トラウマは関係ない? 失恋をバネにして次の交際を長続きさせる心得

【相談者:20代女性】
私はオクテで、大学に入ってから初カレができました。恋愛に関しては遅咲きの方だと思います。しかし、交際が長続きしません。25歳になるまで何人かと交際しましたが、いつも半年くらいでふられてしまいます。私は長い交際を望んでいるのに、相手に去られてしまいます。私は愛に恵まれないタイプなのでしょうか?

そういえば、親からあまり好かれなかったトラウマがあります。そのせいで恋愛もうまくいかないのでしょうか?

a 長い交際をするためにトラウマを考えるのは必要なこと?

ご質問をありがとうございます。西洋占星術研究家の加藤かとるです。

あなたのお悩みは、恋愛が長続きせず、ふられてしまうこと、なのですね。それはとても寂しく、心痛む経験だと思います。それでも、次の恋愛に果敢に挑戦する姿勢が良いですね。

では、なぜあなたはふられてしまうのでしょうか? オクテだったからでしょうか? しかし、恋愛開始年齢が遅くても、長期的な恋愛関係を結べる人は多いのです。

トラウマのせいでしょうか? いいえ、恋愛や人間関係の構築に、過去の経験を持ちだすのは、あまり良い解決案ではないと筆者は思いますよ。

150114katou

恋愛はお互いの気持ちを伝えあう最高のテクニック!

おそらくあなたは、コミュニケーションに関して未熟なのかもしれませんね。恋したお相手に、自分の気持ちをどう伝えるのか。または、お相手の気持ちをどう解釈するのか。そのスキルが足りないのでしょう。

その件に関して、幼少期の親の愛情不足を嘆いても仕方がありません。それは、“終わったこと”なのだし、成熟するにあたって、トラウマへのこだわりは捨ててしまったほうが賢明です。精神の自立のために、過去を引きずらないように!

では、どうするのか? あなたは今まさに、“なぜ恋愛が終わってしまったのか、学ぶこと”が必要なのです。そう、あなたから去って行った男性たちは、最高の教師だと思いましょう。終わった恋愛を反省しましょう。

あなたは恋人の領域に立ち入り過ぎませんでしたか? 関係を急ぎ過ぎてはいませんでしたか? 自分の心を飾りすぎて、息苦しくなってはいませんでしたか? 思い出しましょう。そして、“恋人としての、一人の女性としての自分の姿が浮かび上がる”のです。やがて洗練され、本当の愛にたどり着くのです。

最高の恋愛のために、転んでもタダでは起きないつもりで!

サイキックカウンセラーの原田真裕美氏は、著書の中でこう述べています。

『ダメな恋愛や結婚の経験から、最高の関係を勝ち取るために学ぶことが、たくさんあります。思い出すだけで痛む心を乗り越えて、その経験に背を向けず、「転んだらタダでは起き上がらない」くらいのつもりで、過去の経験からしっかり学んでください』

どんな経験からも、どんな人間からも、得るものは絶対にあります! 「恋が終わった、悲しい」で感情をおしまいにしてはダメ。逆境の中でこそ、あなたが持っている知恵を働かせましょう。

心ときめく恋愛のために、知的になろう!

これからあなたは、長い人生を伴にするパートナーを探すのかもしれませんね。そのときに、過去の経験から得た教訓が生かされるのだと思います。

本当の恋愛は、知的な作業なのです。それはとてもフィジカルな感覚で、心ときめくことですよ!

【参考文献】
・『自分の気持ちがわからなくなったら読む本』原田真裕美・著

【関連コラム】
失恋のトラウマから次の一歩を踏み出す方法3ステップ
浮気されたトラウマを脱し、彼氏を信じられる自分になる方法
過去のトラウマを解除! 前向きに恋愛をするためのマインドメンテナンス法

●ライター/加藤かとる(西洋占星術研究家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする