「好き」の裏返し? スグに誰かを妬んでしまう心理と対処法3つ

【相談者:10代女性】
すぐに誰かを妬んでしまう性格が嫌です。容姿、学歴、持ち物、いろんなことに妬んでしまいます。見栄を張っても、妬んでも仕方ないのに、仲良くしたい人を憎んでしまって、自分から疎遠になることも。苦しいです。みなさんは人を妬んだりしないんでしょうか。妬んでしまったら、どうしているんでしょうか。

a 妬んでいることは認めて。「わたしはわたし」の心の断捨離。

羨ましさから憎しみに。仲良くしたいのに、気持ちが先走ってしまうのって苦しいですね。モヤモヤはすっきりさせたいライターの、鈴木あいと申します。

相談者様が苦しむ感情、“妬み”とは何なのでしょう。正体を突き詰めて、自分の中の感情と向き合ってみましょうね。

妬み、嫉妬。このどす黒い感情の中には、「好き」が潜んでいるんです。一歩引いて自分を見つめてあげると、今まで妬んでしまった人を嫉妬の対象と見なすのではなく、目標として追いかける気持ちになれるのではないでしょうか。

150416tamasaki

興味があるものにしか妬みの感情は湧かない

興味のない分野で活躍されている友人、興味のないカテゴリーの服を着ている友人に、嫉妬したことはありますか? 自分の感性を揺さぶる何かを持っている人に、嫉妬していませんか? 嫉妬の奥底に、興味関心があるんです。

わたしにはできない。わたしには似合わない。なんであの人が。わたしだってやりたい。

相談者様は、容姿や学歴なども妬んでしまうそうですが、そこに理想があるから妬んでしまうのでしょう。妬みは醜い気持ちだと戒める気持ちが強いので、より苦しくなるし、苦しくなると相手にその感情をぶつけて憎んでしまう。

悪循環を断ち切るために、その気持ちを掘り下げてみましょう。

具体的に、相手のどこが羨ましくて、妬みの対象になったのかを問いかける

たとえば、交友関係の広いAさんを妬んでしまったとしましょう。Aさんは誰にでも優しくて、明るくて、フットワークが軽いからあちこちに誘われる。話題も豊富で、政治からスポーツ、漫画など、自分からいろいろな話題を振ります。

このように華やかなAさんを妬むようになった場合、Aさんの“どんなところ”に憧れて、どんなところを妬ましく思ったでしょう。豊富な話題、トークスキルが対象だったとしたら、今からでも補完できます。本を読む。話を聞く。テレビを見る。興味のあるものだけでもいいんです。好きなものが偏っていてもいいです。それが相談者様の強みです。Aさんは持っていない部分かもしれません。

今の自分にできることを把握する

自分ができないところが見えてきたら、その点がまた嫉妬の対象になってしまうと思うかもしれません。でも、自分ができることだけを思い浮かべてください。何もない空っぽな人はいません。謙遜せず、できること、挑戦中のこと、興味のあること、好きなことをピックアップしてみてください。クオリティが気になると思いますが、評価のためではありませんので、お気になさらず。

いくつ見えてきたでしょうか。出てきた部分が、嫉妬しやすいポイントです。ご自身よりも上をいっていると思った人が、嫉妬の対象になっていませんか?

嫉妬のパターンは上記に限ったわけではありませんが、興味、羨望から嫉妬へと陥りやすい傾向だそうです。

ここからが仕上げなのですが、「嫉妬したな」と気づいたとき、嫉妬を押し殺そうとすると気持ちが増します。ではどうしたらいいか。提案するポイントは3つです。

(1)嫉妬は自分だけの感情なので、相手は悪くないことを念頭に置く

どんなに相手を妬んでも、妬ましく思っているのは自分だけ。この気持ちで相手に近づける可能性はないんだと、自制します。諦めるべきもの、これから学び手にできるものの分別ができると思います。

(2)作品や成績などの努力成果を妬んでしまった場合、相手にも努力の時間があったことを考える

世の中には要領のいい人が存在しますが、ごくわずか。ほとんどの人は、人知れず、どこかのタイミングで努力をしています。絵がうまい人、英語が達者な人が、陰でどれほどの練習をしたのか、想像してみてください。

(3)自己評価を下げすぎない。必要以上のことを比べないポリシーを持つ

相談者様にできることをピックアップしてくださいと述べましたが、それは相談者様の強みです。伸ばせるものを伸ばして、興味のあるものを増やしていけばいいんです。突出した才能を発揮する人、美貌を兼ね備えた人は稀なのです。


妬ましいと思ったら、「わたしはわたし」と言ってみましょう。妬みから攻撃に出ても、その人にはなり代われません。自分を磨けるのは自分だけです。妬んでしまったら、どこを妬んでしまったのかを見極めて、磨けるものは磨く、ムリなものは、「比べるもんじゃない」と断捨離!

【参考文献】
・『「妬み」を捨て「幸せ」をつかむ心理学』加藤諦三・著

【関連コラム】
外見のコンプレックスを克服して彼氏を作る心得
9割が非リア充!? 日常生活に不満を抱える現代女性の実態
意識をチェンジ! いつもの日常でも“幸せ”を実感する方法3ステップ

●ライター/鈴木あい(恋愛白黒ジャッジ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする