♡アラサー女性が知るべき婚活市場の現実

【相談者:30代女性】
私は32歳の独身女性ですが、男性とお付き合いした経験がありません。人を好きになったこともありますが、うまくアプローチできず、終わってしまいました。何度かアプローチされたことはありますが、自分が男性として好きなタイプではなく、最終的には「生理的にダメ」という気持ちになってしまうのです。

そんな私は今、片思いをしている3歳年上の男性がいます。出会いはお見合いでした。気持ちを伝えましたが、「実は以前別れた彼女が忘れられない。改めてアタックしようと思っている」と言われてしまいました。友人たちは、「彼と会ってもいいけど、他の男性にも目を向けた方がいい」と言ってくれていますが、私はどうやら自分のことを好きになってくれた人に興味がなく、自分が好きにならないと気持ちがいかないようです。

何とか彼を振り向かせることはできるでしょうか。それともこのままあきらめた方がいいのでしょうか。

a 30代女性が婚活するときにぶつかる現実とは。

はじめまして、恋愛コラムニストの内埜さくらです。ご相談いただき、ありがとうございます。

ご相談内容を拝読して、まずは相談者さんに客観視していただきたいことがあります。それは、ご自身の年齢です。現在32歳とのことですが、以前わたしが結婚相談所の職員と話をしたとき、彼女から婚活市場についての現実を教えてもらいました。

150126uchino

婚活市場では、30歳で女性の価値は急落します

婚活市場では30歳で女性の価値が急落し、35歳でほぼ価値を失ってしまうそうです。これは日本人男性の精神的未熟さ=女性の若さを崇拝することにも理由があり、この価値観が何とか変わってほしいとわたしも思っていますが、そう簡単には変わらないのが現実です。

男性が若さを崇拝することには、他にも理由があります。それは、子どもを作り、家族というチームを結成するという、夢を実現させるためです。35歳以上での初産は高齢出産にカテゴライズされますが、男女ともにできれば避けたいと考えている人が多いものです。この観点から考えて、男性はできるだけ若い女性と婚姻関係を結びたがるのです。

これは婚活市場だけではなく、恋愛においても言えることです。女性ばかりが年齢でシャットアウトされてしまうのは悲しい現実ですが、現実からは逃れられないので、まずは頭の片隅にこのことを置いて、次をご覧ください。

自分から好きになった人を選ぶというのは困難なこと

もちろん、「若い女性は嫌、できれば自分と同年代がいい」という30代男性も大勢います。しかし、「20代がいい」という男性よりも人数がかなり減少します。

わたしは、「結婚したい」とまで思える相手と出会えること自体が恵まれていることだと考えています。そんな人に巡り会える確率すら高くはないのに、さらに絶対数が少ない中から選ばなければならない。これって、かなりハードルが高いと思いませんか。相談者さんは今、このハードルが高い相手を探そうとしているようにわたしには思えるのです。

というのは、相談者さんが、「私が自分から好きになった人でないと嫌」とお書きになられているからです。同年代の30代がいいという数少ない男性の中から、自分から好きになった人を選ぶというのは、困難を極める行動ではないでしょうか。

相談者さんは、男性とお付き合いした経験がないとのことですが、未経験の物事に対して、人はハードルを高めに設定しがちなものです。実際は、どちらが先に好きになったなどは、お付き合いをすると関係なくなってしまいます。

わたしの知っている限りでは、それほど好きではない相手から何度もアプローチされて付き合い、結果、結婚して幸せになった女性はかなり大勢います。

先日、20代後半の結婚が決まった女性は、相談者さんと同じように、「自分から好きにならないと嫌」という恋愛観の持ち主でしたが、結婚する相手は真逆のタイプらしく、「女性は愛されると幸せになれるって本当なんですね」と語っていました。

このように、人の価値観というものは、付き合う相手によって柔軟に変わるものです。ですから、相談者さんも最初から、「自分から好きにならないと嫌」と決めつけるのではなく、広い視野を持つことをオススメします。

婚期を逃しやすい男女の特徴

相談者さんはお見合いをした彼に片思いをしているということは、結婚を見すえたお付き合いを望んでいる、ということですよね。

せっかくご相談をいただいた相談者さんには幸せになっていただきたいので、反面教師として、『マイナビ』というサイトが行った調査の結果わかった、“婚期を逃す女性/男性の特徴”もお伝えしておきます。

「婚期を逃す女性/男性の特徴を教えてください(複数回答)」

・1位……理想が高い(67.1%)
・2位……プライドが高い(43.1%)
・3位……結婚したいと思っていない(41.0%)
・4位……シングルライフを楽しんでいる(36.9%)
・5位……慎重すぎる(27.9%)
・5位……決断力がない(27.9%)

「自分から好きにならないと嫌」という固定観念も、残念ながら、「理想が高い」という項目に含まれると思います。

そして、相談者さんがご相談メール内にお書きになられた、「生理的にダメなのでお付き合いに至らなかった」という点ですが、この具体的な理由は、清潔感がなかったなどでしょうか。確かに、生理的にダメな人との交際は幸せにはなれませんから、わたしもオススメできません。

しかし、“生理的に無理”というのは、実は自分が手を加えたらor手を加えさせてくれる素直さを相手が持っていたら、解決できるパターンもあります。「ここを改善できれば(自分に改善させてくれたら)OK」という相手は、実は“生理的にダメ”な範ちゅうから外れる男性なのです。ですからぜひ、相談者さんも次からはこういった視点で男性と会ってみてはいかがでしょうか。


以上の事柄を踏まえて今お伝えできることは、やはり35歳までに時間がないことを考慮すると、今の彼ではなく他の相手を探したほうがいい、ということになります。

他の女性を思い続けている彼を追いかけ続けて、気づいたら37歳、38歳になっていた……では、取り返しがつきません。時間は巻き戻せないのです。それよりも、恋愛観と男性を見る視点を変えて、新たな出会いを探したほうがいいと思います。

相談者さんのご友人は、「他の男性にも目を向けた方がいい」と言ってくださるとのことですが、わたしも同感です。たとえば、仕事であれば、知識が少ない新人時代は、先輩のマネをしながら仕事を覚えますよね。恋愛も同様です。あまり周囲の意見に染まってばかりもよくありませんが、不慣れなことは先人の言うことに耳を傾けたほうがいいと思います。

もしまた何かありましたら、いつでも連絡をください。相談者さんの心のもやもやが解消されますように。願っています。

【関連コラム】
アラサー社会人女性が結婚相手と出会える場所とは
恋の始め方を忘れたアラサー女性への処方箋
アラサー女性の婚活に立ちはだかる壁

●ライター/内埜さくら(恋愛力アップ専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、「自分から好きになった人じゃなければ嫌」というこだわりを捨て、他の男性にも目を向けるべきとのアドバイスをいただきました。

最初は好みじゃなくても、だんだんと惹かれることもあります。
相手から愛されているのであれば、多少温度感の違いを感じても、コミュニケーションを重ねることで次第にうまくいく可能性があるのです。

とはいえ、どんな男性ともそうなるわけではありません。

価値観が全く異なる人や、生理的に許せない部分があり、さらに改善の余地もないという人は、どんなに時間をかけてもうまくいきません。

新たな出会いを探すことは大切ですが、不要な出会いを増やすのは時間のムダ!

では実際に、どのようにして出会いを求めれば良いのでしょうか?

幸せな結婚に近づける、新たな出会いの探し方

合コンや婚活パーティー、お見合い、友人の紹介など、異性と出会う方法は様々あります。
婚活中の方であれば、これらの方法は一通り実践したかもしれませんね。

しかし、『どれもうまくいかなかった……』という方も多いのでは?

出会いを求めるだけではうまくいかない?その理由とは

自ら積極的に出会いの場に足を運んでいるのに、恋愛に発展しなかったり、お付き合いしても結婚には至らなかったり……。

理由は人によって異なりますが、概ね以下のようなパターンが当てはまるのではないでしょうか?

婚活パーティー

婚活パーティーは、一度で多くの男性と出会えます。

しかし自己PRやコミュニケーションに割ける時間はごくわずか。
よっぽど強く印象に残らなければ、次につながりません。

また、パーティ会場で数分話したときはタイプだと感じても、その後じっくり話すことでミスマッチだと分かる場合も。

合コン

合コンは共通の知人を介しているため安心感があります。
しかし、結婚を意識した人ばかりが参加しているわけではありません。

そのため、結婚願望の有無という点でミスマッチが生じ、いつまでも結婚する気がなさそうな彼と何年もお付き合いすることになった……という女性も少なくありません。

お見合い・友人の紹介

お見合いは、結婚願望の有無に関しては明白。
しかし会ってはみたものの、結果的に合わなかった……ということもよくあります。
その場合、断りの連絡を入れづらいですね。

仲介者は親の知り合いや親しい人であることが多いため、何度か会ってみて『やっぱり結婚は考えられない』となった場合、仲介者との関係が悪化することも。

そもそも仲介者は婚活のプロではありませんから、マッチする人を紹介してくれる確率は低いです。

友人の紹介も同様ですね。

原因はミスマッチ!出会いの「質」も大切にしよう

これらの出会いがうまくいかない最大の原因は、マッチする異性に出会えていないことです。
良くも悪くも、会ってみないと分からない部分が大きいのです。

もちろん、結婚において、100%のマッチングはあり得ません。
妥協点は必要ですし、高すぎる理想や変なこだわりは捨てなければなりません。

最初は「あまり好みじゃない」と感じても、相手を知る機会を増やして、少しずつ魅力を見つけていくことが大切です。

しかし、価値観が全く合わない人や、自分が手を加えても改善の見込みがなさそうな人と無理して付き合う必要はありません。
ハードルを下げながらも、「この人だったら……」と多少なりとも結婚をイメージできる人が良いでしょう。

では、そのような人との出会いを増やすには、どうすればいいのでしょうか?

「質」のいい出会いを増やす方法

合コンや婚活パーティーなどで「質」の良い出会いをするには、まず「母数となる出会いの数」を増やす必要があります。

月1ペースで婚活パーティーに出かけている人は、2回、3回と「数」を増やすことで、相性の良い人と出会う確率が高まります。

しかし、仕事が忙しくてそんな時間がとれない人は……?
働き盛りのアラサー世代であれば、婚活ばかりに時間を割けない場合もあるでしょう。

また前述のコラムでご紹介した通り、婚活市場では、女性の価値は30歳で急落します。
国勢調査のデータによると、30歳を過ぎた女性が5年後に結婚する割合は、なんと3人に1人。

悲しい現実ですが、男性は女性の年齢に対してシビアです。
あれこれ試しながら、時間をかけて婚活をしている余裕はないのです。

そこでおすすめしたいのが、【結婚相談所】
婚活のプロがサポートしてくれるため、「数打ちゃあたる作戦」を実行せずともマッチする人物と出会えます。

早く素敵な人と出会いたいなら、結婚相談所へ!

“結婚相談所に行く人は負け組……”そんなイメージから、ひと昔前は、結婚相談所の利用を拒む人が大勢いました。

しかし最近は、サービス内容の変化により、ハイクラスの男性しか入会できないなど一定の条件を設ける事業所が増えています。
つまり、結婚相談所は妥協して行くところではなく、高みを目指して行くところへ変わってきているのです。

気になる評判は?

実際に、「婚活ナビ」に寄せられた、結婚相談所を利用した人たちのコメントを見てみましょう。

1年前に私の希望通りのひとと結婚し、今は新婚生活を満喫しています。相手は大手証券会社勤務で高年収のひとです。

私は特別高年収のひとを求めていた訳ではありませんでしたが、次から次へと魅力的なひとを紹介してもらう中で、次第に求めるハードルが上がっていってしまい、気付いたら高年収志向になっていました。

それが原因でスランプになった時期もあったのですが、カウンセラーの方が「婚活をしていればスランプの時期は必ずあるもの。そういう時期でも頑張れるひとが結婚できるひと。」というアドバイスで目が覚め、そこから再び婚活を再開した結果、今の夫と出会いました。(31歳/女性)

入会して7ヶ月くらいですが、3人の方とお付き合いすることができました。それまで、3年以上彼氏がいない状態が続いていたので、ちょっと戸惑ってしまうくらいの方と付き合うことができて満足しています。(30歳/事務)

入会した当初はなかなかマッチングせず、本当に大丈夫か?と不安に思ってましたが、3か月目で初マッチングするとそこからは、コンスタントにお見合いに発展するようになりました。合計で5人とお会いしましたが、入会して半年くらいでいい人と出会えましたので、紹介はストップしてもらってます。(36歳/男性)

コメントからは、皆、驚くほど魅力的な人と出会い、満足している様子が伺えます!
なかには結婚相談所のスタッフからのアドバイスで前に進めたという方も……。

高額な料金がデメリット……!抵抗感も持つ人も

結婚相談所を使うことで、数と質の両方を備えた出会いが期待できます!
しかし「料金が高い」というデメリットに抵抗感を持つ人もいるのでは……?

多くの結婚相談所では、初期費用で10万円弱かかります。
さらにマッチングが成功した場合は、成婚料がプラスされる場合も。

婚活に費やす期間は人それぞれですが、マッチングまでには少なくとも6か月は必要だと言われています。

月会費の相場は1万5千円前後なので、6か月で約9万円、初期費用を合わせると20万円近くになります。
さらに成婚料がある場合は、プラス10万円以上……!

敷居の高さを感じてしまうのも、無理はありません。

“ゼクシィ縁結びカウンター”ならリーズナブル!

手厚いサービスを受けられる代わりに、高額な費用がかかる結婚相談所。
しかし、安価で利用できるところもあります!

それが“ゼクシィ縁結びカウンター”
ブライダル情報誌「ゼクシィ」を発行する企業が運営する結婚相談所です。

人気を集めている理由のひとつが「リーズナブルなお値段」

最も安いプランなら、初期費用無し、月会費9,720円で利用できます。

標準的なプランでも、初期費用3万2,400円、月会費1万7,280円。
成婚料もないので、6か月利用でも総額13万6,080円です。

>>『ゼクシィ縁結びカウンター』の詳細はコチラ

店舗が主要都市のみというデメリットも

破格の料金で注目されている、ゼクシィ縁結びカウンター。
しかし、主要都市にしか店舗がなく、地方の人は利用しづらいというデメリットも。

大手結婚相談所・パートナーエージェントと提携しているため、会員は全国にいますが、店舗でコーディネーターと相談することは難しいです。

もっと安く済ませたい場合は?

結婚相談所のなかでは非常に良心的な価格のゼクシィ縁結びカウンター。
しかし、あらゆる事情で『もっと安く済ませたい』という方もいるかと思います。

特に一人暮らしの女性であれば、生活費だけでもかなりの出費。
婚活にかけるお金は限られているのではないでしょうか?

そんな方は、姉妹サービスの婚活サイト、“ゼクシィ縁結び”がおすすめです!
3か月プランなら、ひと月3,888円で利用できます!

婚活サイト“ゼクシィ縁結び”が人気の理由

“ゼクシィ縁結び”は、ネット上でパートナーを探すことができるサービスです。

ネットでの出会いと聞くと危険なイメージを抱く人もいるかもしれません。
しかし、登録時には本人確認書類の提出が必須となっており、24時間、厳重にサイトを監視しているため安全に利用できます。

また、価値観診断の結果に基づいて、マッチしそうな人を毎日4人紹介してくれます。
そのため、プロフィールだけでは判断できない「相性」の部分までチェック可能。

ミスマッチの少ない出会いが期待できます!

さらに婚活サイトでは初となる「デート調整代行サービス」もあり、人気の理由のひとつに挙げられています。

顔を合わせたことのない相手とデートの約束をするのは、やはり不安。
しかし“ゼクシィ縁結び”では、コンシェルジュがあいだに入って、デートの日程や場所を調整してくれます。
そのため個人情報を交換することなく、デートの約束ができるのです。

>>『ゼクシィ縁結び』の詳細はコチラ


結婚相手を探す際には、ひとりの男性に固執せず、新たな出会いを求めることが大切。
しかし単純に出会いの「数」を増やせばうまくいくというわけではありません。

良い出会いは、「数×質」で決まります。

そのため、結婚相談所のサポートを受けながら、マッチしそうな人物との出会いを増やすと良いでしょう。

その際、高額な料金がネックとなりますが、今回ご紹介した“ゼクシィ縁結びカウンター”のように安価で利用できるサービスもあります。

ぜひ積極的に活用して、幸せを掴んでくださいね!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (19)
  • うーん (13)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする