてもよいかと。とびきりのオシャレは、その日のディナーなどでしてみた方が、昼とのギャップがあっていいんじゃないでしょうか?

(3)いざというときの持ち物は、少し上質なものを

『彼女のポケットティッシュは、配られているものではなく、コンビニで売っているいいやつでした。「ウェットティッシュとどっちがいい?」と聞かれたときは、ほれ直しちゃいましたね』(不動産/30代男性)

取材した彼は、旅行の際、彼女が“あったら便利な物”を用意してくれていたことに、すごく好感度が上がったそうです。付き合って5年が過ぎたころだったそうですが、それがきっかけで、なんとなく結婚を意識しはじめたそうですよ。


いかがでしたか?

今、相談者さんは、緊張と不安とドキドキが入り混じった複雑な心境だと思いますので、失敗談は頭に入れておく程度にしましょう。それよりも、男性目線の3つ目のアドバイスを意識しておくといいかもしれません。1つ目のアドバイスも、もちろん大事なことですが、男性と同じステージでサポートするよりも、3つ目のような女性ならではの気配りって、男性陣にはなかなか人気らしいですね。

私も以前、たまたま持っていたウェットティッシュを、彼氏でもない人に何気なく渡したら、非常に驚かれて、「そういうの大事だと思う!」と絶賛されたことがあります。「これさえ持っていればうまくいく」というほど重要なポイントではないかもしれませんが、評価はささいな部分で稼ぎましょう。

相談者さんの旅行が、楽しいものになりますように。いってらっしゃい♪

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、彼氏との旅行デートで好感度を上げる方法として、「下調べ・ファッション・持ち物」の観点からアドバイスをいただきました。

「彼氏との旅行」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151120coco

恋人との旅行で揉める理由と解決策

旅行後に別れたという話を聞いたことはありませんか? 自分たちに限ってそんなことはないと思うかもしれませんが、旅行中はいつもは隠せていた素顔が見られてしまいます。他人事ではありませんよ。

そこで、恋人との旅行で揉める理由と解決策をご紹介します。

すべて人任せで負担が重すぎる!

普段のデートから「なんでもいい」「どっちでもいい」という言葉が多い場合は要注意。旅行のスケジュールも全て1人で考えなければならない可能性が高いですよ。そして、「なんでもいい」という人に限って、決まったことに文句を言うんですよね。

丸投げされて揉めるのを防ぐためには、計画の段階から対策が必要です。彼が何も希望を言ってくれない場合は、「計画の段階から一緒に考えて楽しみたい!」ということを伝えましょう。

もしくは、「スケジュールは私に全て任せて!」とハッキリ役割分担してしまうのも手です。あらかじめお互いに納得していれば、旅先で揉めなくて済みますよね。

お互いのやりたいことが違う

行きたいところが同じでも、やりたいことが違う場合は揉めてしまいます。たとえば、同じハワイに行きたいと思っていても、彼氏はスポーツなどのレジャーを楽しみたい、彼女は買い物やエステを楽しみたいと思っているという目的の違いはよくありますよね。

また、旅程に関しても、旅行に行くなら宿でゆっくりしたい、という人がいれば、せっかく遠くへ行くのならやりたいことを全部詰め込みたい! という人もいます。

ツアーの自由行動のように、やりたいことが違うから別行動にしようというわけにはいかないので、お互い譲り合うことが大切です。自分1人でもできることよりは、2人で楽しめることを優先しましょう。

支払いが明確になっていない

割り勘にするか、どちらか一方が多く出すのか、1人が全額負担するのか、支払いが明確になっていないのも揉める原因となります。付き合いが長く旅行も何回も経験していて、だいたい決まっているカップルはスムーズでしょう。

しかし、初めての旅行となると、いちいちどちらが払うか腹を探り合っていては疲れますよね。行く前にある程度決めてしまうとストレスがないでしょう。

「どうせオレが出すんだから贅沢言うな」などとケンカになるくらいなら、割り勘が一番平和かもしれませんね。

donbikituiki2

旅行デートで彼氏にドン引きしたこと

「普段はガマンできても、旅先でこれをやられるとガマンできない……」「こんなダメな人だなんて知らなかった!」など、女性が旅行中に彼氏にドン引きするポイントはいくつかあります。その中でも代表的なものを3つご紹介します。

計画性ゼロでグダグダ

彼の方から旅行に誘ってくれたから任せてみたらグダグダだった、なんて日には見損なってしまいます。目的地に行こうとしたら交通手段が1日に数本のバスだけだった、宿を予約しておらず当然のように車中泊させられたなど、期待して行ったらなおさらがっかりしますよね。

ケチで全然楽しくない

普段のデートで無駄遣いをしないように心がけるのは将来の伴侶として頼もしいのですが、旅先では多少の贅沢は大目に見てほしいもの。

ちょっと名物のお菓子を食べてみたいとか、記念におそろいのお土産を買いたいといったとき、「帰ったらいらなくなるだろ」と言われてしまったら、旅行中の楽しい雰囲気も台無しです。

双方の同意の上で節約旅行を楽しむなら別ですが、そうでない場合は、旅を最大限楽しむためにも多少の無駄遣いは許してほしいところです。

合わせてくれない

女性と男性ではもともとの体力が違います。いつもの半日のデートなら大丈夫かもしれませんが、1日2日と歩きまわっていると、疲れのピークが来るかもしれません。

そんなときに、「歩くのが遅い」と言われたらイラッとします。自分の体力が余っていたら旅先を目いっぱい楽しみたくなる気持ちもわかりますが、2人で来ていることをくれぐれも忘れずに

151126tomo

旅行デートで彼氏からドン引きされること

彼氏にドン引きすることがあれば、もちろん彼氏からドン引きされることも多々あります。女子同士の旅行では許されることでも、男性には理解してもらえない場合があるので気を付けましょう!

荷物が多すぎ・少なすぎ

化粧道具を始めとし、女性は何かと荷物が多くなりがちですよね。多少、多めになってしまっても彼の予想の範囲内かと思います。

しかし、1泊2日の旅行に1週間用のスーツケースで現れたらびっくりですよね。「夜逃げでもしてきたの?」と聞きたくなってしまいます。

自分で持つからいいの! と思うかもしれませんが、彼からしてみたらそんな重たそうな荷物を彼女に持たせるわけにはいかないでしょう。

ドライヤーやヘアアイロン、何足もの靴、多すぎる着替えなど、女子だけの旅行なら理解してもらえるかもしれませんが、彼との旅行の際は減らしましょう。

また、荷物が多いのはもちろんですが、少なすぎても引かれてしまうようです。「下着はホテルで洗えばいいから1枚だけ!」「旅先では化粧品も何もいらない!」というほど潔いと、その男らしさに恐れ入ってしまうのでしょう。

1日中、文句ばっかり!

移動中は「まだ着かないの?」、食事をすれば「おいしくない」、ホテルに着いたら「この前泊まったところの方がよかった」。別にそこまで本気で思っていなくとも、なんとなく不満ばかり口をついて出てきてしまうことってありますよね。

しかし、1日中一緒にいる相手はたまったもんじゃありません。「行きたくないなら帰る?」なんて言われてしまうかもしれません。

恋人との旅行はデートだけでは見れない素顔が見れるのも魅力ですが、文句ばかりの素顔なんて見せても嫌われてしまうだけです。気を使わない仲でも、お互い他人ですから配慮が必要です。旅行中はなるべく笑顔を心がけましょう。

マイペースにも程がある

多少マイペースなところがあってもかわいいかもしれませんが、数日間共に過ごすとなると、過度のマイペースさは彼をイラつかせる原因になります。

せっかく早起きしたのに朝のメイクが長すぎて予定していた電車を逃す、山に登ろうと言っていたのにサンダルで来たなど、彼にキレイな姿を見てほしいという思いで旅行が台無しになってしまっては意味がありません。

寝るときもメイクを落とさないというのも女性の美意識かもしれませんが、彼からしてみたらただの非常識に映ってしまうでしょう。

また、2人の時間を楽しみたいのに事あるごとに写真を撮っていたり、それをSNSに投稿するために携帯から顔を上げてくれなかったりしたら、どうでしょうか?

彼女にとっては思い出作りかもしれませんが、写真を撮るために旅行に来たわけではないと思います。写真やSNSは彼の顔色をうかがいながら、適度に楽しみましょう。

150309coco

彼氏との旅行のおすすめスポット

彼との旅行というと毎回なんとなく温泉旅行になってしまう、というカップルも多いのでは? 温泉旅行も素敵ですが、季節を取り入れるとバリエーションが増えてさらに楽しめますよ!

そこで、カップルでの旅行のおすすめスポットを季節別にご紹介します。

春のイベントと言えばやっぱりお花見! 桜のきれいなところは近所にもあるかもしれませんが、たまにはお花見目的で旅行してみるのはいかがですか?

おすすめスポットは青森県にある『弘前公園』。『弘前さくらまつり』で見られる桜は日本一とも言われています。公園にはお城があり、普段とはひと味違ったお花見ができそうですね。

都内から近いところでは、『とちおとめ』で有名な栃木県でのいちご狩りがおすすめ。いちご狩り農場がたくさんある栃木県では、他にはないかもしれない(?)さまざまな企画もあります。

ジャム作りやケーキ教室など、各々でいちごを食べるだけでなく2人で楽しめそうですよね。目でも舌でも春を満喫できる旅にしたいですね!

ゴールデンウィークはさまざまなイベントが開催されていますが、あえて陶器市に行くのもおすすめ。栃木県の益子陶器市、佐賀県の有田陶器市、長崎県の波佐見陶器まつりなど、全国各地で開催されています。

同棲中のカップルやこれから結婚予定のカップルは、2人のおそろいのお茶碗やお気に入りのマグなどを探しに行くのもいいかもしれません。

夏の旅行は日が長いので朝から夜まで行動できるのがいいですよね! 特に夏の夜を楽しめるスポットといえば、花火大会。

新潟県長岡市の『長岡まつり大花火大会』は、日本三大花火大会の一つと言われています。名物はスカイツリーと同じ高さ(約600m)まで打ち上がる正3尺玉の花火。

花火の迫力ももちろんですが、信濃川河川敷で行われるこの花火大会は、長崎空襲の慰霊のために開催されているというのも他の花火大会と違います。歴史ある花火大会に出かけてみてはいかがでしょうか?

同じ夜空でもう一つおすすめなのは、長野県阿智村。なんとこちら、観光省が認定した『星が最も輝いて見える場所』なんです。肉眼で天の川を見ることができるそうです。

都会で生活していたらほとんど星を見ることができません。日本一の星空を見ることができたら、きっと一生に一度の忘れられない思い出になりますよ。

151028matome3

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋……。秋には楽しみがたくさんあります。そこで、秋の旅行は合わせ技で楽しみましょう!

たとえば、京都で紅葉×歴史を感じる寺院めぐり。朱色の橋と紅葉がきれいな『北野天満宮』、床に紅葉が反射した“床もみじ”が見られる『実相院』、“悟りの窓”という名の丸窓、“迷いの窓”という名の“角窓”から紅葉を眺められる『源光庵』など。

ここでは紹介しきれないほど名所があるので、ぜひお気に入りの寺院を見つけてみてくださいね!

また、箱根では、紅葉×温泉×美術館の旅がおすすめ。クロード・モネのコレクションがある『ポーラ美術館』、巨大な野外彫刻やピカソ館のある『箱根 彫刻の森美術館』など、温泉や景色と合わせて芸術の秋も堪能してみてください。

寒くて外に出たくない……と思うインドア派カップルにはつらい冬ですが、季節を満喫するには思い切って雪のあるところへ行きましょう!

北陸新幹線でアクセスがよくなった『白川郷』は、合掌造りの集落が有名な一度は見ておきたい世界遺産。ここは寒くても冬に見たいですよね。1月中旬〜2月中旬にかけてはライトアップされるそうなので、より幻想的な景色を見ることができそうです。

栃木県日光市、湯西川温泉の『かまくら祭』では、小さなかまくらにローソクの火が灯される幻想的な景色を見ることができます。

夜はロマンチックですが、昼はそり遊びやかまくらの中でのバーベキューなど、レジャーも楽しめます。こちらは日本夜景遺産『歴史文化夜景遺産』認定イベントだそうです。

そして、冬のカップルのイベントといえばクリスマス! 都内でもイルミネーションはありますが、たまには足を延ばしていつもと違うところへ行ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、『夜景観光コンベンション・ビューロー』が認定した関東三大イルミネーションは以下の3つ。

・栃木県足利市『あしかがフラワーパーク』
・千葉県袖ヶ浦市『東京ドイツ村』
・神奈川県藤沢市『江の島 湘南の宝石』

毎年テーマが違うようですので、2人の気になるテーマのイルミネーションを探してみてくださいね。

彼との旅行にあると便利な持ち物と、いらない持ち物

まず、彼が旅費を出してくれる場合でも、キャッシュカードと現金は必ず持って行きましょうね! 現金はもしものときのために多めに持ちましょう。また、女子力アイテムとして、ハンカチも必須です。

この他にも、あると便利なものと、持って行くと彼に引かれてしまうかもしれない、いらないものをまとめました。

あると便利なもの

・ビニール袋
・エコバッグ

ビニール袋はゴミ袋や濡れたもの入れに、エコバッグはお土産など帰りに増えた荷物を入れるのに役立ちます。また、大きい荷物は預けて小さいバッグだけで行動したい場合も、エコバッグが便利です。

ガイドブックが入るサイズのエコバッグがあると、地図や食事処などをすぐにチェックできるのでオススメです!

いらないもの

・ドライヤー
・ヘアアイロン
・多すぎる着替え

オシャレのためには必要不可欠かもしれませんが、旅先を満喫するためには必要なものだけに絞った方がスマートです。こだわりが強く面倒くさい印象を抱かせてしまうかもしれません。

141124coco

旅行費用の負担の仕方

『株式会社ウエディングパーク』の運営する『ガールズスタイルLABO(GSL)』のアンケートによると、恋人同士の初旅行の旅行費用は、「男性が多く支払った」が53.6%、「割り勘」が36.5%だそうです。

普段のデートでは彼に完全に奢ってもらっているカップルも多いと思うのですが、旅行はさすがに金額が大きいですし、割り勘も3割以上いますね。

旅行費用を抑えるためには、やはり交通費を節約するカップルが多いようです。車を使う場合はETCの割引、飛行機なら早割りがあります。

また、土日や長期休暇などを避け、有給を取って安い時期に旅行するという方法もあります。ホテルや観光施設などではカップル特典があるところもあるので、チェックしてみてください!

まだ学生の場合、彼氏との旅行を親に報告すべき?

学生同士のお付き合いの場合、旅行には行きづらいですよね。金銭的にもむずかしいですし、親に反対される可能性があります。しかし、社会人になったら時間がなくなってしまうので、学生時代に旅行に行きたいという気持ちもわかります。

世間の声としては、学費や生活費などを親に出してもらっている立場なら、学生カップルで旅行に行く際は親に報告すべきだ、という意見が多くありました。ただし、自分の子どもだったら反対するという意見もありました。

また、JTBによると、『国内旅行お申し込みの方で、15歳以上20歳未満の未成年の方のみでのご参加、または親権者以外の方が同行される場合には、親権者の同意書提出が必要』だそうです。

宿泊の規約はそれぞれの宿泊施設によって違いますが、ツアーに参加する場合は未成年の方は保護者に確認を取る必要があります。

報告はした方がよさそうですが、報告するしないの前に、普段から両親に信頼してもらえるようなお付き合いをしていることが大切ですね。


「恋人との旅行で揉める理由」や「旅行費用」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

せっかく2人の時間やお金を使って旅行へ行くのですから、楽しく過ごしたいですよね。ケンカするのではなく仲を深めて帰ってこれるよう祈っています!

(恋愛jp編集部/佐藤)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする