考え方にある傾向が! 恋愛が長続きしない人の思考タイプと対処法

【相談者:20代女性】
はじめまして。恋愛がなかなか長続きしません。誰かを好きになり、お付き合いすることはできるのですが、大体3か月ほどで自分から別れを告げたり、相手から振られたりしています。どうすれば恋愛が長続きするのでしょうか? その秘訣を教えてください。

a 自分がどんなタイプかしっかり理解し、今一度自分を見つめ直してみましょう!

こんにちは。ご質問ありがとうございます。ビューティーメンタル専門家の水沢真です。

お付き合いしても関係が続かない悩みを持っている人は多くいるものです。実は、そのようなタイプの人には共通する傾向がありますので、お伝えしていきます。

150420mizusawa

内的帰属と外的帰属

お付き合いをしていて何か問題が生じたとき、その原因をどう解釈するかを心理学用語で『原因の帰属』と言うのですが、そこには2パターンあり、自分に問題があったと捉えることを『内的帰属』、自分以外に問題があったと考えることを『外的帰属』と言います。

たとえば失恋したとき、「自分がいけなかった」と考えるのが内的帰属型の人であり、一方、「相手のせいだ」「あんな人だとは思わなかった」と相手に非があったと考える人は外的帰属型の人です。

外的帰属型は自己反省の意識がないため、たとえ自分に問題があったとしても自分の非を認めず、歩み寄らない傾向があります。そのため、関係の修復が困難であり、一気に関係が破たんしてしまうことが多いのです。

それに比べ、内的帰属型は、問題が生じたときに自分にも原因を探すので、問題が起こっても修復することができます。

お互いにバランスをとって歩み寄ること

心理学的に、外的帰属型でお付き合いを続けようとしても、問題を相手の非にしてしまうため、結果長続きしない状態となります。お付き合いをしていく中で、関係が破綻しそうになったら少しでも自分に問題は無かったのか? と内的帰属型の思考を自分自身の中で働かせてみることが重要です。

恋愛はどちらか一方だけでなく、2人の問題ですから、お互いの歩み寄りがポイントとなります。そのためにも、2人の間に問題が生じたときには、自分に非がなかったか? を考え、もし少しでも自分に非があった際には、その非を認めて相手に謝罪し、今後の改善点を2人で見つけていきましょう。

そうすることで、1つの問題を2人で解決したという親近感もより増すことに繋がり、お互いへの思いやりから、より深く長いお付き合いに発展していけると思います。


せっかくのご縁から始まったお付き合いです。お互いの思いやりを大切にし、一つひとつの問題を2人で解決していくことで、良いお付き合いが続けていけるでしょう。

【関連コラム】
恋や仕事の苦い経験を“成功”につなげる方法
自由を楽しむアラサー独女が次の恋愛に進む方法
イキイキ輝く魅力ある女性になる方法3つ

●ライター/水沢真(ビューティーメンタル専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする