嫁候補から除外! お家デートで男性がチェックする減点ポイント9つ

【相談者:20代女性】
付き合い始めたばかりの彼氏がいます。まだ私の家には呼んでいないのですが、彼を呼ぶときに、“意外と女子が見落としがちなポイント”があれば、男性目線で教えていただけるとうれしいです。

a 男性目線は減点方式。“無難”“清潔”から始め、徐々に“個性”と“素の生活感”でアピール。

ご質問ありがとうございます。放送作家の坂上小豆堂です。

僕の周りにいる男性たちに、実際に体験したことを聞いてみました。彼氏を呼ぶという方も、男友達を呼ぶという方も、いろいろと参考にしてみてください。基本的な意見から、細かい意見、勝手な意見……もあります。

150402sakagami

トイレの片づけ。大切なのは“男性の目線”

『トイレはきれいなのに、便座の裏が汚れていた』(20代男性)

これはありがちなことです。女性とは違い、男性の場合は便座を上げて“小”をします。その際、便座の裏側の汚れに気づくのです。自分の見えるところだけではなく、男性の目線で掃除しましょう。

『棚の上の衛生用品が丸見えでちょっと……』(10代男性)

よくトイレの上の棚などに女性の衛生用品を置いている人がいますが、立ちながら用を足す男性の目線に入る場合があります。男性が来るときは袋に入れるなど見えないように工夫しましょう。座って用を足す女性とは気づくポイントが違うのがトイレです。

住んでいる本人は気づかない“ニオイ”

『部屋全体が湿気くさいというか、カビ臭いニオイがした』(20代男性)

1人暮らしが続くと布団は敷きっぱなし、換気もせず……という場合もあるでしょう。住んでいる本人は慣れて気づかないことが多いので、布団乾燥機を使うなど、こまめに湿気対策をしましょう。

タオルの部屋干しも、同じようにニオイが残る場合があります。洗剤などを効果的に使いましょう。

『玄関、トイレ、ベッド……あらゆる場所にアロマ。甘い香りが苦手なので気分が悪くなった』(30代男性)

香りの好みは十人十色。特に男性によっては“無臭”を好む人もいます。アロマ系を使うなら、ほんのり香る程度にしておきましょう。香りに限らず、お家デートで失敗しないコツは“無難”です。

女性としての評価が“落ちる”? 見落としがちなポイント

『何となく炊飯器を開けたらカピカピの米がこびりついていた』(20代男性)

人間はわざとではなく、ふと何かを開ける場合があります(勝手に開けるな、という話ですが)。台所のシンク周りはきれいにしていても、炊飯器の中、レンジの中……、油断していてはいけません。

『クリアケースの中の下着が大量に見えていて、目のやり場に困った』(30代男性)

女性によっては、「それが何?」と思う人もいるかもしれません(意外と気にしない人も)。部屋干しの下着も同じです。男性によっては、「そこは隠しておいてくれ」と思う人もいるのです。

別にええやん? こんなところが気になる男性も……(番外編)

『タオルがボロボロで、デザインも何かわけがわからないやつ』(30代男性)

ボロボロなのが嫌なのはわかりますが、彼が言っているのは、「それなんのタオルやねん!」という色も柄も謎な、実家のタオルによくあるパターンです。生活感が出すぎていたり、女性の“素のセンス”が気になるのでしょう。男性が泊りに来る可能性があるのなら、無地の“無難”な新しいバスタオルに替えてもいいかもしれませんね。

『自分の趣味とは全く違うCDがずらりと置いてあった』(20代男性)

CDや本は、その人の趣味がわかりやすいものです。「私の趣味を否定する男はいらん!」という方もいるでしょうが、まだ彼氏になる前、付き合い始めなどは、見えないところに置いておくのもリスク回避手段のひとつです。フィギュアや特定のチームのスポーツグッズなど、趣味性の強いものも同様かもしれません。

『すいません。猫アレルギーなんです』(20代男性)

最近はペットOKなマンションも増え、犬や猫と住む女性も増えてきています。そんな女性にとっては残念な意見ですが、こまめに掃除をする、男性とペットの距離をとる、など気遣いを見せてあげましょう。

“無難”を目指しつつ、“個性”と“素の生活感”をどこまで出すか

基本的にお家デートで失敗しないコツは、“無難”です。男性目線でいうと、女性の部屋が素敵だからと言って、その女性への評価が急上昇することはありません。目的は“部屋”ではない場合が多いからです。

しかし、マイナス点に関しては、「彼女にしよう」「奥さんにしよう」という気持ちを萎えさせる要因になる可能性があります。

つまり、“無難”がそのマイナス点を作らない方法となるのですが、「私を知ってほしい」や「これいいでしょ」という“個性”をアピールしたい女心も大切ですし、男性が来るたびに“素の生活感”を隠しすぎると、とても疲れてしまいます(逆に素の生活感を好む、見たい、男性も多くいます)。

彼との距離感を考えつつ、“無難”“清潔”から入り、徐々に“個性”“生活感”を出す部屋にしていけばいいのではないでしょうか(めんどくさいことですけど)。

【関連コラム】
女の子らしい部屋のコーディネートに不要な家具5つ
初おうちデートで男性がドン引きした彼女の部屋5選
一人暮らし女性がペットを飼うと出会いをなくす2つの理由

●ライター/坂上小豆堂(放送作家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする