ダイエット効果も!? 便秘対策になる“酵素”を効率よく摂取するコツ3つ

【相談者:30代女性】
もともと便秘には悩まされてきましたが、アラサーになってますます悪化……。下っ腹ポッコリが気になる日がかなり多くなって、スッキリを実感する日があまりありません。腸内の環境をよくするためには『酵素』が必要と言いますが、どんなふうに取り入れたら効果があるのでしょうか?

a 腸の詰まりを改善するには『酵素』の力を借りましょう。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

「アラサーになって便秘がちになった」という気持ち、分かります! 腸内の環境が悪いと効率よく栄養が吸収できずに、肌のターンオーバーや新陳代謝を弱めてしまい、便秘がちで太りやすく、肌トラブルも起こしやすいブサイクボディに。年齢を重ねれば重ねるほど、腸内環境をよくしたいものですよね。

腸内環境を整えるのに有効な栄養素の1つが『酵素』。ダイエットにも、美肌作りにも、野菜や果物を食べることが重要だと言われているのはこのためです。実はこの酵素、ある工夫をすることでより体内に取り入れやすくなるんです。

今回は酵素を効果的に摂取するコツを3つご紹介します。

150429nao

酵素を効率的に摂取するコツ3つ

鶴見クリニック院長の鶴見隆史氏によると、食物から上手に酵素を摂るには次の3つの方法がおすすめなんだそうです。

(1)低速圧搾ジューサーで生ジュースを作る

野菜や果物の酵素は細胞を適度に砕くことで吸収されやすくなるんだそう。ジューサーを使って1分間に40〜80回程度の回転速度で圧搾すると、酵素たっぷりジュースが手軽に作れるんです。朝は野菜や果物で作った生ジュースを取り入れている人は、ジューサーの回転速度をチェックしてみてください。回転速度が早すぎると細胞が壊れてしまうためNGだそうですよ。

(2)おろす

野菜はおろすことでざくざくと切って食べるよりもより多くの酵素を摂取することが可能だそうです。大根やかぶ、にんじん、セロリ、タマネギ、しょうが、にんにくなどはおろす調理法が豊富のためおすすめです。

(3)よく噛む

よく噛むことで唾液が分泌され、アミラーゼという消化酵素が分泌されやすくなります。早食いやあまり噛まずに飲み込んでしまう習慣は消化不良を起こしやすいためNG。(1)や(2)ができなくても、よく噛むことはいつでもどこでもできますから手軽に取り入れられますね。

酵素が豊富な食材は?

すりつぶしたり、細かくしたりすることで摂取しやすくなる『酵素』は、果物や生野菜に豊富に含まれています。加熱すると酵素が死んでしまうため、生で食べるのがおすすめ。

この他にも漬け物や納豆、みそ、甘酒などの醗酵食品にも酵素が豊富に含まれています。酵素たっぷりの食材を1日1品は必ず摂取するようにすることで、腸内の環境を今よりよくしていくことができますよ。

効率的に摂取するコツを取り入れれば効果もUP。まずは次の食事でよく噛むことから取り入れてみてくださいね。

【参考文献】
・『「酵素」が免疫力を上げる!』鶴見隆史・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする