チークが鍵!? アラサー女性の“老け顔メイク”の原因と対処法3つ

【相談者:30代女性】
30代になってから、自分のメイクが不安です。友達から、「すっぴんの方が若く見えるね~」と言われてから、「もしかして、いつも老け顔メイクをしちゃってるのかも!」と思っています。若見えメイクと老けてしまうメイクの違いなどありますか?

a 若見え、老け見えを左右するメイクとは?

こんにちは。美容・健康ライターのHARUNAです。

自分の中の定番メイク、いつの間にか古いメイクになっていたら……と思うことってありますよね。ファンデーションの色が肌に合っていない、アイメイクが濃すぎるなど、老け顔に見えてしまうメイクもあります。

今回は、美容業界で働く30代女性たちに聞いた、若見えメイクのポイントをご紹介します。

150130haruna

(1)アラサーにお粉ファンデは危険!

『30代を過ぎてパウダーファンデだけでは、パサついた老け肌に。リキッドを使うとみずみずしい仕上がりになります!』(31歳/美容師)

トラブルを隠すはずのファンデーション。選び方を間違えると、逆にシミ、シワなどが目立ってしまうこともあるので注意。まず、若見せメイクに必要なのは、“ツヤ感”です。ファンデはリキッドタイプのものを選ぶと、ツヤがアップしてお肌が若々しく見えます。

鼻、頬など顔の高い部分から低い部分に向かって伸ばしていくと、自然な濃淡ができます。パウダータイプはできるだけ避けて。仕上げに軽く乗せるくらいならOKです。シワ部分に乗せると、かえって目立つので薄く塗るようにしましょう。

(2)ファンデの色と首の色が違うと老け顔に!

『顔の色と首の色が違うと、「老けたな」と思われてしまいます。明るい色にしたい気持ちはわかるけど、肌の色に合わせたトーンを選んで』(32歳/美容アドバイザー)

3年前、5年前と同じ色のファンデーションを愛用している方は、トーンの見直しも必要です。年齢とともにお肌がくすみ、トーンが暗くなるものです。明るすぎるファンデを使っていると、顔部分だけが白く浮き出たような仕上がりに。そうなると、一気に老けた印象になってしまいます。手の甲に乗せてみて、白浮きしないかどうかチェックしてみましょう!

(3)チークは選び方、使い方を間違えると古い顔に!

『ポン! とまん丸でいかにもチーク塗りましたと不自然な感じだと、世代がばれます。入れていることが分からないくらい自然な仕上がりを目指して』(30歳/美容師)

メイクの見た目年齢を左右する大切な部分が、“チーク”。年齢をカバーしたいなら、できるだけ自然に仕上げることが大切です。お風呂上りに上気したような健康的な頬に仕上げるのがポイント。頬のふくらみや立体感を強調して、自然な赤みとツヤのある若々しいお肌に仕上げるためには、色選び、使い方の見直しが必須です!

チークの色選び

自然な血色が出せるのは、少し黄色が入ったピンク、コーラルピンク。オレンジ系のピンクも健康的で明るいイメージに仕上がります。青みがかったピンクは若作りが目立ってしまうので注意しましょう!

チークの使い方

『チークは自然な色選びと、乗せ方が重要。お風呂上がりに頬をよくチェックして、上気したときの色、場所をメイクで再現すると若々しくなります』(33歳/ヘアメイク)

まん丸にチークを入れると、顔のたるみが目立ってしまいます。楕円形のような形にすると、リフトアップ効果が。真顔で入れると顔の重心が下がってしまうので、にっこり笑顔で!

(a)ブラシへ均一にチークをつけて笑顔をつくり、頬骨の一番高い部分にブラシを当てる。
(b)顔のカーブに沿ってこめかみの方向にブラシをはらう。生え際近くまでチークを入れると不自然な印象になるので、指2本分を目安に止めます。仕上げに(a)の方向へもうひと払い。


老け顔メイクはファンデ、チーク選び&使い方が肝心です。お肌の質感をアップして、素肌っぽいのにキレイな仕上がりが若々しく見える鍵。厚塗りや濃いチークは見た目年齢を上げてしまうので、注意してくださいね!

【関連コラム】
アラサー女が“時代遅れメイク”を卒業する方法5つ
「5分メイク」と「ナチュラルメイク」を徹底比較
顔のシワを目立たせないメイク術

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする