同棲からの結婚を成功させるための心構え

【相談者:20代女性】
付き合って1年になる彼に、「同棲しよう」と言われました。今はお互いの仕事の都合で月に2、3回ほどしか会えないので、毎日一緒にいられるようになるのは嬉しいのですが、結婚したときに新婚の楽しみが薄れてしまうとか、相手の悪いところが見えて別れやすいという話も聞いて不安です。私はいずれ彼と結婚できたらいいなと思っていますが、まだ具体的な話も出ていないので悩んでいます。

a 同棲について彼とよく話し合い、生活にウェイトをおいて検討してみましょう。

笑顔になれる恋愛を応援する、笑顔づくり専門家の千葉こころです。

会えない寂しさや別れ際の切なさを感じることなく好きな人と一緒に過ごせる同棲は、誰しも一度は憧れたことがあるはず。ただ、寝起きを共にするということは今まで見えなかっただらしない部分を互いに曝け出すことにもなり、育った環境や価値観の違いからさまざまな尺度の違いを実感することもあります。

そのため、新婚の新鮮味が薄れたり相手の悪いところが見えたりするのは否めないことですが、それをどう解釈するかで同棲の良し悪しは変わってくるのではないかと思います。

150430chiba

同棲をはじめる前にしておきたいこと

それぞれに暮らしながら恋愛しているときは、あらかじめ会える日や行く場所を決めて限られた時間を楽しむため、一緒に過ごすことだけに尽力しますよね。ところが、同棲をはじめると日常の生活が入り込んでくるため、家事や仕事、プライベートの用事など、今まで会えない時間に1人でこなしていた諸々もすべて相手と共有することになります。

2人になることで負担が減って助かることもあるでしょうし、苦労が倍になることもあります。互いの生活を支えあう関係になることで、“付き合っている恋人”から“生活のパートナーでもある恋人”へと変わっていくわけです。

同棲して破局を招く恋人同士の多くは、“ずっと一緒にいられる”“なかなか会えない環境を改善できる”など、恋愛にウェイトを置いて同棲をはじめる場合が多く、いざその問題が解消されて生活に比重が移ると、生活スタイルの違いに目がいくようになり、十分な話し合いが持たれないと不満が溜まってひずみが生まれてしまいます。

結婚を前提としていない同棲であるなら、同棲をする理由とメリット・デメリット、家事の分担、プライバシーの確保、生活スタイルの違い、問題が起きたときの対処法など、“生活を共にする”という観点からまずは彼とじっくり話し合ってみましょう。

特に相談者さんの場合は彼との仕事サイクルが違うようですので、どのようにカバーしあうかも事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

同棲は結婚前の見極め手順。互いに歩み寄る気持が成功のコツ

不動産ポータルサイト『HOME’S』が20代の社会人に行った同棲に関する意識調査では、同棲のメリットについて88.2%の人が、「結婚前に相手の性格や相性を見極められる」と回答しています。

一緒に生活することで、デートを重ねるだけでは見られない相手の素の部分を知り、もし結婚したときに手を取り合って問題を乗り越えていける関係性になれるかどうかに重きを置いて同棲を開始している様子が伺えます。

嫌な面が目に付いても相手の人格の1つとして受け入れられる許容があるか、価値観の違いをすり合せられるか、相手への思いやりを継続的に持てるかなど、互いにどのくらい歩み寄り、自分自身に無理なく相手を受け入れることができるかで同棲の成功率が決まってきます。

上手く結婚に至った場合、それまでに築き上げた土台があってこその信頼関係を持って新婚生活をスタートすることができるので、新婚の楽しみが薄れるという心配もありませんよ。

はじめにとらわれないことも大切

最初にどんなに話し合っても、長く一緒にいる中で甘えや慣れが生じて変わってくることもあります。居心地の良さに変化を求めず、同棲が長引いて結婚が遅くなったという人もいます。

経年変化を自然に受け入れ合える関係性を築いていくことも大切ですが、結婚の予定がないことを不安に思うのであれば、1年や2年など一定の期間を決めて同棲し、満了時に改めて話し合いの場を持ってその後を判断するという方法もいいかもしれませんね。

【関連コラム】
初めての同棲で部屋を借りる時のポイント3つ
恋人がいても“お一人様プラン”を満喫する女性の本音
このままだと破局! 会話がない同棲カップルのマンネリ解消法3つ

●ライター/千葉こころ(笑顔づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする