ハードルが高い? シングルマザーとの恋愛に対する男性陣の本音

【相談者:20代女性】
相談します。私はバツイチのシングルマザーです。前の旦那と別れてもう1年以上になりますが、特に恋愛するとかしないとか気にしていませんでした。最近、元カレ(元旦那とは別の人)から、「ヨリを戻したい」と言われました。断ったら彼に、「シングルマザーなんてただでさえ恋愛しにくいのに、なんで?」と言われました。

誰か良い縁があればいずれはと思っていましたが、そんな風に思われているのかと思うと、急に不安になってしまいました。シングルマザーって本当に世間ではそう見られているのでしょうか?

a 本当のアナタだけを見てくれる人を見極めましょう。不安になる必要はありません!

ご相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

なんてひどいことを言う彼なんでしょうね。断られたからか、負け犬の遠吠えのように聞こえます。まずは同じ女性として、すごく嫌な印象を受けました。しかし、直接相手に言わないにしても、心に思っている人は少なからず存在すると思います。

今回は、男性に意見を取材してきましたよ。

150305chihiro

気になる派の意見

『やっぱりどうして別れたのかとか、気になります』(20代男性/大学生)
『前の男の子どもを愛せるか不安。そのときは良くても自身がない』(30代男性/営業)
『バツイチならわかるけど、子どもは受け入れられないかも』(30代男性/広告代理店)
『付き合ったらすぐ結婚を迫られそうで、まだ結婚とか考えていない自分からすると少し引いちゃう』(20代男性/飲食店)

気になる派というか、完全に無理という意見もありましたね。中でも結婚は許せても、子どもはまた別だという意見も多くありました。これは女性でも多くあがる意見ではないでしょうか?

相談者さんは、次に付き合うとしたらやはり子どものために結婚も視野に入れて考えると思いますか? そうであれば、まだまだ結婚も考えてない男性からすると、ちょっと怖く見えちゃうかもしれないですね。もちろん母親ですから、子どものことも含めて恋愛というものを考えたほうがいいでしょう。そうであれば、まず気にならない人を絶対条件にしましょう。

気にならない派の意見

『色々な経験をして、今のその人がある。その上で好きになったなら、それはそれでいい』(30代男性/公務員)
『子どもも含めてその人の人生だし、その人だと思う』(20代男性/商社)
『もう過去のことなら、気にしないし気にしてほしくない』(30代男性/不動産)
『気にするのは周りのことであって、自分自身は気にならない』(30代男性/飲食店)

気にならない派を取材してみると、子どもも含めてその人自身だと言ってくれる意見が多かったです。その中でも、「“今”でなければ好きになっていなかったかもしれない」という意見が気になりました。

結果論かもしれませんが、離婚して1人で子育てをし、その経験が築き上げた魅力が相談者さんにあるかもしれません。取材した彼らの意見としては、その魅力が過去の経験からくるものであれば、何も気にしないということでした。

世間には、本人同士が良しとしていても良く思わない人もいるでしょう(特に身内の人)。しかし、それでも受け入れられるように努力すればいいだけです。それは、2人の付き合い方次第ですよね。


いかがでしたか?

2極化した意見を並べてみると、今後の行動がしやすくなるのではないでしょうか? わざわざ気になる派の人を好きになって、その人との恋愛に頭を悩ませるよりは、気にならない派を最初で見極めることが大事ですね。最初だけ気にしないフリをする男性もいますので、そこは注意しましょう。

そこで、見極めるポイントは、下の兄弟がいるか。姪っ子や甥っ子がいるならなおOKですね。最も重要なことは、“結婚したがっている”男性かということです。

今回の相談内容にお答えするならば、世間には“気にする派”と“気にならない派”が同じだけいて、気にする派はそれを面と向かって言わないということでしょうか。わかりにくいかもしれませんが、裏を返せば気にならない派はわかりやすく存在するということです。

とりあえず、その元カレのことなんか気にしないで、もっと素敵な男性と出会えることを願っています♪

【関連コラム】
シングルマザーに“子供の存在”を打ち明けられた男性の本音3つ
シングルマザーと結婚するなら考えるべき項目2つ
バツイチ女性がなる早で再婚する方法3つ

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする