東洋医学で判明! 怒りっぽい性格の人ほど足が太くなるワケ

【相談者:20代女性】
太ももがガッチリ太いのがコンプレックスです。リンパマッサージやストレッチを取り入れていますが、何をやっても効果がありません。ミニスカートを着て可愛らしくなりたいのに、筋肉のせいで強そうにしか見えません……。どうすれば足が細くなるのですか?

a 方法ではなく、“性格”が太ももを太くしている可能性アリ。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

実は筆者も太ももコンプレックス。昔からスポーツができた反面、しっかりと筋肉がついて華奢な印象を与えられず、服選びはかなり手こずります。手足が短いというのもクセモノで、人一倍足を細くする方法は研究してきたと思います。

相談者さんは、筋肉がこわばって足が“硬く”ありませんか? 実は硬いままではなかなか細くしなやかにはなりません。筆者は足を細くしたい一心で東洋医学を学び、リンパケアセラピストの資格を取得しましたが、体内の循環が滞ってしまうことや体がガチガチに固まってスムーズに動かないことが「太い」「痩せない」「しなやかでない」原因だと分かりました。

実は筋肉が硬くなってしまう原因は「性格」にある場合も多いんです。

150303nao

太ももが太い人は「怒りっぽい」!?

東洋医学では、肝臓と胆のうは“怒り”を司り、怒りの影響を受けやすい臓器だと考えられています。エステティシャンのHanaeさんによると、『怒りを溜め込むと肝臓からつながる太ももの内側や、胆のうからつながる太ももの外側の経路が詰まり、太ももに不調が表れてしまう』のだそうです。

緊張したり、力を入れたりすると筋肉がキュッと収縮しますよね。そんな状態が長時間続けば体内の循環が滞るのも当たり前。1日中気を張っていたり、イライラしていることが多かったり、不安を抱えていたりしませんか? 緊張している時間が長ければ長いほど筋肉が緊張してガチガチになり、体内の循環が滞って老廃物を流せない状況をつくってしまいます。

筆者は負けず嫌いで仕事でもプライベートでもかなり頑張ってしまうタイプ。何かができないと自分にイライラしてしまうことが多かったことに気づきました。リンパマッサージを取り入れているとおっしゃっていましたが、マッサージを受けているときはほっこりと安らいだ気持ちになり、自然と筋肉も緩んで体内の循環がスムーズになったように感じますよね。

実はその“緩む”時間が大切。心を意識して緩めることで、自然と体も緩み、柔らかくスマートになりやすい体質を育てることが可能です。

毎日ほっこりリラックスする時間を取り入れて

リンパマッサージを自分で行う場合、「どうしてこんなに太いの?」「早く細くなってよ!」という気持ちで行なったり、義務感で続けていればなかなか効果が現れません。マッサージでは、しっかりと気持ち良さを感じて癒され、心を緩めることが重要。取り組み方次第では、マッサージでも足やせ効果を発揮させることができると思いますよ。

自分のことを嫌いになったりコンプレックスを感じ過ぎずに、心地よいことを実践して癒されながら自分磨きを行うことで、その効果をUPさせることが可能です。今日からは運動やマッサージなどの足細エクササイズを楽しんで、体が緩むのを感じながら行ってみてくださいね。

【参考文献】
・『怒りっぽい人は脚が太い 〜経路マッサージで肥満とイライラを一度に解消!〜』Hanae・著

【関連コラム】
足のむくみを改善して美脚になる方法3つ
アラサー女性が若さを保つための生活習慣4つ
20代からやらないと必ず後悔するスキンケアとは

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする