ダイエット効果大な“くるみ”の食べ方とタイミング

【相談者:20代女性】
毎年、冬になると気がゆるみ、太ってしまうので、「今年こそは!」と思って色々見ていたら、“クルミを食べると痩せる”というのを見つけました。でも、ナッツ類だしカロリーが高そうですが、本当に痩せますか?

a 食べ方次第で痩身効果も期待できます。

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

「あれを食べたら痩せる!」「これを食べたら痩せる!」と、話題になっては消えていく日本の風潮に少しうんざりしていますが、正直、何でもむやみやたらに食べてしまったら、痩せられる食材はありません。

ただし、食べ方や食べるタイミング次第で痩せやすくなる可能性はあります。

141225sayuri

クルミに多く含まれる『オメガ3脂肪酸』とは?

『オメガ3脂肪酸』といえば、サバやアジといった青魚に多く含まれる『EPA(エイコサペンタエン酸)』や『DHA(ドコサヘキサエン酸)』を真っ先に思い浮かべる人も多いと思いますが、クルミにも『αリノレン酸』というオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

ナッツ類には脂肪が多く含まれていますが、「脂肪」とひとことで言っても、働きはさまざま。オメガ3脂肪酸は、『不飽和脂肪酸』で、私たちの細胞が正常に機能するには欠かせないものです。

『αリノレン酸』の働き

・血行を良くし代謝を促す
・悪玉(LDL)コレステロール、中性脂肪を減らす
・動脈硬化の予防
・アレルギーの予防
・抗炎症作用

このような働きがあることから、「ダイエット効果がある」と言われているように思います。動脈硬化の予防という意味では、血管年齢を若く保ってくれるので、アンチエイジングにはいい食材だと思います。

1日4個分を食前に

どうしてもクルミを食べて痩せたいのであれば、“1日につき、クルミ4個分”を目安に食前にしっかり噛んで食べることをお勧めします。

クルミには『脂肪』と『食物繊維』が多いので、ちょっと小腹が満たされ、食べ過ぎを予防してくれます。ただし、100gあたり700kcal近くあるので、食べ過ぎには注意が必要です。

あとは、オイルや塩分を添加していないもの。もちろん、キャラメルやチョコレートコーティングされたものなどは論外です。

また、αリノレン酸は酸化しやすいので、大量購入ではなく、できるだけ食べきりサイズ、もしくは殻つきのものを購入するのがいいでしょう。酸化したαリノレン酸は、効果が期待できないだけでなく、悪影響を及ぼす可能性さえあります。

【関連コラム】
美容のために守るべき“食事のルール”5つ
美のカリスマに学ぶ「キレイにやせる食べ方」10か条
「食べないダイエット法」が太る理由

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする