3週間でチェンジ!? 女性と話すことが苦手な人の心理と対処法

【相談者:30代男性】
婚活をしていますが、上手く会話ができず、どうにか頑張って連絡先を聞き出しても、お茶に誘いだすことができません。今まで恋愛経験がないからでしょうか。どんどん自信をなくしていきます。

a 笑顔、目線を合わせ、頷いていますか。

ご質問ありがとうございます。男性向け婚活塾、塾長の藤田サトシです。

会話への苦手意識を持つと、笑顔を作らず、目線を合わせず、相手の言っていることに頷きません。これらは会話が苦手だと意識する人に共通していて、無意識に行っているのです。

上記を意識的に変えてしまえば、相手からの反応が確実に変わります。人には、目の前の人を無意識のうちに模倣する『ミラーリング』という性質があります。

こちらがフランクに対応すれば、相手もフランクに対応します。反対に、こちらが堅い空気を作れば、相手も堅い空気で対応してくるのです。

異性への苦手意識を作り出しているのは、実はすべて自分なのです。そんな自分を変えることができれば、世界が変わり苦手意識も消えていきます。

150429fujita

「上手く会話したい」と考えるから、上手くいかない

苦手と思うのは、すべて過去の記憶で判断しているからに他なりません。「きっと上手くいかないに違いない」という考えを強く持っているからです。こういった考えが全面的に出てしまえば、けして上手くいきません。

特に対人関係において、「上手く会話したい」という考え方は捨て去らなければならないのです。「上手く会話したい」という気持ちは、「会話が上手くない」という同意語となり、その雰囲気が言動に出てしまうのです。

女性とは、初対面の人の雰囲気を瞬時に見抜く天才です。「会話が苦手だからコミュニケーションも上手くいかず、きっと仕事もできず、経済的にも潤っていない」という判断を多くの女性は下すのです。

こういった経験をし続けてきた結果が自分を作り上げているわけです。では、どうすればいいか。

嘘でも、「僕はコミュニケーションが上手い」と自己暗示しているうちに、そうなっていきます。これを『アファメーション』と言います。3週間も意識していれば、自分の世界は確実に変わります。

拒否反応を突き付けられたときの対応を決めていないのでは

どんな人でも、初対面の人には少なからず拒否反応を示します。このときの対処法を誤れば、自分が情けない人間だという心理が入ってしまうのです。

拒否反応がやってきても対応の仕方がわからず、無言になって困惑して対処することが最悪な結果を招きます。そういったルーティンの記憶が残りやすいのが人の脳だからです。

よく考えてみると、婚活とはお互いを査定しあう環境にあり、好かれることが目的ではなく、こちらも断る権利を持っているわけです。それを腫れものに触るがごとく嫌われまいと考えるから、その心理を見抜かれ、“小物”と査定され嫌われるわけです。

問題は、嫌われたときにその場で自信をもった対処の仕方を用意しておくことです。ときには、「僕の良さを理解してもらえずに残念です。さようなら」と、相手の目を見て言うのも効果的です。

上手くいかなかったときも、相手にしっかりした対応ができている自分に自信を持つことができるようになるのです。

自己開示の返報性を理解されていますか

会話が苦手な人は、すべからく自分の出来事を隠そうと考えがちです。他人からからかわれたり、小馬鹿にされた経験があるからです。他人に伝えるだけの出来事もないという心理も働いているからです。

こうなると、ますますクローズドマインドとなり、さらに他人とのコミュニケーションを阻害してしまいます。しかし、初対面の場合、自己開示なくして相手は心を開いてくれません。

いかに先に自分が心を開くかがとても重要なわけなのです。恥ずかしい失敗談だって、立派な自己開示となるわけです。それを初対面の人と話す言葉が浮かばずに、質問攻めになってしまっていませんか。こうなると会話になりません。

特に女性とは、自分の気持ちを理解してくれる人に心を開きます。いきなり初対面の人に心を開く人なんていないのです。多くの場合、心を無防備に開いてきた相手にしか心を開きません。

重要なことは、自分が先に自己開示することがスタートになるのです。慣れてしまえばなんてことありません。よく考えてみれば、笑われたって実害はないのです。

まずは実践してみることです。会話が上手いという自信を作り上げることができるはずです。

●ライター/藤田サトシ(婚活塾 塾長)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする