子育て放棄!? 子供より夫婦の時間を優先するアメリカ人妻への対処法

【相談者:40代男性】
アメリカ人の女性と結婚して、今年1歳になる娘がいます。共働き夫婦で、普段は娘をベビーシッターさんに預けています。私はかなり多忙なため、1日休みになることは滅多にありません。たまに休みの日などは1日中、娘と一緒にどこかへ出掛けたりしたいのですが、妻からは夫婦2人で食事へ行く計画をされたり、結婚記念日には夫婦で1泊旅行を提案されたりしてきました。

私としては、せっかくの休みだから、娘が喜ぶところへ遊びに連れていってあげたいし、食事だって娘と一緒に行きたいと思っています。娘を預けて泊まりの旅行は、とても気が引けます。

やはり、妻は子育てには向いていなかったのか、とまで考える始末です。私の母に話しても、やはり娘がかわいそうだと言います。娘を連れて実家へ戻ることまで最近は考え始めました。やはり、妻にはこれ以上期待できないでしょうか?

a 保育制度の差!? シッターさんがメジャーではない日本との違い。

はじめまして。国際恋愛専門家のCocoです。

赤ちゃんをあやす歌が違うように、子育ても躾の仕方も、そして夫婦のあり方まで、国によって様々です。奥様がどれほど娘さんとの時間を持たないのかは分かりませんが、アメリカでは、日本よりも夫婦2人きりの時間を大切にすると言われています。日本では、子どもが生まれたら、何をするにしても子ども最優先にするご家族が多いですが、アメリカでは、子どもとの時間を大切にしながらも、夫婦2人きりで過ごす時間も大切にする風習があります。

日本人からすると、赤ちゃんをシッターさんに預けて食事に行ったり旅行に行ったりなんて考えられないようなことですが、それは、日本とシステムが違うということも考えられます。日本では、シッターさんに預ける人は少数派ですし、多くの子どもたちは、保育時間が決まっている保育園に通い、土日などの休日は親と過ごす子どもがほとんどです。

ちょっと食事に行きたいから、と気軽に預けられる場がないというのも現状です。それに比べて、アメリカでは信頼できる専属のシッターさんがいて、急な用事にも対応してくれることが多いですよね。そんなシステムの違いから、やはりお母さんたちのライフスタイルにも差が出てきます。

150507coco

お家デートに工夫を

私の親しい友人にも、アメリカ人の彼と結婚した人がいます。彼女もやはり、子どもが生まれてからも、変わらずデートに行こうと誘ってくるご主人様にビックリしたと話していました。

生まれて数か月の赤ちゃんをシッターさんに預けてディナーへ行こうと言われたときはとても困ったそうです。彼女は、完全母乳にこだわっていたので、粉ミルクがあるから大丈夫だよと簡単に言ったご主人様に怒りまでこみあげてきたとか。そんな彼女は、旦那様に完全母乳へのこだわり、メリットなどをコンコンと話し、子どもが完全に卒乳するまでは誰にも預けたくないと説得したそうです。

しかし、それをフォローする時間も彼女はしっかり作ったと言っていました。夜、子どもが寝てからは、週に1度は家のリビングで一緒に映画を観たり、記念日にはコースディナーを家にケータリングして、外食気分を味わえるようにしたり、赤ちゃんを見ながらも、色々と工夫して夫婦の時間を楽しむ努力をしたそうです。

子どもがいても、工夫次第で夫婦の時間を楽しむ方法を提案することで、奥様も新しい楽しみを発見できるきっかけになるかもしれません。自宅で楽しめること、映画を観たり、一緒に料理を楽しんだり、お子様がおやすみになってから楽しめることを提案してみると良いかもしれませんね!

ホテルのベビーシッターサービスを上手く利用してみて

お家デートで上手く夫婦の時間を作ることに成功した彼女は、子どもを連れて行く旅行でも、上手く夫婦の時間を作る方法を話してくれました。

彼女も、やはり小さな子どもを誰かに預けての宿泊はとても心配なため、旅行の際には、ベビーシッターサービスのある大型ホテルを滞在先に選ぶそうです。大型ホテルでしたら、キッズルームを完備していたり、両親が出掛けるあいだや、食事のあいだ、子どもを見ていてくれるベビーシッターサービスがあるところもあります。そういったサービスを上手く利用することで、旅行中に一度は子どもを連れて行けないようなレストランにディナーへ出掛けられたり、日中には夫婦でダイビングを楽しんだり、束の間の夫婦の時間を上手く確保できると言っていました。

子どもとの時間も夫婦の時間も上手く配分された旅行をし始めてからは、ご主人様も、誰かに子どもを預けて旅行へ行こうという提案はなくなり、むしろ、子どもも大人も楽しめるホテル探しに一生懸命な様子だそうです。

施設・サービス共に充実した、家族全員が楽しめそうなホテルを探し、家族旅行を提案してみてはいかがでしょうか?


子どもと過ごす時間、ご夫婦で過ごす時間を上手く両立できるライフスタイルを確立できれば、きっと上手くいくはずです。また何かありましたら、いつでもご質問くださいね。

【関連コラム】
結婚生活の理想と現実に対する男性の本音3選
9割が仕事より家庭? イクメンになりたい独身男性が急増している理由
室内で靴を履きたい外国人夫を説得する方法

●ライター/Coco(国際恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする