まずは大人数で! なかなかOKがもらえない相手をデートに誘う方法3つ

【相談者:20代男性】
最近友達の紹介で出会った女性のことで相談です。初対面の彼女は、とても愛想も良く、いい感じにその会も終わりました。連絡先も交換し、何回かメールのやりとりをしている中で、食事に誘ったり映画に誘ったりしているのですが、タイミングも合わないし、なかなかデートにこぎつけません。あまり誘い過ぎて引かれるのも嫌なので、自然に誘える方法を教えてください!

a 会えない時間にいかに自分をアプローチするかが大事! 根気強くいきましょう!

ご相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

相談内容からすると、アナタはまだ彼女のことを気になりかけているという段階ですかね。しかし、初デートにかける思いが強いというのは、彼女に興味関心があるからということでもあるかと思います。

目的としては、どう誘えばOKがもらえるか? ということで、物理的な問題というよりも、心理的な問題点に注目して取材してきました。

150416chihiro

(1)複数人で約束をとりつける

『なんとなく参加する飲み会に、共通の友達としてでもいつも同じ相手がいれば気になるのは当たり前です。警戒心を解くには、みんなの力を借りるのです』(30代男性/不動産)

これは確かにズバリですね。最初から2人きりで誘うより、「今度またあのメンバーで飲もうよ」とか、「俺の友達が飲みたいらしいから誰か友達誘える?」とか、とりあえず大人数で提案してみるのが1番手っ取り早いですね! それでも断られるなら、少し考え直した方がいいかもしれません……。

(2)単純接触効果を利用する

『毎日毎日メールがきていて、最初はなんとなくかわしてたけど、ある日朝のメールがなかったときに、「あれ?」って思いました。次の瞬間には私からメールしてましたよ(笑)』(30代女性/モデル)

なかなか直接会えないなら、会えない時間にできることはどれだけ相手に安心感を与えられるか。たかがメール、されどメールです。毎日2、3通でもやりとりすることで、会えない1か月でもどれだけの効果があるでしょうか? 利害関係が発生していない今なら、ただひたすら相手を喜ばせるメールを送るのも1つの手ですよ。彼女がふと落ち込んだとき、思い出すのがアナタの顔になるかもしれませんしね。

(3)二択作戦

『YesかNoではなく、どっちかを選ばせる誘い方を自然にすること。なぜか答えを考えるときから彼女の頭の中はYesが前提の思考になっていますよ』(20代男性/ホスト)

これはよく聞く手法ですが、立派な心理学に基づいた理論だそうです。たとえば、「映画に行ける?」ではなく、「映画と○○っていうイベントどっちかに行こうと思うけど、どっちに行きたい?」という聞き方。「○○」と具体的な名称を出すのがコツだそうです。

リアリティを出しつつ、聞いた瞬間から相手に“アナタ”と出かけることを想像させるのです。その前提で、「映画」か「○○というイベント」かを選択する。その時点で、相手が断るという選択をする可能性は限りなくゼロに近いそうですよ。


いかがでしたでしょうか?

様々な意見の中、まずは1つ目のアドバイスを試しましょう。私の意見としてもまさにコレ。それでダメなら2つ目、3つ目のアドバイスはなんの効力もありません。順を追ってクリアしていきましょうよ。

1番言いたいのは、相談者さんには2つ目のアドバイスを根気強く続けていただきたいということ。これは、女性である私の意見としても、効果があると思います。前提として、誰かに好意を持たれて嫌な気持ちになる女性はいません。女性には多少なりとも順応性というものもありますし、何しろ母性本能というものがありますので、真っ直ぐ一途に自分のことを思ってくれる相手には、よっぽどなことがない限り邪険にはしませんよ。

長い目で見て、粘り強く、これからの恋を楽しんでください!

【関連コラム】
女性が喜ぶ初デートから告白までの必勝パターン
科学的に証明! 恋愛が進展するデートプラン5つ
女性がキュンとする言葉を学べる少女漫画

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする