うっかり加害者に!? セクハラにあたる言動のまとめ

性的な嫌がらせを意味する「セクシャルハラスメント」、略して「セクハラ」。体にタッチするなどの行為だけでなく、言葉や視覚によるものなど、さまざまなセクハラが存在します。また、被害者は女性だけとも限りません。誰がいつ加害者になってもおかしくないんです。そこで、どんな場合がセクハラにあたり、どんな場合だとセクハラにあたらないのか、まとめてみました。

(作成:恋愛jp編集部・渡邉)


好意を伝えるためのボディタッチはNG!

150108higashino

NG事項は2つ“ボディタッチ”と“女性の区別”

“ボディタッチ”は、女性が嫌がるリスクが高い! セクハラは相手が「嫌だ」と思ったらアウト。

ボディタッチの感じ方にはかなり個人差があります。初対面の相手と握手やハグをする事に抵抗の無い女性もいますが、ちょっと肩が触れるだけでも怪訝な顔をする女性もいます。

また、ボディタッチは周りで見ている人もいます。本人にやましい気持ちは無くても、嫉妬したお局様から、「あれはセクハラじゃないの?」なんてやっかみが飛んでくる可能性もあります。

触らぬ神に祟りなしではありませんが、触らぬ女性にセクハラなしです。触るのは付き合ってからいくらでも出来ますから、ここじゃ我慢のしどころですよ。

“女性の区別”はしてはいけません。あ、でも差別はありです。好きな子と普通の子なら、扱いには差をつけましょう。相手の女性は喜びます。

しかし、区別はいけません。だって、勝負すら出来ない同じ土俵にすら立てない女性は可愛そうです。自分がされたら嫌ですね、やめましょう。

出典:セクハラにならない“女性扱い”の適切な境界線とは

ボディタッチは好きな相手からでない場合、高確率で女性に嫌がられます。上司が挨拶代わりに背中をポンッと叩くのも、セクハラだと認識される可能性があるので、注意しましょう。まさに、触らぬ神に祟りなし=触らぬ女性にセクハラなし、ですね。

上司からプライベートなメールが送られてくる場合は、内容の確認を!

141218chihiro

セクハラにあたる?

多くの人が携帯電話を持つようになり、メールやLINE等、気軽な連絡手段も増えてきました。会社の人とLINEで連絡をとって、休日にも上司から緊急の連絡が来たり、なんてこともあるでしょう。しかし、上司から休日に業務に関係ないメールが来たとしても、それだけでセクハラにあたるわけではありません。

セクハラというのは、相手の意思に反し、人格権を侵害するような性的な言動をいいます。「休日は何してるの?」「ご飯でも食べない?」という内容のメッセージが数回来たというだけであれば、あなたの人格権を侵害しているとまでは言えないので、セクハラにもあたりません。

上司が性的な内容のメッセージを送ってきたり、きっぱり断っているにも関わらず、執拗に誘われる等の事情があって、仕事に差障るのであれば、会社に相談した方がよいでしょう。

出典:セクハラや残業になる? 休日に上司から送られてくるプライベートなメールへの対応方法

上司からプライベートな内容のメールやLINEが来たからといって、それが即セクハラにあたるとは言えないようです。ただし、セクハラにあたらない内容だったとしても、不快な内容であれば会社に相談しましょう。一人で抱えてもストレスになるだけです。

“壁ドン”もセクハラだと言う声も……

141121nino

“壁ドン”は「怖い」「セクハラ」という声も

漫画や映画などの影響で、何かと話題になっている“壁ドン”ですが、実際には胸キュンするどころか、嫌いな人がいるのも事実です。

20~30代の女性に取材したところ、“壁ドン”に対して、「好きな人やイケメンにやられたら嬉しい」という意見がある一方、

『威圧的で怖い』(24歳女性)
『これが許されるのは漫画の中だけ。実際にやられたら、キモいし怖い』(20歳女性)
『怖すぎ。なんでこんなに流行っているのか分からない』(27歳女性)

など、否定的な意見が圧倒的に多かったです。

また、『流行っているからって、壁ドンしてくる人はただのセクハラ』(25歳女性)など、“壁ドン”は女性に不快感を与えるだけでなく、セクハラの危険性も孕んでいるので要注意。

出典:胸キュンはデマ!? “壁ドン”に対する女子の本音

壁ドンで胸キュンなんて、漫画の中だけのお話のようですね……。男性のみなさん、くれぐれも現実世界で自ら壁ドンすることは避けましょう。

職場での立場を利用したアプローチはNG!

150223chiorinu

立場を利用したアプローチや関係の強要はNG

さて、あなたは「気になった相手からセクハラで訴えられた」と仰っていますが、これは由々しき問題です。あなたの年齢であれば、職場内で一定の地位や権力を持っていたのではないでしょうか。もしもそういった立場を利用したセクハラを行っていたとすると、それはセクハラのみならず、パワハラでもあります。

近年、職場でのセクハラ・パワハラは厳しく断罪される傾向にあります。職を失ってしまったとのことですので、そのことについてはご自身で痛感されていることでしょう。今後、重々注意が必要です。

出典:職場恋愛を繰り返す人の心理を専門家が分析!

職場での自分の立場を利用したアプローチは、セクハラだけでなくモラハラにもあたるとのこと。訴えられてからでは遅いです。正々堂々と、対等な立場でアプローチすることが大切ですね。

「彼女いるの?」という質問も人によってはセクハラになる!?

150219tamasaki

公私の線引きの度合いはそれぞれ

職場は職場。恋愛を含め、私生活の情報は一切出さない人って、意外と多いと感じませんか?

学校は学校、オフはオフ。アルバイトはアルバイト。こんな風にコミュニティの棲み分けをしている人に、私生活について聞き出すのはNGです。

それは本人が宣言してくれなければわからないことですが、今回は異性であること、上司であるという条件が重なり、拒絶反応をしめされたのではないかと思います。

また、「セクハラに該当します」という警告に対しては、相談者様の認識通りです。身体的接触以外にも、以下の状況がセクハラと考えられています。

(1)職位を利用して相手に不利益を与える……「交際に応じなければ減俸する」など。
(2)見せつける……猥褻な画像や動画を見せつける。局部を見せつける。
(3)性的な行為、思想についての発言、交際歴についての詮索。

このような環境にいることで、対象者が就業中に苦痛を感じた場合、無意識にも加害者になってしまいます。

出典:「彼女いるの?」も危険! セクハラにあたる言動3つ

交際に関する質問は、人によって不快だと感じることも。仲を深めよう、場の雰囲気を和ませようとしての質問であっても、相手の受け止め方次第でセクハラになってしまいます。


うっかり言ってしまった一言や、うっかりやってしまった行動がセクハラにあたることもあります。セクハラかどうかの線引きは時にややこしいこともありますが、“うっかり”を防ぐためにも、日頃からセクハラに対する意識を持っていることが大切なのではないでしょうか。

みなさんも、お気をつけくださいね!

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする