タイプじゃない男の誘いも断らない方がいい理由

【相談者:30代女性】
ずっと彼氏ができません。先日も合コンで出会った男性がいました。「いいな」と思った男性からは相手にもされず、興味のない男性からは食事の誘いがきました。いつもこうなんですが、どうしたら好きな人から誘われるようになりますか?

a 高望みはブスと心得よ。言い寄る男が自分のレベル。

こんにちは。菊乃です。

「興味がない男からしか誘われない」と言いますが、誘ってくれる男性が今のあなたのレベルと釣り合う男性。あなたが、「付き合ってもいいな」と思う男性と同じレベルに自分を上げない限り、何度出会いの場に足を運んでも出会えません。

では、どうしたら自分のレベルが上がるのでしょうか?

それは、断らないこと。

ほんのちょっと理想が高いくらいのつもりかもしれないが、己のレベルを顧みない高望みは浅ましい。ツラいからと練習もしないで、「甲子園に行きたい」と言う高校球児のごとく浅ましい。「その仕事はやりたくないから」と職を選ぶニートのごとく愚かだ。

それくらい、「え~、誘われたけど彼はちょっとね。スルーしよう」というのは頭も悪く見え、浅ましく、愚かな女のやることだと思おう。

上から目線で、「彼なら付き合ってもいいかな。でも、こっちの男はナシ」とジャッジしている女が、はたして心優しい女だろうか? 何人もいるなかで、そんな女性を選ぶメリットがあるのだろうか?

逆の立場で考えて欲しい。キレイでかわいい好みのタイプの女性と、そうではない女性で接し方を変えている男がいたら、どう思う? 最低でしょ。

150106kikuno

モテない人にありがちな“勘違い”とは?

モテない人にありがちなのですが、恋人候補とそれ以外の異性を分けて接することを、「軽くない」と勘違いしている人がいる。“恋人”あるいは“他人”のように、100か0できっぱり分けて、好みの異性にだけ効率よく接するのは、真面目ではなくて、重すぎるだけなのだ。「常に100%を受け入れて欲しい」という姿勢の人は、依存されそうで近づきにくい。

お互いに、好きなところが60、苦手なところが40あるけれども、それを受け入れているグレーゾーンがないと、いつまでも、ぴったりくる人との縁が近づいてこない。好き、嫌いのはっきりしすぎる人は、人を紹介するのも、飲み会に呼ぶのも気が引けるでしょう。

好みのタイプだけ物色するというのは、近道のようでいて、自分の評判を悪くし、縁が遠のく遠回り。

“恋人”を作る前に、気軽に食事に行けるくらいの異性の友だちを数人作ろう。誘ってくれた人のなかで、いいところを見つけられるようになれ。

そうやって、どんな人とも同じように接するようになるうちに、「あの人は性格がいいね」「ステキな人だよね」と周りの人が思うようになる。そのころ出会う男性は、みんなステキな人なのだ。

読者の方から、彼氏ができた話を聞くと、50%が同僚や同級生など、既存の知り合いだ。何年も一緒に働いていて、全く恋愛感情を持ったことがない、“ありえない男”と思っていた人と付き合うことになったというのは、よくある話。次に多いのが、友だちや同僚・上司からの紹介で30%。

80%の人は、もうパートナーに続く赤い糸を握っている。あなたが変われば、周りの人からの扱いが変わるのだ。

【関連コラム】
「いい女」の意味を勘違いしている女性の特徴3つ
勘違い女子が陥りがちなポジティブス思考
実は勘違いだらけ! 本当に男性が色気を感じる女性のメイクとは?

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (17)
  • うーん (50)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする