口下手でも上手くいく!? イベント系婚活パーティーが成功しやすいワケ

【相談者:30代男性】
半年ほど前から真剣に婚活をはじめました。まずは出会いを増やそうと婚活パーティーに参加しているのですが、どのパーティーでもひとりの人と話せる時間は3分足らず。勇気を出して声を掛けても、口下手なので話が続きません。最近は、そんな環境で一生をともにできる相手が見つかるのか? 婚活パーティーは自分に向いていないのでは? と疑問に思うようになりました。

でも、結婚相談所に登録できるほど金銭的な余裕はありません。どうすれば結婚に結びつく出会いができるでしょうか?

a イベント系の婚活パーティーで、自然な会話から交流を深めましょう。

笑顔になれる恋愛を応援する、笑顔づくり専門家の千葉こころです。

婚活パーティーのように時間の限られた場で相手を知るのは難しいですよね。一番の手段は会話ですが、口下手であればなおのこと。どんな場面でも、相手を理解するまでには一定の時間と相応のコミュニケーションが必要になります。まして、人生をともに歩む結婚相手を探すとなれば、婚活パーティー内の時間だけで見極めるのはかなりハードルの高い行為にも思えます。

とはいえ、今後につなげる出会いの場として活用するなら、やはりその中である程度の交流を図らなければ始まりません。その場で恋愛関係にならなくても、連絡先を交換しあえるくらいのお相手は見つけたいもの。

それならば、ただ話をするだけの婚活パーティーではなく、イベントを通して交流できる“イベント系婚活パーティー”に参加してみてはいかがでしょうか?

150505chiba

イベント系婚活パーティーは活動を通して仲良くなりやすい

通常の婚活パーティーは、はじめに“ひとり○分”などの制限時間内で、全員の異性と話をする時間が設けられています。このとき、自身の趣味や性格などを書いたプロフィールカードを交換して話ができるため、おおまかにではありますが相手を知ることができます。その後、自由に話ができるフリータイムがあるので、気になる相手に声をかければ互いをよく知れるチャンスとなります。

しかし、上手くコミュニケーションが取れなければ、「もっと話してみたい」「これからも会ってみたい」などの感情にまで発展せず、今後につなげるのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、イベント系の婚活パーティー。その名の通りイベントをメインに婚活を行うパーティーで、ゴルフや野球観戦などスポーツをメインにしたものから、謎解き、料理など趣味をメインにしたものまで、イベント内容はさまざま。なかには、鬼ごっこやしいたけ狩り、坐禅など変わった趣旨のものもあります。

パーティーではこれらのイベントを全員で行うのですが、男女混合チームにしたり交代制にしたりと、すべての参加者と交流ができるように工夫されています。私自身、取材で何度か参加したことがあるのですが、活動の中で自然と会話をする機会が生まれるため、通常の婚活パーティーより話をするきっかけが掴みやすい傾向にあります。

また、イベント内容に興味を持った人ばかりが集まっているというのも、親睦を深めやすい理由のようです。

得意な分野なら会話以外で自己アピールができる

私はスポーツ系と趣味系の両方に取材で参加しました。そのときに参加者から伺った感想をそれぞれご紹介しましょう。

スポーツ系婚活パーティー

『同じチームの女性に、戦略などを通して話しかけやすかった』(20代男性)
『チームメイトとして団結力が生まれるから、自然な感じで仲良くなれた。勝つと心の距離もグッと縮まる感じがした』(20代女性)
『スポーツ自体を楽しめるので、上手くいかなくてもショックが少ない。また参加したい』(30代男性)
『体を動かしながら交流できるのは爽やかなイメージ。一般的な婚活パーティーみたいにギラギラしてないのがよかった』(30代女性)

趣味系婚活パーティー

『共通する趣味を持っているから話題に困らない。今までの経験など、話も広げやすいし盛り上がりやすい』(20代男性)
『自分の好きなことを上手にできる男性を見ると、はじめはタイプじゃないと思っていた人でもかっこよく見えてきた』(20代女性)
『趣味の集まりのようなスタイルで、自然な出会い方ができるのがいい』(30代男性)
『同じ趣味の人と出会えるので価値観の近い人が多い。長続きできる相手が見つかりそう』(30代女性)


どちらのタイプでも、得意な内容であれば活動を通してかっこいいところを見せられるので、たとえ話が上手くできなくても自分をアピールすることができます。また、上手くできない異性を手助けしたり、教えてあげたりするなど、交流もしやすくなります。そのため、できるだけ自分が得意とする内容のイベントに参加することがオススメ。

活動を通して、“周囲へ気配りができる人”“リーダーシップがとれる人”など、対面の会話だけでは知ることができない相手の素顔を垣間見ることもできるので、自分好みの異性が見つけやすいというメリットもありますよ。

相談者さんのように異性と話すのが苦手な場合は、スポーツ系や、趣味系でもグループになって行うもののほうが、会話につながるきっかけを掴みやすいかもしれませんね。

イベントを一緒に楽しむことで心の距離が近づくためか、パーティーの後にみんなで二次会へ流れるパターンが多いのも、イベント系婚活パーティーの特徴。活動中に思うほど積極的に動けなかった人でも、挽回のチャンスになるかもしれません。

“結婚相手を探す”というよりも、まずは“イベント自体を楽しむ”くらいのラフな気持ちで参加してみてはいかがですか? あなた自身も肩の力が抜けて、素の魅力を放てるのではないかと思います。

【関連コラム】
女性の好感度を上げるカップリングパーティー必勝法
婚活パーティーで勝つために男性が磨くべき力とは
スーツはNG!? 婚活パーティーで女性にモテる服装

●ライター/千葉こころ(笑顔づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする