忘新年会で太っちゃう! 年末年始の体重増加を防ぐコツ3つ

【相談者:30代女性】
毎年のことですが、年明け後は必ず体重が増えてしまいダイエットをするのが習慣になっています。ところがここ数年、体重がすぐには戻らず、徐々に増加を続けています。今年こそ年末年始を迎える前に対策をしたいのですが、何か方法はありますか?

a 冬にある程度の体重増加をするのは自然なことです。

こんにちは、ご相談ありがとうございます。国際中医薬膳師の坂本雅代です。

年明けも体型キープしていけるように、今日はエステティシャン経験に基づいてコツをご紹介します。

141215sakamoto

年末年始に体重が増える理由トップ3

昨年の年末に美容健康アイテムを扱う、株式会社ステップワールドが行ったアンケートによると、年末年始に体重が増加したことがある女性は約7割、その理由はこちらでした。

・1……お酒の飲み過ぎ
・2……宴会などでの過食
・3……運動不足

ご相談者様も年明け後に体重が増加するとのことですので、このような理由によるものが大きいのでは、と思います。

宴会があっても太らない対策3つ

“お酒の飲み過ぎ”“宴会などでの過食”のどちらも、普段摂取しているカロリーよりもオーバーしてしまっていることが体重増加の原因です。だからといって飲食を控えるのは残念ですし、せっかくですから楽しみたいですよね。体重を増やさないコツを3つご紹介します。

(1)飲みに行く前におにぎりを食べる

食べ始めてから満腹中枢が刺激されるまで20分かかります。空腹で行くと食べるペースが早くなり、普段よりも量を食べてしまいがちです。おにぎりに限らず、少し胃に食べ物を入れてから参加することで食べ過ぎの防止になります。

(2)揚げ物は控えめに

お酒のおつまみはカロリーが高いものが多いです。揚げ物や味付けが濃いものはおつまみにぴったりですが、年明けの体型を気にするのであれば、おつまみの選び方に気をつけましょう。から揚げ、フライドポテトばかりを食べるより、枝豆やサラダ、焼き魚を中心に。

(3)お酒のカロリーを知っておきましょう

よく飲まれているお酒のカロリーです。

・生ビール(500ml)……202kcal
・日本酒1合……185kcal
・焼酎水割り1杯……126kcal
・グラスワイン1杯……100kcal
・ウーロンハイ1杯……90kcal

冷えているお酒が多いので、冷え症、むくみやすい体質を自覚されている方は、温かいお茶も途中で飲んで内臓を温めましょう。内臓が冷えるとより代謝が落ちます。

神経質になりすぎないことも大切

冬は代謝が落ち、消費カロリーが減ってしまうことを考えると、ある程度の体重増加は自然な現象です。春夏に向かって気温が上昇すると、代謝も徐々に上がり痩せやすい季節になります。1年を通してなら2~3kgの増減は当たり前のことだと心に余裕を持つことも大切です。

体型をキープしている人のほとんどは小さなことを続けています。無理なダイエットで体調を崩すことがないように、少しだけ年末年始の過ごし方に気をつけて、気持ちよく年明けも過ごしてくださいね。

●ライター/坂本雅代(国際中医薬膳師)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする