靴を脱ぐとクサッ! 足のニオイの原因と対処法4つ

【相談者:20代女性】
長時間履いた靴を脱ぐと、足先からムアっとした熱気とかなりきついニオイが立ち上ってきます。特にブーツを履いた後は、洗ってもなかなか足に染みついたニオイが取れないほど。人前で靴を脱ぐなんてとんでもない状態です。新しい靴もすぐにニオイがつくので、靴のせいではなく足に原因があるのだと思います。

洗う以外にどうすればニオイを防げるでしょうか?

a 足のイヤなニオイの原因を突き止めましょう!

ご相談ありがとうございます。海外在住プロママライターのさとうあきこです。

足のニオイは、他人のものも気になりますが、自分の足のニオイはもっと気になりますね。足の裏は想像以上に汗をかいています。自宅にいる間は、靴下やスリッパで適度な換気ができていますが、外出のために靴を履くと、どうしても蒸れがちになります。

この蒸れが、足のニオイの原因の一つであるのは確かです。ただし、あまりにしつこいニオイには、それ以外の原因が潜んでいることがあります。

靴を探り、靴下を探り、足の裏を探り、ニオイの原因を探りだしましょう。

150114satouasako

足のニオイの原因別の対処法4つ

(1)足の裏は汗かき

朝から晩まで靴を履いて過ごすと、両足でコップ1杯の汗をかくといわれています。実は、足の裏はワキ以上に汗をかく場所なのです。

もしあなたの足のニオイの原因が普通の“汗”ならば、通気性の良い靴と速乾性の靴下を使用することで改善がみられるはずです。また、足を拭く除菌ティッシュと替えの靴下を持ち歩いて定期的に交換できれば、ニオイはほぼ抑えられます。

ただし、足の裏に人並み以上の汗をかく、『掌蹠(しょうせき)多汗症』の場合には治療が必要です。上記の対策で改善が見られない場合には、早めに皮膚科を受診しましょう。

(2) 靴にはローテーションが必要

さすがに靴まで履き替えを持ち歩くのは難しいので、外出する場合、靴はたいてい履きっぱなし。数時間もたてばかなりの湿度と熱気がこもって靴全体にしみ込んでいます。この湿度や熱気を完全に抜くには24時間以上乾燥した状態を保つ必要があります。新聞紙や消臭乾燥グッズを使って靴をしっかりと休ませましょう。

そのため、同じ靴を連日履くことがないよう、数足の靴でローテーションを作っておくといいでしょう。

(3)“水虫”など雑菌の繁殖

足の裏にはもともと常在菌がたくさん暮らしています。正常な数の菌は足裏を健康に保ってくれますが、靴の中という高湿高温状態の中では爆発的に繁殖してしまうことがあります。

さらに、足の裏にたまった角質老廃物は菌たちのエサになります。洗って清潔に保つのに加えて、定期的な角質取りも菌の繁殖を防ぐために必要です。ただしやり過ぎは皮膚を傷めるので注意しましょう。

菌の繁殖による症状として良く知られている例が“水虫”です。また、水虫とよく似た症状の皮膚疾患もあり、素人目には区別がつかないことがあります。水虫の薬で改善が見られない場合にはやはり早めに皮膚科に診断を受けましょう。

(4)体臭や加齢臭も原因に

年齢とともに体臭は濃くなっていく傾向があります。それを加齢臭と呼びます。

足の裏の体臭は“食生活の乱れ”“ストレス”“体調不良”などに影響されます。特に脂質の多い食事を取っているとニオイはキツくなりやすいようです。

また、加齢臭は体の代謝を促進することで、ある程度防ぐことができます。適度な運動で汗をかき、十分な水分を補給するというシンプルな循環を心がけることで、ニオイがたまりにくくなります。


ニオイは、自分だけの悩みではありません。周囲にも迷惑をかけている可能性がありますね。ニオイの原因は人それぞれ。自分のニオイの原因を突きとめることが解決への早道。そして原因別の対策で様子を見てみましょう。

それでも十分な効果が現れない場合には、悩みを抱えこまず早めに専門医の診断を受けることをおすすめします。

●ライター/さとうあきこ(海外在住プロママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする