簡単バストUP! ふっくら美乳を作るブラジャーのつけ方3ポイント

【相談者:20代女性】
以前の『美しいバストに! ブラジャーの正しい選び方8つ』の記事を読んで、質問させていただきました! ブラジャーの選び方次第でバストが豊かになる、なんて驚きでした。デザインばかり重視していたので、しっかりと自分に合ったものを選ぶようにしたいと思います。そこで質問なのですが、“つけ方”にもポイントはありますか?

a 答えはYES! つけ方の工夫で美乳を育てましょう。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。記事をご覧いただいたなんて、嬉しいです! ありがとうございます。

キツいブラジャーではいつも胸を締めつけることになってしまいますし、大きすぎてはパカパカと動いてしまったり、支えが無いため垂れてしまったりすることも……。しっかりとフィットさせて、胸を守る&育てる機能を最大限に活かしてくださいね。

そこで今回は、リクエストにお答えして、フィットするブラジャーの効果をさらに高めるブラジャーのつけ方をご紹介します。

150327nao

極意は“リンパマッサージ&周りの脂肪を入れこむ”にあり

美容家の吉丸美枝子氏によると、美乳を育てるポイントは“周りの脂肪を揉んで胸へと流すことで、脂肪をやわらかくしてリンパの流れをスムーズにすること”。

そうすることにより、流れてしまった脂肪を胸に集めることができるだけでなく、老廃物が流れて詰まりがなくなり、女性ホルモンも分泌されてバストUP効果まで。ふっくらと弾力のあるバストを育てることができます。

実は、つけ方にもポイントが。周りに流れてしまった脂肪をバストの方へと流し、カップの中に入れこむことでシルエットも美しくなり、バストUP効果も加速。フィットするブラジャーに出会ったら、ぜひ実践してくださいね。

美乳に魅せるブラジャーのつけ方のポイント3つ

吉丸氏が様々なメディアで紹介されているブラジャーの正しいつけ方から、抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

(1)わきの下・背中の上部を揉んで脂肪をやわらかくすべし

ブラジャーを付けたら前屈みになって、わきの下と背中上部のお肉を揉み、リンパを流してサイドからカップの中へと入れこみましょう。たったこれだけでも、バストの外側のお肉がカップにしっかりと入り、キレイな谷間ができますよ。

(2)二の腕の脂肪は上から流す

サイドからの次は“上から”。姿勢をもとに戻したら、肩ひもを上げて手を入れ、二の腕のお肉を揉んでから下へと流しましょう。同じようにバストの上部もふっくらと盛り上げることができます。さらに谷間がキレイに!

(3)集まった脂肪をおさめて整える

最後に、キレイなバストのカタチをイメージしながら、あつまった脂肪をカップの中で整えます。アンダー部分が上がってしまっていると思うので、ブラジャーそのものの位置も整えて完成。


たったこれだけなら、毎回続けることができますよね。ぜひふっくら美しいバストをデザインしてくださいね。

【関連コラム】
美しいバストに! ブラジャーの正しい選び方8つ
男が選ぶ、初めての夜に着てほしい勝負下着BEST3

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする