怒ると逆効果! 恋人に直してほしい癖を上手に伝えるコツ3つ

【相談者:20代女性】
彼氏に直してもらいたい癖や行動なんかがあったときに、それを伝えるとどうしても喧嘩になってしまうことが多いです。どうやって伝えれば良いのでしょうか?

a 恋人を上手にたしなめる3つの方法。

こんにちは。ポジティブ恋愛専門家のチオリーヌです。ご相談ありがとうございます。

どうしても直してもらいたい癖や行動を注意する場合って、文句っぽい口調になってしまうために、喧嘩に発展してしまうこともありますよね。

最初に覚えておいてもらいたいのは、そういった癖や行動に、本人は悪気がないということです。悪気なくやっていることに対して、いきなりぶつぶつ文句を言われると、相手はカチンときてしまうもの。それはあなたが言われた場合にも同じことが起こるはず。

そこで今回は、恋人を上手にたしなめることができた成功例を取材してみたのでご紹介していきます。

150303chiorinu

(1)何か他のことを褒めてから注意する

注意したいことはとりあえず置いておいて、他に彼に対して褒めることができる部分を探してみましょう。そして、まずはその褒めるべき点を力いっぱい褒めてあげてください。それから直してほしい点について、「ここをこうしてくれればもっと嬉しいんだけどなあ」と伝えましょう。

(2)「それをされると悲しい」と伝える

注意したい点が、たとえば、度重なる遅刻だったり、メールや電話の返信がなかったりなどといったことであれば、「それをされると悲しい気分になる」ということをアピールしましょう。「怒っている」ではなく、「悲しい気分になる」と言われると、相手は悪いことをしてしまったという気持ちになるものです。

(3)過去を振り返らず未来に期待している姿勢を見せる

何度も何度も注意しても直らないことってありますよね。そんなときにも、「何度も言ってるでしょ!」「見損なったわ」なんてキツイ言葉を投げかけるのではなく、「よーし! じゃあこれが最後のお願いね! 期待してるよ!」と伝えてみてください。そうすると、相手はこれが優しい言い方の『最終警告』であることに気付くはずです。

きつく怒られると反発心が生まれるので、あえて過去のことは水に流して、「あなたはできるはずだから期待している」と伝えるんです。


いかがでしたか?

こんな風にたしなめれば、きっと彼も素直にあなたの注意を聞き入れてくれるはずですよ。ぜひトライしてみてくださいね。

【関連コラム】
彼氏の愛情表現がわからない……男女間の愛情の伝え方の違い
愛される伝え方~メールが来ない時の対処法~
恋人へ上手に怒りを伝える“Iメッセージ”の使い方

●ライター/チオリーヌ(ポジティブ恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする