より女性らしく、肩幅を狭く見せる方法【後編】

【相談者:20代女性】
こんにちは。突然ですが、私は男性の体を持って生まれてきましたが、心は女性として日々女性らしくすることを心がけています。しかし、体はどうしても男性なので、いつも鏡に映る自分の姿が嫌で嫌で仕方ありません。特にコンプレックスなのが肩幅なのですが、どうにかして狭く見せることはできないでしょうか。教えてください。

肩幅を狭く見せるために、NGな行為を避けながら服装を有効に活用しましょう。

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

今週も引き続き、服装(ファッション)を利用した肩幅を狭く見せる方法をご紹介していきますね。前回の記事「より女性らしく、肩幅を狭く見せる方法【前編】」と合わせてご覧ください。

肩幅を狭く見せるポイントにおいて、肩幅を強調させてしまう服装は極力避けたいですが、反対に肩幅を強調させない服装は大いに活用していきたい方法です。特に質問者さんは肩幅の広さを気になさっていると思いますので、コンプレックスを服装でカバーできれば、少しは精神的な苦痛も和らぐのではないでしょうか。

今すぐ体の変化が伴えない性同一性障害(GID)だからこそ、服装(ファッション)は自分の望む性別の外見的特徴を得たり、身体的障害を補助できる効果的な方法だと思いますので、どんどんと有効に活用していきましょう。

そんな肩幅を強調させない服装に挙げられるのが、例によってUネックやVネックのTシャツ、ホルターネックなどです。

胸元が大きく開いている服装は、視覚的に肩幅が目立ちにくいので、肩幅を狭く見せることができるでしょう。むしろ、鎖骨が綺麗な人は、胸元を広くすることでセクシーに見えるかもしれませんね。

肩幅の広さを今すぐ変化させることはできませんが、要は考え方次第で、ご自身の肩幅を活かす服装を着ると捉えれば、質問者さんの悩みであるコンプレックスも違った魅力を引き出すことができるのではないでしょうか。

ほかにも、人の視線を分散させる意味で、肩幅とは別のところに注意を払うことも大切な方法です。例えば、ボリューム感のあるスカートやワンピースの着用。白色は膨張色なので、タイトに見える黒色をトップスに持ってくる。その際、大きな襟のついた羽織りや、何かワンポイントになるアクセサリーやネックレスを身につけることも重要なポイントになると思います。すなわち、敢えて目立つ服装(ファッション)を取り入れることで、質問者さんの肩幅もそれほど目立つことがなくなるかもしれません。

私も肩幅の広さをコンプレックスに感じて、人の視線を気にしていた時期がありましたが、悩みを服装でカバーできると分かってから、服を着るのが楽しくなり、胸を張って外を歩けるようになれました。なので、質問者さんもあまり深く考えずに、自分を素敵に見せる服装がひとつでも多く見つかればいいですね。

また、何か質問したいことがありましたら、遠慮なくご相談くださいね。お待ちしております。

より女性らしく、肩幅を狭く見せる方法【前編】

●ライター/雪見かおる(セクシャル専門家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)

注目の記事

恋愛jpをフォローする