やきもちを焼いている男性の行動パターン4つ♡

【相談者:20代女性】
私が彼にヤキモチをやかせてしまった結果、ケンカになることが多いのですが、私が鈍感なのか、男性がヤキモチをやいているってことがあまりよく分かりません。

彼がヤキモチをやいているかどうかを見分けるポイントってあるのでしょうか?

a ヤキモチに対して男性は素直になれずあまのじゃくな行動を示します!

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

男という生き物は恋愛において、心のどこかに高いプライドを持っているものです。だから、女々しいと思われるヤキモチという感情は、できればあまり見せたくないと思ってしまうもの。

基本的に男性は、ヤキモチを素直に認めず、さらにはあまのじゃくな行動パターンを示してしまうものです。

結論としては、異性が絡んでくる状況や話題が上がった際に、彼がいつもと違う行動や言動を見せはじめたら、ヤキモチのシグナルだと思ってください。

ここでは、自称ヤキモチ男子たちに、ヤキモチをやいているときの行動パターンをインタビューしてきましたので、参考にしてみてください。

150513tokiwa

(1)無言編

『ヤキモチをやくと、基本的には口数を減らしたり無言になったりします。俺の無言から、ヤキモチをやいていることを悟ってくれ! って期待を込めて……』(21歳男性)

『目を合わせず、無言になります。普段そんなことしないんだから、気づいてくれよって、心の中で思いながら、無言ですね』(22歳男性)

(2)冷たい態度編

『デートをしている最中でも、他の男からメールが入ってくると、態度を変えますね。一気に冷たくします。態度の変化で感じ取ってもらいたいですね、男のヤキモチを』(30歳男性)

『他の男の話をされるのが嫌な性格なので、彼女がそんな話を始めたら、聞いているのか聞いていないのか曖昧な態度で、ただただうなずく程度にリアクションしています』(29歳男性)

(3)あまのじゃく編

『男性が参加する飲み会に行ってもいいかどうか聞かれたときには、本音では嫌だとしても、素直に言えず、「行ってこいよ……」なんて言い放ってしまいます。こっちの嫉妬を悟って、率先して断ってくれたら、あまのじゃくにならずに済むんですけどねぇ』(30歳男性)

『本当はすごくヤキモチやきなんですが、あまのじゃくな性格から、「俺はヤキモチやくタイプじゃないから、別に気にしないで」などと、強がってしまいます』(22歳男性)

(4)番外編

『ヤキモチをやいているときは、電話もメールもLINEも、一切の連絡を断ちます』(23歳男性)

『ヤキモチをやかされたときには、彼女にも同じことをやり返して、自分と同じようにヤキモチをやかせます』(29歳男性)


女性のみなさんが思っているよりも、男性は繊細な生き物なのです。自分が情けないと思われるのが嫌で、ついつい嫉妬の感情を隠してしまいがちです。

ヤキモチやき男子と付き合っている女性へのアドバイスとしては、彼がヤキモチをやくポイントを徐々に理解していき、彼がヤキモチをやくであろう行動や言動を控えてあげることです。

常にヤキモチへの配慮をしてあげることが、彼への思いやりにつながるのではないでしょうか。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

「理想の相手に出会う」ために出来ることって?

「恋愛がなかなかうまくいかない……」なんて経験をしていませんか? もしかしたら、理想の相手に出会っていないのかも。 理想の相手に出会うための方法を、一度考え直してみませんか?

編集部追記

今回のコラムでは、やきもちを焼く男性がとってしまうさまざまな行動についてアドバイスをいただきました。

「やきもちを焼く男」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

160106yakimotituiki1

嫉妬したりやきもちを焼いたりする男性の本音

男性は、言葉と気持ちが一致していないということはよくありますよね。自分の気持ちを隠すために、真逆の行動をとることも珍しくありません。

ここではやきもちを焼く男性の本音を紹介したいと思います。

他の男の話は聞きたくない

基本的に、彼女の口から自分以外の男性の話は聞きたくないものです。それが全く恋愛感情を持っていないような相手だとしても、できるだけ避けてほしいと思っています。

特に、男性を褒めるような話になると余計に落ち着かない気持ちになってしまいます。それが彼女ではなくただの女友達だったとしても、女性の口から他の男が褒められる話は聞きたくないと思う男性が多数です。

自分にかまってほしい

男性は少なからず寂しがりやな一面を持っています。口には出さなくても、常に自分のことに関心を持っていてほしいと思っています。自分から意識が離れるような雰囲気を感じ取れば、強い嫉妬心を感じます。

彼女の行動を全て把握しておきたい

愛する人が今何をしているのか、何を感じているのか、全てを知りたいと思っています。自分の知らないことがあると、何か隠し事をされているのではないかと感じてしまうのです。

さらに、自分の知らないことを他人が知っているということが分かると、さらに強くやきもちを焼いてしまうでしょう。

やきもちを焼いていることは知られたくない

どれだけ嫉妬していたとしても、それを相手には知られたくないと思っています。知られてしまえば器の小さい男だと思われるのではないかと心配しているのです。

また、男性というものは、女性の前では常に男らしい姿でいたいもの。弱々しい姿や女々しい感情を表に出すことは恥ずかしいことだと考えていることが多いです。

160106yakimotituiki2

男性がやきもちを焼くポイント

男性はいったいどんなポイントでやきもちを焼くのでしょうか。女性のやきもちとは少し違った一面があるようです。

好きと言ってくれない

たとえ恋人同士という関係でお互いに好意を持っていることがはっきりしていたとしても、その気持ちを分かるように伝えないとやきもちを焼いてしまいます。

普段のスキンシップは当然のこと、たまには言葉にして表現してあげることも必要でしょう。「好き」という言葉を言われたいと思っているのは女性だけではないようです。

彼女に男友達が多い

いくら友人関係だとしても、相手が異性というだけでやきもちを焼いてしまうのがオトコなのです。「友達と遊びに行ってくる」と言って、「男?」と聞かれたことのある女性は少なくないのではないでしょうか。

小さなころから付き合いのある幼馴染みのような存在であったとしても、それが“男”というだけで嫉妬の対象になります。

オシャレに気を使い過ぎる

彼女には常にかわいくいてほしいと思っていますが、必要以上にオシャレに気を使っていたり、周りの目を気にしていたりすると男性はやきもちを焼きます。

「自分と付き合っているのに誰に見せる必要があるの?」と思ってしまうのです。他の男にはモテてほしくないというのも、男性に特有の考え方かもしれません。

デートスポットに詳しい

オシャレなスポットに詳しすぎると、「前の彼氏と行ったのかな?」と不安を抱かせます。間違っても、元カレと行ったことのあるスポットを紹介するようなことはしないようにしましょう。

たとえ過去のことだとしても、男性は彼女に男の影を見ることを極端に嫌います。

やきもちを焼いてしまう男性の深層心理

素直に感情を表現するのが苦手な男性。口にする言葉の裏にはどんな心理が隠されているのか、本人も気付いていないかもしれない深層心理を紹介いたします。

自分に自信がない

やきもちを焼いてしまう男性というのは、自分に自信がないことが多いです。女性の嫉妬が愛情からくるのに対し、男性の嫉妬はコンプレックスからきているといわれています。

自分への自信のなさが他の男性と比べてしまうことにつながり、結果として彼女に対してやきもちを焼いてしまうのです。女性の行動に関わらず同じように嫉妬心を持ってしまうという男性は、自分に自信を持つことから始めると良いでしょう。

独占欲

彼女の全てを自分のものにしたいという独占欲から、やきもちの心が生まれることもあります。少しでも自分の思い通りにならないことがあると、自分以外のものを優先されているように感じてしまうのです。

これもコンプレックスと同じように、愛情とは違う感情であるということを認識しなければなりません。必要以上に大きくなってしまうと、暴力的な行動に出ることもあります。

細かい性格

神経質で、さまざまなことに対して批判的な人も、やきもちを焼きやすい傾向にあります。こういう人は周りの目を気にすることが多く、必要以上に他者と自分を比べてしまいがち。

おおらかな気持ちを持てるようになると、嫉妬する心から開放されるかもしれませんね。

160106yakimotituiki3

やきもち焼きな男性に対する女性の意見

自分のことを好きだという気持ちからきているものなので、多くの女性はかわいくてうれしいと感じているようです。しかし、これがエスカレートして束縛するようになってくると、一転して拒絶する気持ちになってしまうという声が多く聞かれました。

また、自分が好きな彼氏にやきもちを焼かれるのは全く気にならないが、そうではない男性から必要以上に詮索されたり男性と遊ぶことを批判されたりするのは我慢ならないという女性も。

彼氏に対しては誠実に付き合っているので、疑いを持たれることは不本意で、もっと広い心でどっしりと構えていてほしいというのは全ての女性に共通する考えのようです。

やきもち焼きな彼とうまく付き合う方法

面倒だと感じても、全く関心を持たれないのもそれはそれで悲しいですよね。ここでは、やきもち焼きな彼を安心させるための秘訣を紹介したいと思います。

周りの人間関係を極力開示する

やきもちを焼いてしまうことの根本にあるのは、相手のことを知らないという気持ちです。男性にやきもちを焼かせないためには、家族はもちろん普段交流を持っている友人関係をできるだけオープンにすることが必要です。

周りの人間関係を把握するだけで、かなりの嫉妬心をおさえることができます。知らせるだけでなく、交流の場に誘い出してコミュニケーションを取ってもらうことも有効です。

相手の人となりを理解してもらうことができば、男性との友人関係も認めてもらえることができるかもしれません。

マメに連絡する

行動が把握できないことでもやきもちを焼かせてしまうので、連絡をマメに行うのは必須です。電話やメールなど、複数の連絡手段を使うようにするとより効果的です。

気持ちをはっきりと伝える

どれだけ大切な友人がいようとも、「一番好きで大切にしているのはあなた」ということをはっきりと伝えましょう。これは言葉にして相手に分かりやすく伝えることが大切です。

特に、複数の人が集まっている場で公にするのが効果的。人前で伝えることによって男性の自尊心も同時に満たすことができます。

昔話はできるだけ控える

楽しかった思い出もそうでない思い出も、彼氏が知らないことを話すのは控えた方がいいかもしれません。人間関係と同様に、男性は自分の知らないことに対して嫉妬心を抱きやすい生き物なのです。

「今まで何人と付き合ってきたの?」など、たとえ相手から聞いてきたことだとしても、これははっきりとした答えを望んでいるわけではないことが多いです。相手を傷つけてしまうかもしれないと思ったときには、嘘をつくことも優しさかもしれませんね。

怒りの感情は厳禁

嫉妬心が強くなり、束縛のようになってくると、いくら好きな人だとしても反発したくなる気持ちが出てくるでしょう、しかし、ここで感情にまかせて怒ってはいけません。

怒りの感情を見せれば、「やっぱり何か隠し事をしていたんだ」と男性に一層不信感を抱かせることになります。ぐっとこらえて、ていねいに会話を進めていく忍耐力が不可欠です。

160106yakimotituiki4

やきもちを焼かない男性の特徴

女性以上にやっかいだと感じてしまうやきもち焼きな男性。しかし、中には全くそのような感情を持たない人もいます。彼らはどういった特徴を持っているのでしょうか。

過去に束縛して失敗した経験がある

交際していた女性に対して嫉妬心が強くなり、束縛するようになったことで破局を迎えたという経験を持つ男性は、その過ちを繰り返さないようにと放任主義になる傾向があります。

同じようなことになればまた愛想を尽かされてしまうと思っているため、深入りしてくることはないかもしれませんが、心の奥では嫉妬する心を抱えているかもしれません。

彼女のことを信頼している

たとえ自分がいない場でも、彼女が自分を裏切るような行動をするわけがないと信頼しているタイプです。こういった人は、自分が彼女から愛されているという自信を持っていることが多く、穏やかな関係を築くことができます。

また、自分が一緒にいないときでも彼女に人生を楽しんでほしいと感じており、相手の幸せを一番に願っています。余裕のある姿から、「自分に関心がないのかな?」と不安になってしまうこともあるかもしれません。

すでに興味を失っている

悲しい話ですが、やきもちを焼かれなくなったということであれば、その彼はすでにあなたへの関心を失っているのかもしれません。あるいは、男性の方が他で遊んでいるという可能性も。

もともとがそういうタイプの男性なのか、それとも急に変わってしまったのか見極める必要があります。

B型の男は嫉妬深い!?

血液型によって、嫉妬深さにも違いがあるようです。好き嫌いがはっきりしており、自分の行動を制約されることを何よりも嫌うB型の男性。

熱しやすく冷めやすいという特徴もあり、自分の感情に素直に行動するため、本命の彼女には誰よりも真剣に接してくれるでしょう。しかしそれが時に「重い……」となってしまうことも。

感情の表現もストレートなので、それが悪い方に向いてしまい暴力的な行動に出ないように注意する必要があります。また、相手にも同じようにストレートな感情表現を求めるため、ついていけないと感じる女性もいるかもしれません。

相性が良ければ情熱的な恋愛を楽しむことができるパートナーと言えるでしょう。


「やきもち焼きな男性の本音」や「嫉妬深い男性との上手な付き合い方」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

好きという気持ちの裏返しであるため、一方的に批判することもできないのが難しいところではないでしょうか。男性は上手に自分の気持ちをコントロールし、女性はそんな男性の気持ちの裏側を汲み取ってあげるという関係が築けるといいですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (77)
  • うーん (31)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする