ズボラ女子に朗報! 立っているだけで痩せる美容トレーニング法

【相談者:20代女性】
30代を目前に控え、胸やお腹の“たるみ”が気になってきました。なんだか最近はストレスで暴飲暴食しやすく、太りやすくなった気も……。ジムに通い始めたり、友人とランニングをしてみたりと、運動の習慣をつけようとはしているものの、どれもなかなか続きません。やはりスマートボディを維持するのって難しいのでしょうか……。ズボラな私でも続けられる美容法ってありますか?

a 誰でも必ず続けられる究極の美容法は○○!

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

相談者さんのお気持ち、本当によく分かります。筆者も忙しい時期は朝方まで仕事をしていることが多いため、寝不足やストレスに悩まされています。そんなときはついつい過食に走ってしまいがち。

女性は月経周期によって女性ホルモンのバランスも変化しますから、食欲の変化やむくみ、便秘などに振り回されて、気づけば体重計に乗るのが怖くなっている、なんてこともありますよね。

そんなめまぐるしい日々の中で時間を捻出して、美容を追い求めるのはかなり過酷。続かないのならば効果が出ないのも当たり前ですよね。美にこだわりを持ち、いつまでも美しさを保ち続けている女性たちは一体どんなふうに毎日の生活に美容を取り入れているのでしょうか?

実は、しっかりと結果を出している人ほど“無理をしない”“続けられる”“簡単な”方法で毎日しっかりと美を磨き続けているんです。

今回は60歳を超えてもなお美を保ち続けている、美容家の吉丸美枝子氏の著書『顔2分・体5分! フェロモン・ダイエット 生涯、美しくて幸福な人になる』から、日常生活を工夫してスラっとボディをデザインするコツをご紹介します。

150324nao

美しいボディラインをデザインするなら日常動作こそ美しく

吉丸氏が語る美を保つための秘訣は、『日常動作こそ美しく』。スタジオでの撮影時などに、「そんなに長く立っていてお疲れでしょう?」と声をかけられると、「大丈夫ですよ、お腹に力を入れて腹筋を鍛えるいいチャンスですから」と答えるのだそうです。

わざわざお金を払って1週間に1度ジムに通って、24時間のうちのたった1時間だけ運動をしても、他の長時間をダラダラと過ごしてしまってはなかなか引き締まらないのも当然。

でも、毎日の立っている、座っている時間をトレーニングタイムに変えてしまえば、時間やお金を割く必要もありません。お腹に力を入れて立っているだけでインナーマッスルを鍛えることができますし、座っている時間の全てを良い姿勢で過ごすことはかなりキツいトレーニング。

美しい姿勢やキレイな所作を心掛けるだけで、今すぐその場でキレイだと思われる美人に変身できちゃいます。今をよりよく見せることができる上に、その状態をキープするための筋肉も自然と鍛えられるなんてまさに一石二鳥ですよね。

立っているだけで痩せる! 究極の“立ち方”

立っているその時間を美しいボディラインをデザインする時間に変えてしまいましょう。吉丸氏がおすすめする立ち方は、その姿勢をキープするだけで、美しい姿勢やボディラインを維持するためのトレーニングになっちゃいます。

(1)両方のかかとをつけて足先は45度くらいに開く
(2)両方のお尻を寄せる気持ちでヒップを引き締める
(3)お腹をぐっと引き、恥骨を上向きにする(胃を上げるような気持ちで)
(4)胸をそのまま張り、肩の力を抜いて、腕を自然に下げる

美しい姿勢が美しいボディラインを創る

実際にやってみて、いかがですか? 美しい姿勢で立つのって、意外とキツいですよね。筆者はデスクワークが多いため、座っているときの姿勢にも気をつかっています。まっすぐ、筋肉を引き締めて良い姿勢を維持すれば、それだけでかなり疲れるトレーニング。

ぜひ、毎日の生活時間を“ちゃっかり美を育てる”トレーニングタイムに変えてくださいね。

【参考文献】
・『顔2分・体5分! フェロモン・ダイエット 生涯、美しくて幸福な人になる』吉丸美枝子・著

【関連コラム】
ローラに学ぶ! 誰からも愛される女性の魅力とは
外見に自信がない人でも美人に見える姿勢の作り方3つ
リバウンドなし! 代謝を上げるダイエット向き食品2つ

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする