言動がイタすぎる! 男がつい見栄を張ってしまうワケと対処法

【相談者:20代女性】
こんにちは。先日、お寿司屋でデートした男なのですが、ぞっとしてしまいました。「よく行く寿司屋の大将から、いいネタが入ると直々に連絡が来るから、今日行ってあげようと思うんだけど、どう?」と誘われました。「直々なんてすごいですね」と言うと、「よく行ってるからね」との答え。すごいなあ、と思ってノコノコ付いて行ったら、なんと連絡が来るというのは、お店のメルマガのことでした……。

トイレに、「登録してくれた方には、お店からの仕入れネタ情報が貰えるよ!」という張り紙が……。常連ぶったイタい発言にぞっとしました。彼の行動の意味がわかりません。

a 男は見栄を張りたい生き物。いい顔をしたかったのかも。

いやあ、笑いました。ご相談ありがとうございます。コラムニストの玉恵です。

なんというか、第三者として話を聞いている分には、とても面白いしかわいいです。まあ、実際に連れて行かれたほうは、たまったものじゃありませんよね。ぞっとするのも仕方ないかな。

しかし、イタい男性ですね。気づかないと思っているのでしょうかね。彼はただ見栄を張りたかっただけなのかもしれません。とにかく、あなたに多少なりとも気があるのは確か。じゃなければ、よほどの見栄っ張りか、はたまた妄想の自分に酔っているとしか思えませんから。

150312tamae

男は見栄を張りたい生き物です

あなたにとっては不可解なその男性の行動ですが、そんなに不思議な行動ではありません。男の人は、素敵な女性の前ではかっこつけたい生き物です。あなたに良いところを見せようとして、寿司屋の常連ぶったのかもしれません。

ちょっとイタい男性陣に話を聞いてみましょう。

まず、エンジニアの彼女いない歴=年齢のAさんは、一度お目当ての女性と会社の飲み会で隣になったとき、じつは芸術肌を演出してしまったそうです。一度陶芸教室に通っただけなのに、実は個展もやっていると大見栄を張ってしまったそう。結局、嘘がバレて呆れられた顔を見てからは、話しかけることもできなくなったそうですが……。

そして、イケメン営業のBさんは、モテモテな男性です。そんな彼でさえ、彼女と付き合いたてのとき、接待で良く行っていたおしゃれなバーに彼女を連れて行った際、見栄を張ってしまったそう。接待で行っているのに、一人でふらりと来て酒を片手に小説を読んでいる、という設定にしてもらったそう。営業でおしゃべりな印象とのギャップを見せたかったそうです。付き合っているのに必要だったのかは定かではありませんが、いいところを見せたいという気持ちは伝わりました。

つい口が滑ったのかもしれません、流してあげて

男性は、女性と違って単純な生き物です。ただ、あなたに「すごい」「かっこいい」と思われたかったのでしょう。何でも「すごい」「素敵」と言っている、女が嫌いないわゆる“バカな女子”は、実はバカではありません。そのほうが、愛されることを本能か計算かで知っているのです。

その男性も、ただ単純にあなたに「すごーい!!」と誉められたかっただけだと思いますよ。確かにイタい男です。しかし、あなたが気持ち悪いと感じるのなら、もう会わなければいいだけのこと。そんなにカリカリしないで、流してあげて。こっちが大人になってあげましょう。

【関連コラム】
残念な“俺様男”を見極めるポイント4つ
好きになるとアブない“サイコパスな人”の特徴20個
気になる男性が“だめんず”なのかチェックする方法

●ライター/玉恵(ダメンズ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする