スニーカーはNG!? アラサー女が「老けたな」と思われる外見ポイント

【相談者:30代女性】
私は今年、32歳になります。初対面の男性には実際の年齢より若く見られることが多いのですが、そろそろアンチエイジングが気になります。「この人、老けたな」と思われる外見のポイントと対処法を教えてください。

a 「老けたな」と思われる外見のポイントは女の“シルエット”と“足元”。

ご相談ありがとうございます。“恋愛言語専門家”東野まどかです。

アラサーになると、多少なりとも体型が変化してきます。体重に変化はなくとも、バストやヒップのハリが20代のムチムチなころと違うのは、ご自分でも分かりますよね。そのため、20代向けにデザインされた服を着ても、変なところにシワやたるみが出てしまい、微妙に似合わなくなってきます。

同じような服でも、30代の体型を意識しデザインされた服があります。見た目は同じでも、縫製や型に工夫がしてあり、服を着たときのシルエットが変わります。年齢を重ねた女性ならではの美しさを引き出してくれますよ。若いころと同じ店ばかりで買い物をせずに、“今”の自分に似合った服を探してみましょう。

150206higashino

見た目より実益を優先させた靴に“おばちゃん”を感じる

『「惜しいな」と思うのは、メイクやネイルにはお金かけているのに、足元を見るとスニーカーやぺたんこブーツの女性。「寒いから」とか「歩きにくいから」とか理由はわかりますが、見た目より実益を優先させる態度が、「老けたな」と感じさせます。女性なら、頑張っていくつになってもハイヒールを履いてほしいです』(30代男性/美容師)

『新年会にスニーカーで来たアラサーの先輩。そりゃ出会いも何も期待していないのはわかっているけれど、“おばちゃん”じゃないんだから、もう少し綺麗な靴で来て欲しかった』(20代男性/書店店員)

アラサーともなれば、世間から見れば“いいオトナ”です。「歩きにくい」とか「面倒くさい」とか言わずに、綺麗なパンプスやハイヒールで歩く練習をしましょう。女性らしさを失わないということが大事です。

年齢を重ねても“変わらない”ために“変わり”続けることが大切

「若い子に負けないように」といって、むやみに流行を追いかけて無理に若い世代と同じ格好をする必要はありません。むしろ、大人の余裕を持って、常に女性らしさを失わずに、“今”の自分に一番似合うスタイルを探していくことが大切です。

「あの人は、いつも若々しくて変わらないね」と言われる人は、“変わらない”ために常に変化をしているのです。これからも、もっと素敵な女性になってくださいね♪

【関連コラム】
野菜や果物は皮ごと! 肌の老化を招く“酸化”のNG習慣と対処法3つ
ヨーロッパの女性がいつまでも若々しい理由3つ
年下男性が30代女性に対して“ドン引きする行動”と“惹かれる振る舞い”とは?

●ライター/東野まどか(恋愛言語専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (49)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする