LIKEorLOVE? 女友達への気持ちを確かめる恋愛心理テスト26

【相談者:20代男性】
高校のときから妙に話があって、ずっと友達だった女の子がいます。お互いそれぞれ恋人がいた時期もあります。それでもずっと友達だったのに、最近、その子のことを女性として好きになったような気がします。告白して受け入れてもらえるでしょうか?

a 女性は男性が思うより割り切っているかも!?

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

ご相談文から、まだご相談者様ご自身も自分の気持ちが友情なのか愛情なのか曖昧な状態なのではないかと思います。自分の気持ちが曖昧なまま告白して、せっかくのお二人の関係が残念なことにならないためにも、今回は社会心理学者ルービンが提唱した、『好意(友情・liking)と恋愛感情(loving)の定義』と心理テストをご紹介したいと思います。

150507sayuri

友情と恋愛感情はどう違う?

ルービンは好意(友情)とは友達に対しても恋人や好きな人に対しても抱く感情とし、『相手のことを高く評価する』『相手を信頼し、尊敬している』『自分と似たところがあると思う』を基本条件とする一方、恋愛感情とは恋人や好きな人に対して抱く特徴的な感情とし、『相手と心理的にも身体的にもつながっていたい。離れていると辛い』『相手のために何かしてあげたい。その為には犠牲を払っても構わない』『相手を独占したい。二人っきりになりたい』としています。

ルービンの恋愛心理テスト

好きな人のことを思い浮かべながら、以下の項目にチェックをしてみてください。

(1)彼女(彼)と私は一緒にいると、大抵同じことを感じたり考えたりしている
(2)彼女(彼)は非常に適応力のある人だと思う
(3)私は彼女(彼)を責任ある役割に強く推薦したいと思う
(4)彼女(彼)はとても成熟した人物だと思う
(5)私は彼女(彼)の優れた判断力に強い信頼をおいている
(6)多くの人は、彼女(彼)と少し関わっただけで彼女(彼)に好意を感じると思う
(7)彼女(彼)と私はとてもよく似ていると思う
(8)何かのグループで選挙があれば私は彼女(彼)に投票したいと思う
(9)彼女(彼)は人から尊敬される人物だと思う
(10)彼女(彼)はとても知的な人物だと思う
(11)彼女(彼)は私が知っている中でも、とても好ましい人物のひとりである
(12)彼女(彼)は私が理想とするような人物である
(13)私は彼女(彼)が賞賛されるのは、たやすいことだと思う
(14)もし彼女(彼)が落ち込んでいたら、私は真っ先に彼女(彼)を励ましてあげたいと思う
(15)どんなことでも彼女(彼)に打ち明けることができる
(16)彼女(彼)の欠点は許してあげられる
(17)彼女(彼)のためなら、どんなことでもしてあげたいと思う
(18)私は彼女(彼)を独占したいと強く思う
(19)もし彼女(彼)と一緒にいることができなくなったら、私は不幸になると思う
(20)寂しいときには彼女(彼)に会いたいという思いが真っ先に浮かんでくる
(21)私にとって重大な関心のひとつは彼女(彼)の幸福である
(22)私は彼女(彼)のことなら、たいていのことを許すことができる
(23)私は彼女(彼)の幸福に責任があると思う
(24)彼女(彼)と一緒にいると、ただ彼女(彼)を見つめているだけで時間がたってしまう
(25)彼女(彼)が何かを打ち明けてくれると、とても嬉しい
(26)彼女(彼)と喧嘩をすることなど、私にはとても考えられない


実は(1)~(13)はliking度を、(14)~(26)はloving度を示します。チェックの多かった方があなたの今の気持ちを表しています。彼女に告白する前に、まずご自身が。そして何を目的とした心理テストなのかを伏せて彼女にしてもらうという、ちょっとズルい手もありかもしれませんね。

ただし、ルービンの調査によると男性より女性の方がlikingとlovingをはっきり区別していることが分かったということなので、告白して断られたときには、「冗談だよ」と笑ってごまかせる心の余裕を持っておいた方が賢明でしょう。

【参考文献】
・『愛することの心理学』ジック・ルービン(著) 

【関連コラム】
付き合う前の女性に喜ばれる誕生日プレゼント3選
相性チェック! 恋人との価値観で重要視することとは
何歳までOK? “女子”と名乗って良い年齢ランキングTOP9

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (11)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする