子供が欲しいだけ? 女性が「結婚したい」と考える本当のワケ

【相談者:20代男性】
今付き合っている彼女と将来の話になり、「ゆくゆくは結婚しよう」ということになりました。とてもうれしかったのですが、話をしている中でふと彼女が、「両親を安心させたいし、子どもも欲しい」という言葉を口にしたのが気になっています。

彼女のことが好きだから結婚したいと思って付き合っていたのですが、彼女は両親が安心して子どもができるのであれば結婚するのは私でなくてもいいのかと思い、とても不安になりました。結婚をしたいと考える女性の心理を教えてください。

a 女性は現実的? 恋愛と結婚に関する男女の考えの違いとは?

はじめまして、こんにちは! コラムニストのコマツです。

彼女との将来の話が現実的になっていくなかで、幸せを感じる半面、不安に感じることもありますよね。そこで、女性が「結婚したい」と思ったきっかけについて、興味深い調査結果を元に、女性の結婚についてのリアルな本音をご紹介しましょう。

150203komatsu

女性にとって“大好きな人との結婚”は当然のこと

『楽天リサーチ』が、20代~30代の女性を対象に行った、“結婚に関する調査”では、全体の約5割が、「子どもが欲しいから」と回答し、特に未婚者では、「親や親戚を安心させたいから」という理由が約4割にも上ることがわかりました。

女性の社会進出や晩婚化が叫ばれていますが、やはり肉体的にも精神的にも、そして世間的にも、男性よりも結婚の年齢に制限が多い女性は、“結婚”に対して非常に現実的です。

しかし、一方では、「同じパートナーとずっと一緒にいたいから」と答えた女性は53.3%に上りました。いくら女性が現実的とはいえ、好きでもない人と子どもや両親のことを考えて結婚するはずはありません。

女性は幼いころから、恋愛や結婚が常に身近にあり、“大好きな人との結婚”は男性に比べてあまりにも当たり前のことです。つまり、好きな人と結婚するということは、女性にとっては当然のことであり、それを踏まえたうえで大好きな人との子どもが欲しいと思ったり、愛する人と幸せになった姿を両親に見せたいと思うものなのです。

男性がもつロマンチストな結婚観とは

先述した通り、女性にとって恋愛や結婚は非常に身近なものです。たとえ小学生であっても、女同士で集まればすぐに恋の話になるし、社会人となれば女子トークの話題の中心になるのは結婚の話ばかりです。

しかし、男性はいつまでも純粋で子どものような心を持ち続けている人が多いため、いざ“結婚”が現実味を帯びてきたときには、普段から恋愛や結婚を意識している女性たちよりもずっとロマンチストになりやすいのです。


彼女が、「子どもを産みたい」や「両親を安心させたい」と考えているということは、言い換えれば、「あなたの子どもを産みたい」や「あなたなら両親も安心する」という信頼と愛の証ではないでしょうか?

そうであれば、あなたは何も心配することはありません! 大好きな彼女をぜひ幸せにしてあげてくださいね!

●ライター/コマツマヨ(コラムニスト)

編集部追記

今回のコラムでは、結婚したいと思う女性の心理として、アンケート結果をもとに、「子どもが欲しい」という気持ちが大きいから、という視点でアドバイスをいただきました。

「子どもが欲しい」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151215riiiho

妊活とはどんなものか

昨今、「妊活」という言葉をよく耳にするようになりました。お笑い芸人の森三中・大島美幸さんが妊活のために芸能活動を休業したことも大きな話題となりましたよね。では、妊活とはそもそも一体どういうものなのでしょうか。

簡潔に言うと、“妊娠についての正しい知識を身につけたり、生活スタイルを整えたりといった、妊娠するための活動をすること”です。妊娠しやすい心と体を作るために行われることすべてを含めて「妊活」と呼びます。

妊活は「赤ちゃんが欲しい」と思ったときから1日でも早く始めるのが望ましいです。

妊娠しやすくなるために行いたいこと

“妊娠しやすい体をつくる=妊活”で具体的にどんなことを行うのか、一般的なものをご紹介します。

基礎体温を測る

妊娠しやすい時期を知るには、基礎体温をつけることが大切。基礎体温によって排卵の周期がわかります。基礎体温をつけて自分の体の状態をしっかり把握することは、妊活の基本と言えそうです。

生活習慣を整える

栄養バランスの良い食事を3食きちんととる、良質な睡眠をとる、適度な運動を取り入れるといった生活習慣も妊娠しやすい健康な体を作るためには欠かせません。

ストレスをためない

ストレスが原因となって妊娠しにくくなってしまうこともあるため、妊活ではストレスをためないことも大事です。

ストレスの大きな原因となるのが仕事。妊活のために休むことが可能な場合は思い切って休業するのもいいでしょう。休めない場合は、自分に合ったストレス解消法を探しましょう。

また、「まだ赤ちゃんができない」と焦ったり不安になったりすることもあるかと思いますが、「大丈夫」と自分に言い聞かせ、ゆったりとした気持ちを持つようにしましょう。それでもストレスを感じた場合は、こまめにストレスを発散することも大切です。

冷えに注意する

冷えは血行を悪くするため、子宮機能を低下させます。そのため、妊娠において冷えは禁物。体が冷えないよう、エアコンの温度設定や飲み物などに注意してください。

産婦人科で定期的に健診を受ける

定期的に産婦人科での健診を受けることにより、体の不調や病気を早期に発見、治療することが可能です。子宮筋腫や子宮内膜症などの病気にかかると、妊娠できなくなってしまう可能性もあるので、健診はしっかり受けましょうね。

『葉酸』をとる

赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸。妊娠前から摂取を始めるのが理想的だそうです。ただし、必要な葉酸を食事だけでとるのは難しいので、サプリメントを活用するといいでしょう。

¥3,980
BELTAブランドの葉酸「ベルタ葉酸サプリ」。妊娠前・妊娠中・授乳中でも安心の無添加の葉酸サプリです。

みんなが欲しい子どもの人数は?

『国立社会保障・人口問題研究所』が2010年に、夫婦を対象にして「第14回出生動向基本調査」を行いました。その結果、理想の子どもの人数(平均理想子ども数)は「2.42人」となったそうです。

また、理想ではなく、実際に持つつもりとしている子どもの人数(平均予定子ども数)については、夫婦の結婚持続期間を問わず全体で「2.07人」という結果になりました。

この調査の結果、理想の子どもの数も、実際に持つつもりの子どもの数も、どちらも年々減少傾向にあることがわかったそうです。

「野球チームが作れるくらい子どもが欲しい」なんて夫婦は、現代ではほとんどいないのでしょうね……。

子どもが欲しくなる年齢

「子どもが欲しい」と思う年齢としてよく挙げられるのは、20代後半、30代、40代前半のようです。それぞれの年代別に「子どもが欲しい」と思うようになる理由を見ていきましょう。

20代後半〜30代前半の場合

20代後半〜30代前半は、周りの友達が次々と結婚していき、子どもを授かる夫婦も増えていく年齢です。そんな周りの状況を見て「私も早く子どもが欲しい!」と焦る女性が多いのでしょう。

30代半ば〜後半の場合

30代半ば〜後半にかけては、「そろそろ産んでおかないとマズいかも」という不安にかられる女性も多くなるようです。

40代前半の場合

40代前半では、それまで「子どもはいらない」と思っていたものの、周りの友人を見たり老後を考えたりするうちに心変わりをし、急に「子どもが欲しい!」と思う人が多いようです。

クリックで詳細ページへ

「子どもが欲しい」と思う瞬間〜女性の場合〜

それまで何とも思っていなかったのに、あるとき突然「子どもが欲しい」と思うこともあるものです。では、みなさん一体どんなときに子どもが欲しくなるのでしょうか?

まずは女性の場合を見ていきましょう。

友達の子どもを見て影響された瞬間

友達がどんどん結婚していくとそれに触発されて自分も結婚したくなるものですが、子どもの場合も同じようなことが言えるでしょう。

「友達の子どもと遊んでいて自分も欲しくなった」「子どもの話をする友達の顔が幸せそうで影響された」という女性が多いようです。

子どもと触れ合って母性本能を刺激された瞬間

友達の子どももそうですが、きょうだいの子どもや近所の子どもなどと遊んだときに「かわいい!」「自分にも子どもがいたらなぁ」と強烈に母性本能が刺激されることもあるようです。

親の年齢を意識した瞬間

両親の年齢が高くなるにつれ、「そろそろ孫を見せてあげたい」という気持ちも強くなるようです。親孝行のために子どもが欲しいと思う女性も少なくないのですね。

自分の年齢を意識した瞬間

30代になると、だんだんと出産のタイムリミットを感じることになります。現代では高齢出産も増えていますが、やはり高齢出産にはリスクがあるもの。できれば安全に出産できる年齢のうちに……と考え、自分の年齢を意識して焦る女性も少なくないのでしょう。

151222uwakituiki2

「子どもが欲しい」と思う瞬間〜男性の場合〜

男性の場合、下記のような瞬間に「子どもが欲しい」と思うようです。

自分の遺伝子を残したいと思った瞬間

男性が自分の子孫を残したいと思うのは本能的なこと。「自分の分身が欲しい」「自分の遺伝子を継ぐ人間を残したい」など、自分の遺伝子を残したいと思った瞬間に子どもが欲しくなる人も多いようです。

友達やきょうだいの子どもを見て羨ましくなった瞬間

友達の子どもやきょうだいの子ども(甥や姪)と接するなかで、「子どもってかわいいな〜」「自分も欲しいな」と思うことも多いようです。

親孝行がしたいと思った瞬間

親にとって孫は子ども以上にかわいいもの。「孫が欲しい」「孫の顔を早く見たい」と言う親御さんを持つ方も少なくないでしょう。そういった言葉を聞いたり、親の老いを感じたりしたときに、親孝行として子どもが欲しいと思う男性もいるようです。

生きがいが欲しいと思った瞬間

毎日仕事に追われる忙しい日々の中で、やはり子どもの存在があれば頑張れると思う男性も少なくないようです。子どもは頑張る原動力にも、人生の楽しみにも、生活の癒しにもなりますからね。

彼女や妻の言動に触発された瞬間

彼女や妻の次のような言動を見ていて、「このコとの子どもが欲しい!」と思う男性も少なくないようです。

・彼女、妻を魅力的だと思ったとき(かわいい、きれい、優秀、才能があるなど)
・彼女、妻への愛情がMAXになったとき
・彼女、妻の子どもに対する扱いが上手だった(母性を感じた)とき

151209pinklemonade

子どもが欲しいけれどできない。『不妊症』の基礎知識

不妊症』とは一般的に、“妊娠を希望しており、避妊していないのに1年が経過しても子どもができないこと”とされています。そんな不妊症について、基本的な情報をご紹介します。

不妊症の原因

不妊の原因は高齢化によるものばかりではありません。『一般社団法人日本生殖医学会』が紹介している不妊症の原因には、下記のようなものがあるとのことです。

【女性の原因】
・排卵因子
・卵管因子
・子宮因子
・頸管因子
・免疫因子
・原因不明不妊(検査をしても原因がわからない)

【男性の原因】
・性機能障害
・軽度~中等度の精液性状低下
・高度の精液性状低下、無精子症

不妊症は、男性・女性ともにさまざまな原因が存在しているのですね。一つだけでなく、いくつかの原因が重なっている場合や、検査をしても何が原因かわからない場合も多いそうです。

151120nao

不妊症になりやすい人の特徴

【女性の場合】
・月経に異常がある、生理不順
・栄養不足(食生活の乱れがある)
・冷え性
・喫煙の習慣がある
・睡眠時間が不規則

【男性の場合】
・喫煙の習慣がある
・性機能に障害がある
・性的な欲求が少ない
・栄養不足(食生活の乱れがある)
・糖尿病
・睡眠時間が不規則

不妊症の治療法

不妊症の原因や段階によっても治療法は変わりますし、不妊症を治療する方法はさまざまです。いくつもある治療方法の中でも、代表的なものは下記になります。

タイミング法……多くの場合、最初に行われる治療法で、自然な妊娠を目指す方法です。
人工授精……人工的に授精を行いますが、子宮内で授精が行われます。
体外受精……体外で授精を行い、受精卵を子宮内へ戻します。
顕微授精……ガラス管などを使って体外で受精させ、受精卵を子宮内に戻します。

151207ichinose

経験者に学ぶ“子どもを諦める”にはどうすればいいか

子どもが欲しくてもなかなかできず、不妊治療を行っている方もいるでしょう。また、不妊治療を行いたくても金銭的な問題などから行えない方もいると思います。

他にも年齢的な問題で諦めざるを得ない方や、そもそも相手が見つからないという方もいるかもしれません。

そんなどうしようもない状況にあるとき、どうしたら子どもが欲しいという気持ちを諦めることができるのでしょうか? 経験者の意見からいくつか対策をご紹介します。

子どもがいなくても楽しいと思える状況を考える

不妊治療を行ってもうまくいかず断腸の思いで諦めようとしたときに、夫婦二人で充実した生活を送るにはどうしたらよいか考えた、という方もいます。

子どもがいないからこそ楽しめる生活というのもあります。たとえば、子どもを転校させることを気にせず引っ越しができるので、いろいろな場所に住むことができる、移住も気軽にできる、という点。

また、子どもがいれば何かとお金がかかりますが、夫婦二人で共働き(DINKS)である場合、旅行や外食も頻繁にでき、ゆとりのある生活が送れるでしょう。

子どもがいない分、女性もキャリアアップに注力することもできます。産休や育休制度の整った会社でも、やはり長期の休暇をとってしまえばキャリアに影響が出ることも珍しくありません。

夫婦二人での生活によって、いつまでも恋人気分で過ごすことも可能です。子どもがいない寂しさを忘れるくらいパートナーを大切にしていれば、充実した生活を送ることができそうです。

まずは夫婦でじっくり将来のことを話し合ってみましょう。

自分のためにできることを考えてみる

子どもができない悲しさや寂しさはわかります。落ち込むのは当然です。しかし、クヨクヨしていても仕方ありません。子どもにかける手間や時間、お金を自分に注ぐことができると考えたら、少し前向きになれたという方もいます。

スキルアップを目指してスクールに通ったり、趣味を極めたり、いつまでも美しくいるために美容に力を入れたり……子どもがいたらできないであろうことを考えてみるのもひとつの方法です。

番外編:養子を迎える

不妊治療をやめても子どもが欲しいという気持ちに諦めがつかず、養子を迎えるという選択をした方もいます。

養子を迎えるには、児童相談所を通して養子を迎える方法、民間の養子縁組団体を通して養子を迎える方法、医療機関から養子を迎える方法があります。

里親・養親の条件は自治体などによってもさまざまなため、養子を迎える際には自身が条件を満たしているか確認することも大切です。

ただ、0歳児で希望にあった子どもを養子にするというのはなかなか難しいのが現状のようです。

151120tamae

「子どもは欲しくない」という女性の割合

世の中には、子どもが欲しい女性ばかりではなく、もちろん子どもは欲しくないという女性も少なくありません。

『生活トレンド研究所』が首都圏に住む20~49歳の男女1,335名を対象に行った、「恋愛・結婚・家庭観」に関するアンケート調査によると、30代の既婚女性のうち、48.5%が「子どもは欲しくない」と回答したそうです。

30代の既婚女性といえば、一番子どもを持つことに対して現実的に考える層だと思うのですが、約半数が子どもを欲しくないと考えているとは驚きですね。

子どもを欲しいと思わない人の心理

厚生労働省が発表している『人口動態統計』の出生率に関する調査結果では、年々出生率が低下していることが明らかになりました。

出生率が下がり続けている背景には、やはり「子どもは欲しくない」と考える人の増加も一因にあるのではないでしょうか。

では、子どもを欲しいと思わない人は、どんな理由で欲しくないと考えているのでしょうか。子どもを欲しいと思わない人の心理について、ご紹介します。

経済的に不安だから

子ども1人を成人まで育てた場合、1,000万円の教育費がかかるそうです。必要なお金はもちろん教育費だけではありませんよね。そう考えると、本当は欲しいけれど経済的な理由から子どもを諦めてしまう、という人も少なくないのでしょう。

収入が上がるか、もっと政府や自治体などからの経済的なサポートが充実しない限り、この“経済的な理由”による問題は解決されないのかもしれません。

自分のライフスタイルを変えたくないから

経済的に不自由がなくても、子どもはいらないという人も少なくありません。

妻の仕事が充実している、趣味に時間を使いたい、夫婦二人だけの自由きままな生活を楽しみたいなど、自分たちのためにお金や時間を使いたい、ライフスタイルを変えたくない、という理由から「子どもは欲しくない」と考える人もいるようです。

子どもを育てる自信がない

経済的な理由とは別に、子どもが好きではない、自分の家庭が幸せではなかったためどう育ててよいかわからない、子どもの教育をきちんとできるか不安、自分が病弱で子どもの面倒を見ることができるか不安などの理由から、「子どもは欲しくない」と考える人もいます。

また、漠然と「子どもが欲しいと思えないのに産んでも仕方ない」と思っている人もいるでしょう。

年齢的に無理だから

晩婚化が進み、今や30代後半や40代、50代で結婚する人も少なくありません。結婚が遅いことから、子どもを産む場合は高齢出産になってしまい、母子ともに危険があるため「子どもはいらない」という方もいるようです。

また、年齢が進むにつれ体力も落ちてきます。そのことからも、体力の必要な子育ては自分には無理だと感じ、子どものいない人生を選択する人もいます。

151110tissue

「子どもは欲しくない」ということをパートナーに理解してもらうコツ

恋人や夫婦などカップル間でどちらか一方が「子どもは欲しくない」と思っていた場合、ケンカや破局を招く恐れもあります。では、どうしたら「子どもは欲しくない」ということをパートナーに理解してもらえるのでしょうか?

徹底的に話し合うこと

結婚を見据えて付き合っている恋人同士の場合、早めに相手の子どもに関する価値観を確認しておいたほうがいいです。

自分は欲しくないのに相手は「子どもがいて当然」と思っている場合、価値観のすり合せを行わないまま結婚してしまうと、大きな問題になることもあります。自分がなぜ子どもを欲しいを思わないのか、正直に伝えましょう。

本来なら、結婚前に話し合っておくことが望ましいですが、結婚後に夫婦で子どもに関する価値観が違うことがわかった場合には、早い段階で徹底的に話し合いましょう。

自分の考えを理解してもらうには、とにかく冷静に話し合いをすることが必要不可欠です。お互いが納得できるまでとことん話し合ってください。

相手の意見もきちんと聞くこと

話し合いの結果、相手の考えを知ることで自分自身の考えが変わるかもしれません。相手の考えを変えることばかりにこだわらず、自分も相手の意見にしっかり耳を貸すことが大事です。

どうしても理解してもらえない場合や、自分の考えが変わらない場合は、残念ですがいつかその関係は破綻するでしょう。子どもがどうしても欲しい人と絶対にいらないという人が一緒にいても、どちらも不幸になるだけです。

151105komatsu

「結婚相手はいらないけど子どもは欲しい」という人の心理

「結婚はしなくてもいいけど、子どもだけは欲しい!」という独身女性も多いようです。彼女たちはなぜそう思うのか、いくつか理由をご紹介します。

結婚は諦めたけれど子どもは産んでおきたい

結婚もできることならしたいと思っていても、相手が見つからない人もいるでしょう。また、不倫をしていて相手と結婚できない人もいるかもしれません。

そのため、結婚は諦めるけれど、女性として生まれたからには子どもだけは欲しいと考えるようです。もともと子どもが好きな人、母性本能の強い人などはそう思う傾向が強いでしょう。

また、結婚は諦めたけれど老後が不安、寂しいという場合も、「せめて子どもだけは……」と思うようです。

男性は信用できないけれど自分の子どもは欲しい

男性にさんざん浮気された、暴力をふるわれたなど、男性に対していい思い出がない場合、結婚に対する意欲もなくなっている可能性があります。とはいえ、やはり本能的に自分の子どもは欲しいと思う女性も多いでしょう。

経済的に豊かだから夫は不要

自分の収入だけで十分に暮らしていける、自分が男性以上に稼いでいて経済的に豊かだという女性の場合、夫の世話をするのが煩わしいと感じることもあるようです。だったら、結婚せずに子どもだけ欲しい。子どもの面倒だけを見たい。そう考えるのではないでしょうか。

151222yukimi01

彼氏や夫に「子どもが欲しい」と思わせる方法

女性がいくら子どもが欲しいと思っていても、パートナーである彼氏や夫が欲しいと思っていなかったらつらいものです。そこで、彼氏や夫に「子どもが欲しい」と思わせる方法をいくつかご紹介します。

不安を取り除いてあげる

まずは、彼氏や夫が子どもを欲しいと思わない理由を聞きましょう。

その理由が経済的な不安であれば、「私も働くから大丈夫!」と子どもができても働き続けることを伝えましょう。計画的に貯蓄することや、子どもが成人するまでのライフプランを作成し、かかるお金の額を明示してあげることも有効です。

「父親として務まるか不安」「子育てができるか不安」といった理由から子どもを欲しいと思わないのであれば、一緒に勉強していけば大丈夫と励ましたり、育児書を買ってきたり、育児の楽しさややりがいを教えたりするのもいいでしょう。

「子どもが嫌い」という理由である場合には、友達や兄弟姉妹の子どもと積極的にふれあわせるなど、「子どもってかわいいんだ」と思ってもらえるような機会を作りましょう。

また、子どもが嫌いだと言っていた人でも、いざ子どもができてしまえば子煩悩な父親になる人もたくさんいます。そういった例を話してあげてもいいでしょう。

褒めまくる

彼氏や夫を褒めまくり、「尊敬するあなたの子どもが欲しい」ということを伝えましょう。彼女や妻からの愛情と尊敬が伝われば、自分の分身を残すことを誇りに思えるようになるかもしれません。

子どもとふれあう姿を見せる

男性に「彼女なら安心して子育てを任せられそうだ」と思わせればこっちの勝ち。友達や親戚の子ども、近所の子どもなどと遊んだり、面倒をみたりする姿を見せましょう。

あなたが上手に子どもと接することができている姿を見れば、男性も子どもがいる生活を具体的にイメージでき、彼女なら大丈夫そうだと安心するでしょう。

マンガなどで子どものかわいさを知ってもらう

宇仁田ゆみさんのマンガ『うさぎドロップ』を読んで小育てや子どもに興味を持ち、子どもが欲しいと思った男性も多いそうです。

詳しいストーリーなどの説明はせずに、「このマンガ面白いよ!」と軽いノリで渡して読んでもらい、洗脳(?)するというのも一つの手ですね。


「妊活」や「子どもが欲しいと思う瞬間」「子どもを欲しいと思わない人の心理」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「子どもが欲しいけれどできない」という人、「子どもはいらない」という人、さまざまな価値観があるかと思います。ご紹介した情報が、それぞれの悩みや不安を解消する一つのきっかけになれば幸いです。

(恋愛jp編集部/渡邉)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (15)
  • うーん (8)

注目の記事

恋愛jpをフォローする