体目当て? 交際前に関係を持ったカレから連絡が減った時の考え方3つ

【相談者:20代女性】
最近知り合って、2回ほどデートをした彼がいます。最初は飲みに行ってとても楽しかったし、雰囲気も良かったです。そして2回目のデートは映画に行き、朝までドライブしておしゃべりをしました。私としては、もう付き合える寸前という感じで期待をしていましたが、その2回目のデート以降、彼からの連絡頻度が減り、メールの内容もそっけない感じになっています。

ちなみに、2回目のデートで関係を持ってしまいました。相性もよく、確信に近いものもあったので、とても混乱しています。もう好きになってしまっているので、気軽にデートに誘うのが怖いです。

この場合、もっとアプローチした方がいいのか、一旦引いてみるべきか、アドバイスをお願いします。

a 関係を持っても持たなくても、なるようにしかなりません。今からできることを考えましょう!

ご相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

付き合う前のデートって、ものすごく楽しいですよね。「もうすぐこの人と付き合えるんだ~……」なんて期待して、舞い上がってしまうのもわかります。相談者さんは、だからこそ2回目のデートで関係を結んでもいいと判断したのでしょう。それが正解だったかどうかは別として、今回はその男性の心理を取材してみましたよ。

150115chihiro

(1)オトすまでは男は全力だということを理解する

『その女性を自分のものにするまでは、男性は必死になるものです。でも、実際手の内に収まっちゃうと、どうなんでしょうね。僕自身は、安心しちゃうかな』(30代男性/営業)

取材した彼は、相手が付き合うつもりであれば、安心してしまうパターンもあると話してくれました。彼に付き合う気持ちがあったのかどうか、ただアナタの体目的で優しくしていたのか? そこの部分を見極める情報になるかどうかは別として、男性はどうしても“狩り”の本能がある分、自分のモノになるまでは全力を尽くすそうです。

でも、付き合うという段階の前にそういう関係になってしまった場合、付き合える可能性は低くなるのは仕方のないことだと理解して欲しい、とのことでした。

ここは思い切って、デートに誘ってみてもいいのでは?

(2)相手のアクションを待つ

『その彼、絶対またアナタに連絡をしてくると思う。そうとう真面目な人であれば、少なからず考えることもあるはず』(20代男性/看護士)

誰だって本当に嫌な人と、関係は持たないものです。ここでの言葉を悪い意味に捉える方もいるかもしれないけれど、またシタくなったら必ずアナタに連絡してくるとのこと。彼にアピールできるタイミングはここではないでしょうか? そこで簡単に関係を持たず、サラリと帰るなど、誘われても断れる凛とした部分を持ちましょう。彼の中でアナタの見方も変わると思いますよ。

(3)答えを急がない

『まだ2回しかデートしていないのに、彼の何を分かっているのか? 関係を持ったから付き合いたいとか好きとか思っていないか、一度考えてみる』(30代男性/美容師)

一度関係を持ってしまうと、女性はもっと相手のことを好きになり、逆に男性はテンションが下がってしまうというのはまさに定説だとのこと。その説に基づいて話すと、相談者さんが“関係を持った”ことで、相手のことをより良く見ようとしているのではないか、と話してくれました。

連絡頻度も減ってしまっている今、相談者さんはまだ2回しかデートしていない彼の何が好きだと確信していますか? 良く考えた上で、それでも自分の気持ちに自信が持てるなら、どんどんアプローチしてみてもいいという意見をいただきましたよ。


いかがでしたか? 今回取材をしたのは男性3人。さまざまな意見をいただけましたが、私の意見としては、3つ目が一番心にグッときましたね。

しかし、実際付き合う前の男女の関係なんて、恋に恋している部分が多くあってもいいと思うのです。そこから付き合っていく上で、相手の人間性を好きになったり尊敬したりしていくものだとも思います。

相談者さん、もう少し時間をかけましょう。答えを急がず、彼から連絡がくるのを待ってみましょうよ。そこで2つ目のアドバイスを活用して、次のステップにいくのです。関係を持ってしまったことに、クヨクヨしていても何も始まりません。頑張りましょう!

【関連コラム】
「会う頻度」と「メール」で分かる好きな人の本心
恋愛における引き際の美学とは?
付き合った途端に彼から連絡が減るのはなぜ?

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)

注目の記事

恋愛jpをフォローする