言葉より見た目!? 内気でも女性の心を掴めるコミュニケーション術

【相談者:20代男性】
どちらかというと内気な方です。でも、彼女が欲しくて最近、合コンにも参加するようにしているのですが、女の子と話が続きません。どんな会話をしたらいいか教えてください。

a 会話の内容より心を動かす『ノンバーバルコミュニケーション』を。

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

コミュニケーションが苦手な人は会話の話題を気にしがちですが、心理学の分析で、会話の内容より、表情や姿勢といった言葉以外の部分の印象が強いことが分かっています。

コミュニケーションの中でも、言語の部分を『バーバル』といい、表情や視線、視線や身だしなみといった言語以外の部分を『ノンバーバル』といいます。ノンバーバルは、実際に会って会話するときにはとても重要になってくるので、今回はノンバーバルからコミュニケーションを考えていきたいと思います。

150305sayuri

意外! 会話の印象で言葉の内容が占める割合は7%!?

メールやLINEでのコミュニケーションでは、使う言葉でしか会話の印象がつかめませんが、実際に会って話をする場合は、言語部分での印象が想像以上に少ないことが心理学者のアルバート・メラビアン博士の測定によって分かっています。

アルバート・メラビアン博士の測定によると、話し手が聞き手に与える影響の要素として一番大きかったのが、身だしなみ、見た目、しぐさ、視線などの視覚情報で、55%と半分以上を占めています。次いで、声の大きさや高低、話すテンポといった聴覚情報で、これが38%。バーバルの部分の言語情報はわずか7%という結果だったのです。

ノンバーバルを上手く使ってみましょう

ご相談文でも、「内気で」とありましたが、コミュニケーションが苦手な人に多く見られるのが、すぐうつむいてしまうこと。これは、“元気がない”とか暗い印象を相手に与えてしまいます。

「相手の目を見るのが苦手」と言われる人も多いですが、真っ直ぐ瞳を見つめてしまうと、かえって威圧感や不快感を与えかねないので、眉間を見るのがいいでしょう。さらに、脳科学的には、感情的な楽しい話などのときは右目を、理論的な話をするのであれば左目を見るといいと言われています。

また、自分に自信のない場合に腕を組むしぐさをしてしまいがちですが、これは相手に拒絶感を与えてしまう可能性があるので、注意が必要ですね。

会話を続けたいときは語尾に注意

会話の中で語尾が下がると暗い印象を持たれやすく、話が続かなくなってしまいます。同じ、「そうなんだ」という相槌をうっても、語尾が上がっていれば相手は、「それでね」と話を続けやすいのですが、語尾が下がっていると相手は、「自分の話がつまらないのかな」という印象を持ちやすくなってしまうので、会話の中ではできるだけ語尾を上げるよう意識するといいでしょう。


ここでいう“見た目”とは美醜ではなく、清潔感があるとか、表情が明るいといった雰囲気的なものなので、誤解のないよう自信を持ってコミュニケーションを楽しんでくださいね。

【関連コラム】
人に好かれる接し方とは? 政治家に学ぶコミュニケーション技術
明石家さんまに学ぶ! 飲み会で女性の心をグッとつかむトーク術
女が好むコミュニケーション上手な男の特徴3つ

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする