短足も改善!? アラサーの垂れ尻を予防するお手軽ヒップアップ術

【相談者:20代女性】
30を目前に控え、ボディラインに自信がなくなってきました……。Naoさんのコラム記事を読んで、食べない・削るだけのダイエットではなく、筋肉を育てて女性らしいメリハリのあるボディラインをつくりたいと思っています。

でも、どこを鍛えれば良いのかイマイチよく分かりません。特に、後ろ姿で「老けているな……」と思わせないよう、お尻や脚のラインをキレイにしたいと思っています。そんな私には、どんなエクササイズが効果的なのでしょうか?

a 垂れ尻注意! お尻が垂れると脚が太く短く見える。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

いつもコラムを読んでくださって、本当にありがとうございます。メリハリボディを育てることの大切さに共感してくださることがとても嬉しいです!

下半身をすらりと長く魅せるために注目して欲しいのは“お尻”! お尻が垂れて大きく見えると、その分脚が短く見えてしまいます。すると全体的にボテっとした印象を与えることに……。ヒップがキュッと引き締まって上がっていると、その分太ももが長く見え、シルエットが美しくなりますよね。

後ろ姿を若々しくスラッと魅せたい場合は、“お尻”を鍛えることが重要です!

150512nao

特別なエクササイズなしでヒップアップさせる秘策

『ヒップアップエクササイズ』は本屋さんやトレーニングジムに足を運べば、いつでも知ることができます。でも、筋トレのようなエクササイズを毎日するのは面倒……。そんな場合でも手軽にできちゃう、立ったまま、歩きながらのエクササイズをご紹介します。

方法は簡単。お尻の穴をキュッと内側に引っ張るように力を入れるだけ。このとき、お尻のほっぺたを両方くっつけるようなイメージで行うと効果的です。仕事や家事などで立っている間に2〜3分行うだけでもかなりキツいトレーニングになりますよ〜! 歩きながらこれを行えば、筋トレと有酸素運動を同時にできちゃうので一石二鳥。ただの移動時間を、メリハリボディを育てるトレーニングタイムに変えることが可能です。ぜひ試してみてくださいね!

座り方の工夫でも美尻は育つ!

また、座っている時間も、美尻を育てる絶好のチャンス! 『サニーヘルス株式会社』が発表したレポート『座り方や歩き方を改善するだけで、垂れ尻防止に!』でも、『座っているときの姿勢に気を使うことで、“垂れヒップ”を防止することができる』と述べられています。

ポイントはというと、“骨盤を後傾させないこと”。椅子に浅く腰掛けて上半身を背もたれにもたれかけると、お尻の後ろの方にある骨に体重をかける『仙骨座り』という状態になります。すると姿勢が悪くなって腰を痛めやすいだけでなく、お尻が垂れる原因にもなるのだそう。

美尻を育てるのに効果的な姿勢は、骨盤を立てて座る『坐骨座り』。座骨はお尻の真下にある骨で、ここで体重を支えることが美尻への近道です。背もたれに寄りかからずに、上半身の体重をまっすぐお尻にかけましょう。背筋がまっすぐと伸びていることがポイントです。

座ったときに背中側に体重をかけるのではなく、まっすぐと真下に体重がかかるように意識するだけで、姿勢が良くなり垂れ尻を防止することが可能です。

毎日の生活でヒップを上向きに!

立っているとき、歩いているとき、座っているときの姿勢や力の入れ方を工夫するだけならば、今日からエクササイズを開始できちゃいますよね。ボディラインはその人の生活習慣を表します。まずは日常生活に取り入れられることから挑戦してみてはいかがでしょうか。

【関連コラム】
ズボラでも美脚を作れるスキンブラッシングとは
ほっそり美脚になれる足首のコリほぐし術3つ
バストが垂れてくる老け胸を予防する方法3つ

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする