ハロウィンパーティーでモテるカボチャのお菓子って?

【相談者:20代女性】
週末のハロウィンは、友人の家に集まってホームパーティーをする予定です。一人一品何か作って持ち寄るので、私はカボチャを使ったスイーツを、と考えているのですが、なかなかいいアイディアが浮かびません。その場に男性も大勢いることですし、ポイントアップにつながるようなレシピはありませんか? ちなみに私は実家暮らしで、普段はあまり料理やお菓子作りをしません。簡単で失敗のないものがいいです。

カボチャのお菓子は口当たりの軽いものをオススメします。

こんにちは。時間的にけっこう切羽詰った相談メールですね。そういう質問こそお任せあれ。料理研究家のオガワチエコが回答させていただきます。

女性って、芋、栗、カボチャ系のお菓子が大好きですよね。私も好きです。でも男性はというと必ずしもそうではないようです。

私のまわりでも、「かぼちゃは野菜でしょ? それをなんでわざわざお菓子にするのかわからない」「芋、栗、カボチャに共通するモソモソした食感が苦手。なんで女子はあれがそんなに好きなの?」等という意見が聞こえてきます。

そんな男性からも受け入れられやすいお菓子といったら、何といってもカボチャのアイスクリームでしょう。食後にサラリと喉を通る甘く冷たい感覚は誰もが好む理想のデザートです。しかも意外と簡単に作れてしまいます。

しかし、当然溶けてしまうので、自宅でのパーティーでしか振舞えないのが難点。持ち寄りパーティーには不向きです。カボチャのパウンドケーキ、マフィン等は持ち歩きに適していますが、男性の苦手なモソモソとした食感が残ってしまう場合が多く、こちらもオススメはできません。

そこで、私が今回プッシュするのは『カボチャのレアプリン』。焼いたり蒸したりしないので、卵の量も少なく、ふわっと口の中で溶ける感覚を楽しめるお菓子です。

下にレシピを記載するので、食後のデザートとしてだして、当日はモテモテになってきてくださいね!

『カボチャのレアプリン』

ー 材料(5〜6人分)

・カボチャ:皮をとって220g
・生クリーム:半カップ
・卵:1個
・砂糖:80g
・水:1カップ
・粉ゼラチン:6g

— 作り方

(1)わたと皮をとったカボチャを乱切りにしてレンジで4分くらい加熱し、やわらかくする

(2)(1)をボウルにいれて、フォークの背でつぶしてから、生クリームを加えさらに滑らかにする

(3)(2)に卵を加えてよく混ぜる

(4)鍋に水と砂糖をいれて火にかけて、沸騰したらゼラチンを加えて溶かす

(5)(3)のボウルに(4)をいれてよくかき混ぜ、ざるでこしながら型に流し込む

(6)ざるに残ったカボチャをよくこして加えいれ、荒熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める

●ライター/オガワチエコ(料理専門家)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする