冬の乾燥を防ぐ“ハチミツ”の美肌&ダイエット効果

【相談者:30代女性】
冬になるとお肌がカサカサ。手先やひざなどが白くなってしまうほどの乾燥肌です。スキンケアで潤いを与えても、すぐに乾燥してしまいます。インナーケアも合わせて改善したいのですが、食べると潤い力が上がるものってありますか?

a 優れた保湿力を持つハチミツに注目。

こんにちは! 美容・健康ライターのHARUNAです。

空気の乾燥が気になるこれからの季節は、お肌の乾燥も進んでしまうものです。さらに、暖房の使用により、肌内部の水分が蒸発。スキンケアだけでは潤いをキープするのは難しいかもしれませんね。

そこで、栄養学の中で高い保湿力を持つ『ハチミツ』に注目してみましょう。

ハチミツには高い保湿効果があり、美容効果が高い成分もたっぷり凝縮されているので、まさに冬の美肌ケアに欠かせない食材と言えるでしょう。今回は、ハチミツが持つ保湿パワーをご紹介します!

141224haruna

ハチミツを食べるとキレイになれる理由

まず、ハチミツに含まれている成分について調べてみると、お肌に良いと言われる成分が、約190種類も含まれています。『ビタミンB1』『ビタミンB2』『ビタミンB6』『鉄分』『カリウム』『ナトリウム』『カルシウム』『マグネシウム』『葉酸』などのビタミン類、ミネラル類。さらに、『たんぱく質』『アミノ酸』『酵素』などお肌に良い成分ばかり。

また、ビタミンB群が豊富なので、肌荒れにも効果的です。豊富なビタミンCも含まれているため、二キビケア、シミ・くすみなど色素沈着の改善にも役立つことでしょう。

さらに、むくみを改善するデトックス効果がある『カリウム』や、便秘解消に効果アリの『オリゴ糖』も豊富。貧血を防止して、血色の良い肌を作る『銅』や『鉄分』も含まれています。

まさに、「美容のためのスーパーフード」と言っても過言ではありません。

保湿効果がスゴイのは、なぜ?

「保湿効果がすごい!」と言われている理由ですが、ハチミツの水分量に秘密が隠されています。

実は、ハチミツは小麦粉と同じくらい水分量が少ない食べ物です。「水分量が低いのにどうして保湿効果が?」と思いますが、水分量が少ないため、空気中の湿度を吸い込む“吸湿性”があるのが特徴です。

お肌の水分を逃がさずに、空気中からも水分を集めてくれるので、しっとりと潤いのある美肌づくりに役立ちます。強力な吸水性に加えて、美肌をつくるビタミン類、ミネラル類が豊富なので、高い保湿効果が実感できるというわけなのです。

ダイエット効果も? 甘くて美味しいのに太りにくい

甘くて美味しいハチミツは、太りやすい? いいえ、そんなことはありません!

ハチミツの主成分は、『ブドウ糖』『黒糖』『オリゴ糖』です。黒糖・ブドウ糖は、「もうこれ以上分解する必要がない」と言われる“単糖類”という糖類。摂取されるとすぐに体内に吸収されて、血液の流れと一緒に体の中に届けられます。そのため、すぐエネルギーに変わり、体に蓄積されにくいのです。

オリゴ糖は、便秘解消に役立つ糖分で、腸内の善玉菌を増やす作用があると言われています。エネルギー代謝が良く、デトックス効果が高いハチミツは、ダイエット中でも安心して食べられます。

毎日食べて、冬の乾燥に負けない潤い美肌を目指しましょう!

【関連コラム】
SNSストレスが原因の“新型ドライシンドローム”とは
ガチガチに乾燥した“かかと”の正しい保湿ケア方法
肌に優しい洗顔は「水」or「お湯」どっち?か

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする