だらしない! 独身女の50%がタイツに毛玉があることが判明

【相談者:30代女性】
最近、ハンカチやバッグ等の自分の持ち物に気をつけるようになりました。「自分がどう見られているか」に非常に無頓着だったと反省しております。今までそんなところ見ていないだろうと思ってヒートテックやタイツも何年も同じものを身に付けていたような気がしますが、これらの捨て時っていつなのでしょうか?

a 毛玉に気が付けない女は今年のクリスマスも一人だ。

こんにちは。ライターの菊乃です。

インターネットで20~30代の独身女性200人にアンケート(mixiリサーチ2015年4月27日)を行いました。

『暖かくなったらタイツ・ヒートテックは捨てますか? 来シーズンも着るために片付けておきますか?』という質問に対して、

・1位……片付けてとっておく。だいたい2年以上着る(95人)
・2位……毛玉ができているものや古いものは捨てて使えそうなものは片づけておく(60人)
・3位……タイツやヒートテックを持っていない(26人)
・4位……分からない(16人)
・5位……春になったら捨てて次のシーズンで買う(8人)

という結果でした。2年以上着るという女性の多さにびっくり。多いからといって、2年以上着るのが普通というわけではない。高いものではないのだから、春には捨てて買い替えよう。もし、本気で「変わりたい」と思っているのならタオル、パジャマ、下着、ストッキング、シーツ、タイツなどの肌に触れる布関係を一新して欲しい。今までは気にならなかった毛玉、服のホツレが急に“見えてくる”ようになる。

150512kikuno01

出会いのチャンスも身だしなみ次第

読者の方からも、『タイツが伸びきっていて足首がダルダルだったのに、まったく気が付いていませんでした』『急にストッキングの伝線がよく見えるようになったのですが、今までは伝線していてもはいていたってことですね。恥ずかしい』とこんな感想をよくもらう。

接客マナーや人材育成の社員教育を行っている『株式会社コントレール』の代表取締役、人見玲子さんによると、身だしなみの3つの絶対条件の1つめは「清潔“感”」、その他2つは「調和」「機能性」だそうです。

たとえ綺麗に洗濯して清潔であったとしても、毛玉がいっぱいだと清潔“感”があるとは言えない。写真のように衣類に毛玉が付いていることにすら気が付けない人が、ポスターの隅が剥がれているとか、棚にほこりがたまっているということに気が付けると思うだろうか? 毛玉だらけのタイツの女性の家がキレイだと思うだろうか? 彼女と別れたばかりのいい男が知り合いでいたとしても、釣り合いを考えたときに毛玉タイツの女を紹介するだろうか?

「毛玉ぐらいで、もったいないなぁ」と思って捨てずにとっておいて、出会いのチャンスを捨てているかもしれないのだ。今年のクリスマスに彼氏と過ごしたいなら、タイツとヒートテックは全て捨てて初夏に臨め。

【取材協力/人見玲子】
人材育成、接客マナーなどの社員研修を行う『株式会社コントレール』代表取締役。JALのグランドホステスとして10年間勤務。通信、金融機関で人材育成に関わり、これまでの受講者は2万人を超える。
株式会社コントレール

【関連コラム】
使っても綺麗になれない“汚”化粧品5つ
気に入らない安物買いをすると女子力がダウンするワケ
タオルハンカチしか持たない女がモテない理由

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする