約○%は“でき婚”!? 素直に祝えない友人の結婚式に出席するべきか

【相談者:20代女性】
中学時代の友人が授かり婚をするとFacebookで発表! へー、そうなんだーで済んだ話なんですけど、もう10年以上直接会ったりメールもしていない私に、披露宴の招待状が届きました。正直ご祝儀出すほどの仲ではないし、未婚の私が言うと僻みみたいに聞こえるかもしれませんが、授かり婚に良いイメージがありません……それでも行くべきでしょうか。

a 素直にお祝いできそうにないなら、欠席しましょう。

こんにちは、白黒つけたいお悩みにお答えすべく、ライターの鈴木あいが回答いたします。

相談者様は、授かり婚にいいイメージがないとおっしゃっていますので、ご自身の夢や目標をきちんととらえているタイプなのでしょう。ライフプランニングは自己成長のためにも重要ですものね。

堅実であることは素晴らしいことだと思いますが、授かり婚が後々よい結果になったというカップルもたくさんいます。そういうきっかけもあるのだと割り切って見守ってあげてください。スタートの形は当人同士の問題ですから。

それにですね、こんなデータがあるのです。

150216tamsaki

全体の約26%が授かり婚

厚生労働省の統計で、『「妊娠期間よりも結婚期間のほうが短い出生」の割合が全体の26.7%』と示されています。思っていた以上の数字にビックリされる方も多いでしょう。わたしも正直、驚きました。しかし、今後もこうしたケースは増えるでしょうね。

相談者様がすっきりしないのは、授かり婚だから行きたくないのではなく、“今まで疎遠だった友人からの招待”に納得がいかないからなのではないでしょうか。現在も親交のある友人からの招待だった場合も同じ気持ちでしょうか。もしかしたら、これを機にまた仲良くなりたいと相手は思っているのかもしれません。

いずれにしても、出席してもお祝いする気持ちになれない。ましてや、ご祝儀すら出したくないなと思う相手なら欠席したほうがお互いのためです。大人のお付き合いですから、別の形でのお祝いは必要になるかと思いますけど。

人間ですから、素直に「おめでとう」と言えない相手がいたっておかしくはありません。ただ、態度に出してはいけません。スマートにこなしましょう。


大きな声では言えませんが、会社のお付き合いやあまり付き合いのない親戚の式……出たい式ばかりではないので、大人の振る舞いも大切です。

【参考リンク】
平成17年度 出生に関する統計の概況 | 厚生労働省

●ライター/鈴木あい(恋愛白黒ジャッジ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする