バイカラーはNG!? 結婚式に招かれたゲストのドレス選びマナー

【相談者:20代女性】
ここ数年、結婚式に招かれることがとても多くなりました。しかし、その度にドレス選びに悩みます。正しい服装マナーを守って、新郎新婦側からも「いいね」と言われるドレスを教えていただきたいです。

a 礼儀正しく、喜ばれるドレスで。

こんにちは。ご相談者様と同じく、最近結婚式ラッシュが続いておりますハーフモデルのSerinaです。

結婚式って、参加する側としても何だかわくわくするイベントですが、主役はあくまで新郎新婦。最近は昔ほど厳しいルールもないと聞きますが、親族や会社の方もお見えになる式や披露宴からの参加であれば、やはり礼儀正しい服装でお祝いしたいですよね。

今回は、式または披露宴から参加する場合のドレスマナーと共に、新郎新婦からも喜ばれるドレス選びについてお伝えします。

150106serina

白ドレスは花嫁さんの特権!

きちんとしたマナーを知らないという方でも、「白いドレスを着ていいのは花嫁さんだけ」というのは常識として知っていますよね!? と思いきや、白ドレスで参加するゲストの方、たまにいらっしゃるんです! Serinaも実際に見て、目がぱちくりしました。この日だけはやめましょうね。

ベージュや薄いピンクも写真だと白く写るので、避けた方がいいとされています。あまり神経質になる必要はないですが、気になるようでしたら、濃い色のものを選んだ方が無難です。もしくは、羽織物でアクセントを付けましょう。

黒よりもカラードレスを

「白はダメだから」「花嫁さんより目立っちゃダメだから」という配慮からか、黒ドレスを選ぶ方も多いようです。黒ドレスに黒ボレロ、黒鞄に黒い靴、アクセサリーはシンプルな真珠。これではお葬式スタイルですね。派手すぎるのも考えものですが、黒一色というのも寂しいです。

女性ゲストは“華を添える”という役割も担っています。実際の新婦からの声として、「男性ゲストはどうしても地味なので、新婦の友人がみんな、ピンクやブルーのドレスを着て来てくれて嬉しかった」「写真で見たときとても華やかなので良かった」とありますよ。ぜひ明るい色のカラードレスを選んでみてくださいね。

「新婦のお色直しドレスの色と被るのが心配」という方は、直接新婦に、「私、この色着ようと思っているんだけど、大丈夫かな」と聞いてみても良いでしょう。

バイカラーはOK! 露出はNG!

いつからか、「“バイカラー=わかれている”から、着用はダメ!」ということがマナーとして言われていますが、これは昔からのマナー本においては言及されていないそうです。白一色、黒一色のドレスより、バイカラーのほうが礼儀正しく、かつ華やかで良いですね。

守っていただきたいのはむしろ、露出が少ないかどうか! 特に挙式においては敬虔なところほど露出厳禁です。肩が出ていたり、胸元や背中があいていたりするドレスは、ボレロやストールで露出部分を隠しましょう。

スカートも膝丈がベストです。足元はもちろん、ベージュストッキングと、つま先のあいていないパンプスをはいてくださいね。


何だか色々とルール満載ですよね。しかし、大切な方の一生に一度のお祝いの日です。ゲストとして、その場にふさわしい格好で、と考えたら、そんなに難しくないですし、まあ当然かなと言えるものばかりですよね。

あなたの姿はお写真にも一生残ります。ぜひマナーを守って、喜ばれる服装でお祝いの日を迎えてください。Serinaでした。

【関連コラム】
結婚式でひと際目立つパーティーメイク術3つ
結婚式の参列にふさわしい30代からのレンタルドレスの選び方
ご祝儀貧乏な女性へ! 友人の結婚式で素敵な出会いをつかむ方法4つ

●ライター/Serina(モデル兼ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする