ポッコリお腹を撃退! 6割の女性が悩む生理前の便秘を防ぐ方法3つ

【相談者:20代女性】
生理前になると必ず便秘になります。ただでさえ頭痛やむくみが辛いのに、お腹までポッコリしてしまい、最悪です。ポッコリお腹を隠しきれず、会社に行くことも嫌になってしまいます。なんとか便秘だけでも解消してスッキリ見せる方法はありませんか?

a 女性は便秘になりやすい生き物。日頃の生活の工夫が必要。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

生理前って便秘になりがちですよね。筆者も生理の2週間前ほどからポッコリお腹や重くてダルい体の症状に悩まされますが、実は女性は便秘になりやすい生き物だってご存知でしたか? 女性は男性と比べて腹筋が弱く、生理前のホルモンバランスの変化で便秘になりやすいと言われています。

『武田薬品工業株式会社』が便秘に悩む20代~30代女性を対象に行った「便秘に関する調査」では、64%もの女性が「生理前に便秘になることがある」と回答しているほど。だからといって、ポッコリお腹や辛くて不快な思いは放っておけませんよね。見た目にも影響してしまいますし、かなり死活問題。

便秘になりやすい体質だからこそ、日頃の生活習慣を工夫することが大切です。そこで今回は、少しでも便秘の症状を改善するための生活のコツを3つご紹介します。

150218nao

便秘を防ぐ生活のコツ3つ

(1)繊維質の多い食材を食べる

野菜や豆類、海藻、きのこなどは食物繊維が豊富。繊維質の多い食材は老廃物をからめとって排出させる働きがあります。今の時期は体の冷えによる働きの低下も考えられますので、繊維質が多い上に体を温める効果もあるゴボウや大根などの根菜類がおすすめですよ。

(2)朝はコップ1杯の“水”でスタート

体内リズムでは、朝は“排泄”の時間。朝起きたらコップ1杯の水を飲むことで腸が刺激され、排便が促されます。便の水分が不足すると硬くなり便秘の原因になりますから、朝だけでなく小まめに水分補給をすることも重要。1日にコップ7~8杯ほどの水分を取るようにしましょう。

(3)良質な油を摂取する

「ダイエットしなくちゃ!」と脂質を控えていませんか? 脂質には腸粘膜を刺激して便の滑りを良くする働きがあるため、スムーズな老廃物の排出に欠かせない栄養素。便秘改善には、適度な脂質の摂取も必要です。

毎月やってくる便秘は、毎日の工夫で解消させる

生理前の不快な症状を完全に無くすことは難しいですが、心がけ次第で症状を少なくしたり、和らげたりすることが可能です。こわばった腸を指で揉みほぐす腸マッサージや乳製品、醗酵食品を食べて腸内細菌のバランスを整えることも有効です。

ライフスタイルや体質にあった便秘解消法を見つけてくださいね。

【関連コラム】
ツラい“月経前症候群”への対策2つ
便秘によるお腹の張りを解消する食べ物3つ
美容と健康を守ってくれる“腸”の機能3つ

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする