理想は○%!? 女性らしいボディラインを保つための体脂肪率とは

【相談者:20代女性】
ずっとダイエットとリバウンドを繰り返してきましたが、体重より体脂肪率を落とすといいと知って、運動を始めました。でも、体脂肪率はどれくらいまで落とせばいいですか? モデルとか芸能人みたいな体型になりたいのですが、体重を公表している人はいても、体脂肪率は公表されていないので分かりません。

a 健康的で女性らしいラインは体脂肪率22~23%。

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

メディアのダイエット特集でも体重の増減ばかりが強調されるせいか、未だに体重の増減に一喜一憂している人が多い中、体脂肪率に注目されたのは素晴らしいことだと思います。

体についた脂肪は、いつも“余計なもの”扱いですが、実は脂肪にもちゃんと役割があるのです。特に、「女性は22~23%くらい体脂肪があったほうが、健康的な生活が送れる」と言われています。

150129sayuri

脂肪と女性ホルモンの関係

女性は男性より脂肪を蓄えやすいという傾向があります。それは筋肉量の違いだとよく言われますが、それだけでなく、女性ホルモンが脂肪の合成を促進する働きがあるということも関係しています。

そして、体に蓄えられた脂肪が女性ホルモンの分泌を促すという、脂肪と女性ホルモンは持ちつ持たれつの関係となっているのです。このことからも、健康的に排卵を起こし、周期的な月経を維持するためには、22~23%の体脂肪率が理想的だと言えるでしょう。

女性ホルモンの働き

「女性ホルモン」と呼ばれるものは主に、卵巣から分泌されるエストロゲンやプロゲステロンが挙げられます。これらの働きは、以下のように多岐にわたります。

・生理や妊娠をコントロールする
・卵子の成熟や妊娠に作用する
・骨の新陳代謝をコントロールする
・自律神経の安定を促す
・毛髪を健やかに保つ
・きめの細かい肌を保つ
・脂肪の合成を促進させる

体脂肪は焦らず緩やかに落としましょう

上記のように、脂肪はさまざまな働きをもつ女性ホルモンと深い関係にあるので、急激に体脂肪を減らすと、自律神経が乱れたり、女性ホルモンの働きが弱くなり、月経や妊娠に支障が出たりするケースもあります。

脂肪が多過ぎてもホルモンバランスに乱れが生じますが、焦らず徐々に脂肪を落とし、最低でも20%を切ることがないようにした方がいいでしょう。

【関連コラム】
“座ったままデキる”お腹周りの引き締めトレ3つ
美容効果がUPする“豆乳ホットドリンクレシピ”2選
女性らしい体型を保ちつつ痩せられるダイエット法

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする