美容効果がUPする“豆乳ホットドリンクレシピ”2選

【相談者:30代女性】
美容のために豆乳を続けています。なんとなく調子が良いような……という感じで、いまいち効果が実感できません。もしかして摂り方やタイミングが間違っている? もっとキレイを実感するために豆乳の飲み方や飲むタイミングが知りたいです。

a やみくもに飲んでも美容効果は実感しにくいもの。

こんにちは。美容・健康ライターのHARUNAです。

豆乳=美容に良いものというのは、もはや常識。しかし、なかなか美容効果を実感できないという方も多いかもしれません。正しい摂取量や摂り方を見直して、もっと美容効果をアップさせられたらいいですよね!

今回は栄養学に基づいた豆乳の飲み方とタイミングをご紹介します。

141219haruna

1日にどれくらいの量を飲むと効果的?

健康的に過ごすために、1日に必要な大豆の量は100gと言われています。味噌、納豆など大豆製品に囲まれた日本人の食事では、平均70gの大豆が摂取できると言われています。推奨されているのは1日にコップ1杯程度の豆乳を続けること。飲みきりサイズの小さなパックひとつでも大丈夫です。

一度に大量に飲むよりも、コップ1杯を毎日続ける。これが美肌に効果のある摂り方と言えるでしょう。「飲みづらいな~」と感じる場合は、紅茶と割ってミルクティーに、バナナやキウイなどと合わせてスムージーにするなど、続けられる工夫をしてみましょう。

豆乳を飲むタイミングもチェック!

朝ごはんに加えて飲む

豆乳には必要な栄養素がバランス良く含まれています。忙しい朝はごはんだけ、パンだけと食事が偏りがちになるので、豆乳をプラスして栄養不良にならないように工夫するのも◎。この季節は、温めたホット豆乳がオススメです。時間がない日にも、耐熱グラスに入れてレンジでチンすれば完成です。

食前に飲む

豆乳に含まれる『大豆たんぱく質』は、ゆっくりと消化されます。そのため腹持ちが良く、食前に飲むと食欲を抑えてくれる効果が。ご飯を食べ過ぎないようにしたい! という方にもオススメです。また空腹時のおやつとして飲むと、満腹感を感じられて美容効果も得られるので一石二鳥ですよ♪

冬の美肌作りに。簡単豆乳ホットドリンクレシピ!

さらに栄養学的にもオススメされているお肌に良い食材と組み合わせて、美容ドリンクを作ってみましょう。冬にオススメの温かい豆乳ドリンクを2つご紹介します。

(1)イソフラボンたっぷり! 豆乳きなこドリンク

豆乳ときなこ、ハチミツを使った美肌のためのホットドリンクです。満足感もたっぷりでダイエットにも最適。女性ホルモンもサポートするイソフラボンをたっぷり摂りましょう。

【材料(2人分)】
・豆乳……200〜240ml
・きなこ……大さじ2
・はちみつ……お好み

【作り方】
(a)豆乳を耐熱コップに入れて電子レンジで温めます。熱々になるくらいがオススメです。
(b)温めた豆乳にきなこを加えて、溶けるまで混ぜます。少しずつ加えていくと、だまにならずに作りやすいです。
(c)お好みでハチミツを加えて完成です♪

きなこはカップの底に溜まりやすいので、スプーンで混ぜながら飲むのがオススメです。

(2)じんわり温まる! ほんのり甘い酒粕豆乳ドリンク

豆乳と酒粕のダブルパワーで、ポッカポカ! 飲むとすぐに身体が温まるので、冷え症の方にもオススメです。疲労回復、整腸、冷え症改善、美容効果も。

【材料(2人分)】
・酒粕……30g
・豆乳……200〜240ml
・ミネラルウォーター……40ml
・ハチミツや砂糖……お好み

【作り方】
(a)豆乳、水、酒粕を鍋に入れて、弱火で温めながら、マッシャーなどを使って酒粕を潰していきます。
(b)お好みで砂糖やハチミツなどを加えて甘さを調整したら完成。

酒粕が潰しにくいときには、小さなこし器を使ったり、熱を加える前に豆乳、水と一緒にミキサーにかけておくと◎。


どうせ飲むなら美肌効果をもっと実感できる摂り方で! 毎日続けて冬の美肌を育みましょう。

【参考リンク】
大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A | 農林水産省

【関連コラム】
肌に優しい洗顔は「水」or「お湯」どっち?
「食べないダイエット法」が太る理由
年末年始の体重増加を防ぐコツ3つ

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする