ランキングに学ぶ“失恋から立ち直るのに最も効果的な方法”ベスト9

恋愛は相手があってこそ成立するもの。自分の気持ちがどんなに強くても、それに応えてくれる相手がいなければ、恋愛が成就することはありませんよね。また、どんなにラブラブだったカップルでも、どちらか一方の気持ちが冷めてしまったら、別れを避けるのは難しいものです。

そんな、恋愛につきものの“失恋”。程度の差こそあれ、多くの人が悲しみや辛さを経験するのではないでしょうか。中には、「このまま立ち直れないかもしれない……」と深く傷つき、心を病んでしまう人もいるでしょう。

そこで恋愛jpでは、失恋を経験したことがある読者のみなさんに、「失恋から立ち直るのに最も効果的だった方法は?」というアンケート調査を実施。今回は、その結果をランキング形式で発表したいと思います。

※アンケートの集計期間は2014年12月12日〜2014年12月15日の3日間。有効回答者数は455人です。

0311entame

「失恋から立ち直るのに最も効果的だった方法は?」

第1位:新しい恋を見つける

38%(174人)の人が、「新しい恋を見つける」と回答。

失恋の傷は新しい恋が癒してくれるというのは、よく言われることですが、実際に多くの人がそれを実感しているようです。ただし、「早く次の恋をしなきゃ!」と焦るのは危険。焦ることによって、ろくでもない相手に引っかかってしまい、より傷口が広がってしまうことも。

新しい恋は慎重に、かつ恐れすぎずに見つけるようにしましょう(それがなかなか難しいんですよね)。

第2位:友達に話を聞いてもらう

17%(79人)の人が、「友達に話を聞いてもらう」と回答。

特に女性は、悩みや不安などを普段から人に話すことによってストレスを解消している節があるので、効果は大きいと思います。アドバイスをもらうわけでなく、ただ失恋の痛みに共感してもらうだけでも、だいぶスッキリするのではないでしょうか。

第3位:仕事・学業に打ち込む

10%(45人)の人が、「仕事・学業に打ち込む」と回答。

これは一番理想的な対処法と言えそうです。今まで恋愛に向いていたベクトルを仕事や学業に向けることで、もしかしたら大きな成果があがるかもしれませんし、今まで気がつかなかった楽しさを見つけられるかもしれません。また、とりあえずでも、何かに集中して取り組むことで、失恋の悲しみを忘れられるのではないでしょうか。

第4位:ひたすら泣く

10%(44人)の人が、「ひたすら泣く」と回答。

思いっきり泣くことでストレスが解消できるというのはよく知られていること。涙を流すことによって、脳がリラックスした状態になるという研究結果も出ているそうですよ。悲しいときは感情に逆らわず、素直に思いっきり泣いた方がよさそうです。

第5位:ずっと好きでいる

8%(36人)の人が、「ずっと好きでいる」と回答。

無理に忘れようとしてもストレスになるだけ。だったら気が済むまで好きでいればいい、ということですね。確かに、それも有効な手段かもしれません。


なお、6位〜9位は下記となっています。

・6位……失恋ソングを聴く/8%(35人)
・7位……その他/4%(16人)
・8位……パーティーや飲み会で盛り上がる/3%(14人)
・9位……思い出の品を全部捨てる/2%(12人)

今、失恋によって深く傷ついている方も、このアンケート結果を参考に、自分に合った立ち直り方を試してみてはいかがでしょうか。

いつまでも絶望が続くわけではありません。心のもち方ひとつで未来は変わるものです。すぐには無理かもしれませんが、失恋したことによって成長できた、失恋によってもっといい人との出会いのチャンスができたと心を切り替え、前に進んでいきましょう!

【参考リンク】
【アンケート結果】失恋から立ち直るのに最も効果的だった方法は?

(文/恋愛jp編集部・渡邉)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする