結婚目前で「専門学校へ行きたい」と言うパートナーとの向き合い方

【相談者:20代男性】
厳しい意見を聞きたいのでよろしくお願いします。交際中の彼女と、来年入籍しようと話がまとまり、両親への挨拶も済ませました。僕はIT系、彼女は同じ会社の事務職です。お互い20代半ばでの結婚なので、最近では少し早目の結婚だと思っています。収入は僕一人でも家計を支えられますが、残業あってのこと。入籍後も彼女にはパートでもいいから仕事をしてほしいなと思っています。早めの貯蓄をしたいからです。

でも彼女は、「早期退職をして専門学校に行きたい」と言い始めました。看護師みたいな働き口に困らない資格が取れる学校ならよいのですが、ただのメイクの学校です。趣味の延長としか思えません。学費は今までの貯蓄と奨学金を借りるというのですが、お金を借りた以上はその先も働いてもらわないと困ります。これから貯蓄しようと決めた矢先に、マイナスにする意味が分かりません。

僕はケチすぎますか? 理解がなさすぎですか?

a まずはみっちり話し合って。彼女の人生プランを聞きましょう。

厳しい意見を求められたので、白黒恋愛ジャッジしちゃいましょう。こんにちは、鈴木あいです。

婚約おめでとうございます。相談者様がきちんとライフプランを立てていらっしゃるのがよくわかります。将来の貯蓄を目標にすることは、ケチではありません。でも、彼女の進学に賛成できないんですね。ポイントは学費の元が取れるのか、というところでしょうか。通学中は今までのように就業できないでしょうから、世帯収入が減ることが不安なのですね。

メイクの専門学校が趣味の延長とおっしゃっていますが、進学先で何を得て、その先に何をしていきたいのかまで、話し合っていますか? 少し彼女との対話が不足しているように思います。

150414tamasaki

都内の昼通学制専門学校でかかる学費

まず学費の件ですが、都内の昼通学制の専門学校のデータを見てみましょうか。

あらゆるジャンルの総平均ですが、初年度納入金は約123万円。ここから雑費の有無、進級時の学費などを含めて、彼女の進学希望先の学費がいくらになるのか確認しましょう。

そして、進学先で得られる技能、民間資格などをどれだけ理解しているか、確認しましょう。専門学校に行きたいというのですから、そのあたりはリサーチ済みだと思いますよ。

メイク系の専門学校で得られる資格

参考までに、メイク・美容系の専門学校で得られる資格をご紹介しますね。

・美容師資格
・パーソナルカラリスト検定
・メイクアップ技術検定
・ネイリスト技能検定
・認定ボディエステティシャン
・きもの着付け免許

などなど、民間資格を含めればもっともっとあります。メイクと一言で言っても、純粋にメイクアップだけなのか、エステ系の技術なのか、ネイル込なのか、それはもう多種多様です。

進路も個人経営から販売員まで幅広い選択肢

メイク系の学校卒業後は、メイクアップアドバイザーとしてメーカーに就職をしたり、エステティシャンとして就業したり。中には、舞台や芸能系のメイクアップアーティストとして所属をする方もいて、幅広いです。ブライダル業界での活躍も見込めます。

独立開業を目指して進学する人も多いのですが、まずは見習いとして就業する人が大半でしょう。


なぜ彼女がこのタイミングで会社を辞めてまで専門学校に行きたいのか、長い目線でのプランをよーーーくヒアリングしてください。少し情報不足な気がします。

通学中の生活費についても2人の問題ですので、いくらを生活費に充てて、いくらを学費に充てられるのか。どれだけの奨学金を申請するべきなのか、きちんと話し合いましょう。これから家計が一緒になるというなら必須行動です。

メイク系の仕事をしてきた私ですが、彼女の気持ちの予測をひとつ。

メイクアップアドバイザーとして働きたいブランドがあったとしましょう。ブランドにはコンセプトがあります。雰囲気や素材はもちろん、マーケット上の対象年齢など、細かいこだわりがあるのです。

ブランド対象年齢が明らかなところへの就業をお望みの場合、20代半ばの焦りもあるのではないでしょうか。販売員も消費者に合わせた年齢層で雇用しているところが多いですので、時が過ぎると就業の機会を得ることが難しくなるんです。

最後にもう一度言いますね。ケチとかそういった問題ではなく、推測だけの自己完結。両者の話し合いが足りません。頭ごなしに反対してはいけません。働き続けるための勉強期間として彼女はとらえているかもしれません。働いてほしいというなら、手に職をつけることも視野に入れてはいかがでしょう。

【関連コラム】
カウンセラーも実践している“傾聴”のコツ4つ
ブランド志向な恋人の心理と付き合い方
「一人になりたい」と言って連絡を絶つ男性の本音4つ

●ライター/鈴木あい(恋愛白黒ジャッジ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする