使っても綺麗になれない“汚”化粧品5つ

【相談者:20代女性】
メイクが苦手で、あまり興味が持てません。一応やっているのですが、「お化粧してるの?」と言われることが多いです。どうしたらいいでしょうか?

a ケースにこびりついた粉を惜しむより、己のチャンスを惜しめ。

こんにちは。菊乃です。

私はメイクアップアーティストの方とコラボして、「キレイになりたい」とさえ思わないごく初級者向けにメイクセミナーを行ってまいりました。これまでの受講者は300名を超えます。

どんなアイテムを使うのか、テクニックも大事ですが、初心者の方はそれ以前のモノの捨て時や量を知らないケースが多いのです。

150505kikuno

(1)化粧水は1か月で1本以上使い切れ

化粧水のボトルが2~3か月に1回しかなくならないという方がおります。これは全く量が足りません。化粧水は1か月で1本以上なくなるのが普通です。

この手の方は自分の肌のことを、「オイリー肌です」というパターンが多いのですが、保湿が足りずそれで肌が脂を出して乾燥を防ごうとしているのです。中にはべたつくからといって乳液を省いている方もいるのですが、それではさらに乾燥が進み、表面がべたつくようになります。しっかり保湿しましょう。

(2)ファンデーションのスポンジは洗え

「これはコロッケか?」と思うような皮脂で表面が固くなったスポンジを何度も見ました。スポンジを洗うということをご存じない方が多いのです。ドラッグストアに行けばスポンジ用洗剤がありますので、それで洗いましょう。

洗うと化粧ノリがよくなりますよ。最低でも週に1回は洗うようにしたい。汚いスポンジでいくらパタパタしても、粉が肌に付かないのだ。

(3)ケースの底が見えてきたら1か月以内に新しいのを買いに行け

「このチークの色合ってますか?」と見せられたチークが、ケースの四角に粉がこびりついている程度ということが何度もありました。チーク、アイシャドウ、ファンデーションなどの粉物は、ケースの底が見えてきたらもうすぐ買い替えのサイン。だんだんブラシに粉が均一につかなくなるのです。それでいくらメイクをしても色がムラになって付くだけ。あるいは全くついていないか。もうそれはゴミ。

(4)アイシャドウパレットは一番使う色がなくなったら替え時

「まだ他の色があるからもったいない」と、1色がなくなったアイシャドウパレットを使っている方も多いです。一番マブタの広い面積に塗る明るい色が先に無くなるのは当たり前です。

新しいのを買っても必ず濃い色の方が減りは遅いです。そういうものです。「もったいない」と思うかもしれないけれど、そこを惜しんでキレイになれるチャンスを失うほうがもったいない。

(5)マスカラのブラシを抜いたときに「カサ」っと乾いた音がするなら空

マスカラは中の量が見えないので、なくなったことに気が付かない方が多い。ブラシを抜いたときに「ブチュ」っと液体が入っているような音がするなら中身はあります。「カサッ」と乾いた音がするのであればもう空です。そのマスカラにあなたのまつ毛を上げる力はありません。新しいのを買おう。

【関連コラム】
“カラコン女子”に対する男性の本音3つ
ブスのくせに! SNSで自撮り写真をアップする女がムカつく理由
すっぴん女子に対する「アリ派」と「ナシ派」の意識の違い

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする