マザコン男が生まれる原因と付き合い方2つ

【相談者:20代女性】
自分の周りには、マザコン男性がすごく多いように思うのですが、彼らの心理を教えてください。

a 幼少期に関係している!? マザコン男性の心理状態

ご質問ありがとうございます。ビューティーメンタル専門家の水沢真です。

実は、マザコン男性の心理には、古くからの習慣が深く関わっているようです。それをひもといた上で、お伝えしていきます。

150514mizusawa

そもそも“マザコン”という概念は日本にしかない!?

西欧社会の男性の恋愛スタイルは、幼児のころの両親と自分の関係から、『エディプス・コンプレックス』によって決まるとされています。エディプス・コンプレックスとは、心理学者フロイトが精神分析の1つとして唱えた概念です。

主に3歳~5歳の子どもが異性の親に対しては愛情を感じ、逆に同性の親にはライバル心を抱く状態のことを言います。西欧の男性は、幼少期に父親と向かい合い、母親を奪うために戦い、敗れ、より強くなろうとする傾向があります。

しかし、日本の男性は、幼少期には母親との関係が圧倒的に強い傾向にあります。母親を独占しようとしたとき、仕事などで多忙な父親は日常的に家にいない状態が多く、夫婦仲の良い姿を子どもに見せることができません。子どもは容易に母親を独占できる状態になりやすいのです。人間が本来持っている、ライバル心という感情を知らないまま大人になっていく人が多いことが、日本人男性の現実です。

そんな、ある種安定した環境の中で育っていくため、大人になったときに好きな女性ができても、“容易に自分の彼女にすることができる”という心理状態が無意識的にあります。そのため、アプローチをしなかったり、付き合っていても母親と比較されたりと、女性から見れば消極的な男性として印象づいてしまうのです。

マザコン男性を好きになってしまった! そのとき、円満にお付き合いしていく方法とは?

マザコンの原因は、母親に対して依存しており“親離れ“していないことですから、その依存を大きくしないようにするためには、次の2つの言動がポイントになります。

(1)自立心を促す

たとえば、男性に料理を作った際に、「母と味が違う」と言われた際には、実際に男性に同じ料理を作らせてみた後に、「母親と自分とは違う」と伝えるのです。そうすることで、“料理を作ってくれる感謝”という方向に感情が移行し、“料理の味が違うのは人それぞれの個性“として捉えてくれる可能性が高くなります。

(2)共感はするが、同感はしない

マザコンとは、マザーコンプレックスの略。親離れしたいと思っているけれど、幼少期の心理状況からなかなか抜け出せずに苦しむ人もいらっしゃると思います。それには、母親の良い部分が印象深いから抜け出せない、ということが理由の1つにあると思います。その際は、男性から母親の話を聞いたり、実際にお会いしてどんな方か自分で確かめたりして、その良さを認め、共感することが大切です。

しかし、同感して母親と同じような言動をしてしまうと、依存性をより深めてしまい、自分の良さまで失うことにもなりかねません。そこは自分自身でしっかりと線引きを行って、“母親の良さを共感する部分”と“自分らしさを出す部分”を分けるように心がけましょう。


お互いの人間性を理解し合うことが1番良い状態と言えますが、自分らしさを失うところにまで発展しないように、しっかりと“自分らしさ”を持って相手に接することを心がけていくことで、相手のコンプレックスも解決していくと思います。

【参考文献】
・『図解雑学 恋愛の心理学』斎藤勇・著

【関連コラム】
母親の話題ばかり! 女性に聞いたマザコンと親思いのボーダーライン

●ライター/水沢真(ビューティーメンタル専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする