1分で決めろ! 優柔不断な人の“直感力”を磨くためのルール3つ

【相談者:20代女性】
最近友人に、「あんたは本当に優柔不断。アドバイスしても実になってないし、何もしない。言うだけ疲れる」と言われてしまいました。人見知りで内気な性格のわたしと反対で、ハキハキした友人です。そんな友人といると気が楽で、遊びに行く場所や食事のメニュー、彼氏と別れるべきかどうかまで、色々なことで頼りすぎてしまいました。はっきり決断できる性格になりたいです!

a 直感力をきたえよう。自分に自信をもつ練習をしよう!

これはまさに、もやもやするお悩みですね。もやっとしたことはすっきりさせよう! 白黒断定型コラムニスト鈴木あいがお答えします。

優柔不断で人見知り、そして内気な性格と自覚していらっしゃるようなので、殻を破るためもぜひ、「やって」ください。やってみようかなあ、どうしようかなあ、ではありませんよ。「トライ」してください。

150112tamasaki

(1)勝負服で外に出る

人には、自分と他者を線引きするライン、『身体像境界』というものがあります。これがはっきりと線引きされている人は、自分に自信をもっていたり、相手との距離感を自然ととれたりするため、社交的になるのです。

境界が曖昧な人は、相手との距離感を計るのが苦手なため、親しくなることを“恐い”と感じる傾向があり、自分に自信がもてなくなるなのです。

そこで、まずは物理的な鎧を纏って、近所でもいいから外を歩いてみてください。勝負服が決められないなら、スーツでいいです! スーパーやコンビニへの買い物も、“スッピン+スウェット”はダメです。勝負服を着て歩くだけでも、いつもの自分より自信がもてるはずです。

(2)タイムリミットを決める

第二段階は、買い物時や外食時、「1分で決めるぞ」とタイムリミットを設けます。

苦手な物は最初から選択肢に含みませんよね。後で、「ああ、しまった」と思ったら、また次の機会の選択リストに入れておけばいいのです。“制限時間内に絶対に決める”という、鉄のルールを加えてください。

(3)選択の失敗を恐れない

時間をかけてじっくりと選択すべきものと、そうでないものをざっくりと分けましょう。“不動産”“健康に関わること”以外、今すぐ生死や生活に関わるわけではありません。

服のミスなんて、みんな1度や2度経験しています。わたしも、ヘアカットで大満足したことなんて、片手で足りる程度です。失敗したら次への勉強代だと思えばいいのです。

【参考文献】
・『心理学が面白いほどわかる本』渋谷昌三・著

【関連コラム】
内面からいい女になるためのアドバイス3つ
自分に自信をつけるシンプルな方法3STEP
自分の容姿に自信がない女子の恋愛極意3つ

●ライター/鈴木あい(恋愛白黒ジャッジ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする