タタミが救世主? 室内で靴を履きたい外国人夫を説得する方法

【相談者:30代女性】
国際結婚歴4年です。子どもも生まれてくるので、この度、マイホームを建てることになったのですが、そのことで旦那と揉めまくっています。恥ずかしながら、原因は家の設計のことで、毎日のように喧嘩になっています。家の中でも靴を履いて過ごすことが普通の旦那にとって、家の中で靴を脱ぐ習慣がある日本の文化はさっぱり分からないようで、マイホームを建てるなら土足厳禁にしたい私の意見と、何のために土足厳禁にするんだという旦那と意見が食い違っています。

せっかくのマイホーム。床でゴロゴロ寝そべったりしたいし、どうにか彼を説得したいのですが、外国人の彼も説得できるような良い方法はないでしょうか?

a まずは日本の家のメリットを彼に教えてみて!

はじめまして。国際恋愛専門家のCocoです。

国際カップルによくあるトラブルですよね。マイホームでなくても、借りたアパートの部屋を土足にするか靴を脱ぐのかで揉めるカップルは結構多いのです。

家の中でも靴を履いて過ごすことが多い国で育った人は、家の中を土足厳禁にすることのメリットを分かっていない場合がよくあります。

日本の家では、玄関で靴を脱ぐ習慣があり、一体それはどんなメリットがあるのかを一度話してみるのはどうでしょうか。

150401coco

土足厳禁である日本の習慣のメリットとは?

たとえば、赤ちゃんが寝返りやハイハイを始めたころ、土足で踏み入れていない広いリビングだと、ちょっと掃除をするだけで清潔に保てます。そのため赤ちゃんが自由に寝返りの練習をしたり、ハイハイで動き回ることができます。あちこち舐めてしまう月齢になったときも、土足で踏み入れた床では不衛生すぎますが、それに比べて土足厳禁の床であれば安心です。

玄関で靴を脱ぐだけで、家の床を清潔に保てますので、その点は赤ちゃんにとっても、そしてお掃除をするお母さんにとっても大きなメリットですね。

「畳」はエキゾチックで魅力的!?

同じく、ご主人と揉めたことがある私の友人は「畳」で説得したと話していました。日本の素晴らしい文化のひとつでもある「畳」。それは、日本独特のもので、外国人にとってはとてもエキゾチックで魅力的に感じる人も多いようです。

友人のご主人も、畳を見せると大変気に入ってくれたそうで、夏は涼しく過ごせるところも気に入り、家の数か所に畳を取り入れたそうです。

また、ある国際カップルはアパートに住んでいて、基本的に家の中は土足だったそうです。奥様が自由に寛げる空間が欲しいとのことで、部屋の一角を土足厳禁にして、畳スペースを作ったそうです。元々、奥様が畳好きで畳を敷いたそうですが、カーペットなどで代用もできますね!

外国人に聞いた「畳」のメリットとは?

実際に畳を取り入れた外国人のご主人に、畳のメリットも聞いてみました。『一番気に入った点は、マットを敷かなくてもそのままゴロンと横になれるのが、疲れたときにはとても魅力的』だとか。また、ホームパーティーを開いたときに、椅子やソファの数を気にしなくても、そのまま床に座ってもらえるところも気に入ったそうです。

コーヒーをこぼしたりすると染みになりやすい点は少々デメリットではあるけれど、気になる程の染みがついてしまったときは一枚だけ取り換えられるので簡単だとおっしゃっていました。


文化や習慣も違う国際カップルにとっての家作りは、お互いが心地よい空間を作るためにお互いに譲り合うことがとても大切ですが、「畳」で説得できることもあるかもしれませんね! ぜひ一度、試してみてください!

【関連コラム】
100均グッズが人気? 外国人が喜ぶ日本のお土産5選
食の好みが合わない国際カップルの和解策3つ
ヨーロッパ人と結婚しても専業主婦になれない理由

●ライター/Coco(国際恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする